Windows Vista の Windows Update で更新プログラムが検出された場合に、更新プログラムを非表示に設定することでインストール対象から除外する方法

適用対象: Windows Vista Home BasicWindows Vista Home PremiumWindows Vista Business

はじめに


Microsoft Windows Vista の Windows Update で更新プログラムが検出された場合に、Windows Update で表示される更新プログラムの表示設定を変更することで、インストール対象となる更新プログラムを選択できるようになります。


この方法は Windows Vista の Windows Update で検出される更新プログラムを適用すると、ご利用の環境でエラーが発生することが確認されている場合や、 使用するコンピューターの互換性問題を理由に更新プログラムの適用を控えたい場合に役立ちます。


この資料では、Windows Vista の Windows Update に表示される更新プログラムを非表示に設定しインストール対象から除外する方法を説明します。

注意 : お使いの Windows が最新の状態と現在認識されている環境では本機能をご利用いただけません。更新プログラムが検出された場合にのみ、更新プログラムを非表示に設定しインストール対象から除外することができます。

以下の手順に従い、セキュリティ関連の更新プログラムを非表示に設定した場合、お使いのコンピューターが脅威にさらされる可能性があります。また、非表示に設定された更新プログラムがあることをお忘れになる可能性も考えられます。このため、この資料では、非表示に設定した更新プログラムを再表示しインストール対象として復元する方法についても説明しています。

この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

更新プログラムを非表示に設定しインストール対象から除外する方法


  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタン をクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

    [すべてのプログラム] をクリック
  2. [Windows Update] をクリックします。

    [Windows Update] をクリック
  3. Windows Update で表示されるメッセージを確認し、次の手順に進んでください。
    • "更新プログラムをコンピュータにダウンロードしてインストールします" というメッセージが表示される場合は、手順の 4 に進みます。
    • "コンピュータの更新プログラムを確認します" というメッセージが表示される場合は、[更新プログラムの確認] ボタンをクリックし、Windows がユーザーのコンピューターのための最新の更新プログラムを探す間待ちます。


      [更新プログラムの確認] をクリック

      その後、"更新プログラムをコンピュータにダウンロードしてインストールします" というメッセージが表示される場合は、手順の 4 に進みます。ここで、"Windows は最新の状態です" というメッセージが表示される場合は、次の項目をご覧ください。

    • "Windows は最新の状態です" というメッセージが表示される場合は、手順の 4 以降の設定を適用できません。 Windows Vista の Windows Update で更新プログラムが検出された場合にのみ、手順の 4 以降の設定に進んでください。


      Windows は最新の状態です
  4. 最新の更新プログラムがある場合は、"更新プログラムをコンピュータにダウンロードしてインストールします" というメッセージが表示されます。

    次の例では、利用可能な更新プログラムが合計 12 個あることをご確認ください。更新プログラムの詳細を確認するため、[利用可能な更新プログラムを表示します] をクリックします。

    [利用可能な更新プログラムの表示] をクリック
  5. インストールする更新プログラムの選択画面で、非表示に設定したい更新プログラムを右クリックし、[更新プログラムの非表示] をクリックします。
    ユーザー アカウント制御 管理者パスワード、または確認のメッセージが表示されたら、[続行] をクリックします。

    次の例では、利用可能な更新プログラムの 1 つである「Windows メール用迷惑メール フィルタの更新プログラム [2008年12月] (KB905866)」 を非表示に設定することで、ダウンロード対象から除外しています。


    [更新プログラムの非表示] をクリック
  6. ウィンドウ左上の [戻る] ボタン[戻る] ボタン をクリックして、Windows Update のトップ画面に戻ります。
  7. Windows Update のトップ画面に戻ると、自動的に更新プログラムの確認が行われます。
  8. 更新プログラムの確認が完了した後、再度、[利用可能な更新プログラムを表示します] をクリックし、非表示に設定した更新プログラムが検出されていないことを確認します。

    次の例では、利用可能な更新プログラムが合計 11 個と認識されていることからも、非表示に設定した更新プログラムがダウンロード対象から除外されていることが確認できます。

    ダウンロード対象となる更新プログラムを確認

非表示に設定した更新プログラムを再表示しインストール対象として復元する方法


  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタン をクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

    [すべてのプログラム] をクリック
  2. [Windows Update] をクリックします。

    [Windows Update] をクリック
  3. Windows Update で表示されるメッセージを確認し、次の手順に進んでください。
    • "更新プログラムをコンピュータにダウンロードしてインストールします" というメッセージが表示される場合は、手順の 4 に進みます。
    • "コンピュータの更新プログラムを確認します" というメッセージが表示される場合は、[更新プログラムの確認] ボタンをクリックし、Windows がユーザーのコンピューターのための最新の更新プログラムを探す間待ちます。


      [更新プログラムの確認] をクリック

      その後、"更新プログラムをコンピュータにダウンロードしてインストールします" というメッセージが表示される場合は、手順の 4 に進みます。ここで、"Windows は最新の状態です" というメッセージが表示される場合は、次の項目をご覧ください。

    • "Windows は最新の状態です" というメッセージが表示される場合は、お使いのコンピューターに必要な更新プログラムがすべて適用済みであることを示していますが、以前、非表示に設定した更新プログラムがある場合は、未適用の更新プログラムが残されていることになります。お使いのコンピューターの安全性を確認するためにも、手順の 4 に進み、非表示に設定した更新プログラムの有無を確認後、必要に応じて、未適用の更新プログラムをダウンロード対象として復元してください。
  4. 最新の更新プログラムがある場合は、"更新プログラムをコンピュータにダウンロードしてインストールします" というメッセージが表示されます。

    左側のオプションにある [非表示の更新プログラムの再表示] をクリックし、非表示に設定した更新プログラムの有無を確認します。

    [非表示の更新プログラムの再表示] をクリック
  5. 再表示したい更新プログラムのチェックボックスをクリックし、チェックボックスをオンにした後、[復元] ボタンをクリックします。
    ユーザー アカウント制御 管理者パスワード、または確認のメッセージが表示されたら、[続行] をクリックします。

    次の例では、非表示に設定してある「Windows メール用迷惑メール フィルタの更新プログラム [2008年12月] (KB905866)」を再表示に設定することで、ダウンロード対象として復元します。

    ダウンロード対象として復元
  6. 自動的に Windows Update のトップ画面に戻り、更新プログラムの確認が行われます。
  7. 更新プログラムの確認が完了した後、再度、[利用可能な更新プログラムを表示します] をクリックし、 再表示に設定した更新プログラムがダウンロード対象として復元されていることを確認します。