SSL でセキュリティ保護された Office SharePoint Server 2007 サイトまたは共有サービス プロバイダの [検索の設定] ページを参照できない

適用対象: .NET Framework 3.5 Service Pack 1

中小企業のお客様は、中小企業向けサポートサイトで問題解決コンテンツや学習リソースもご利用ください。

現象


SSL (Secure Sockets Layer) でセキュリティ保護された Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイト、または共有サービス プロバイダ (SSP) の [検索の設定] ページを参照できません。 また、Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバー ファーム内のサーバーのアプリケーション ログを調べると、エラー イベント ID 6482 が 1 分ごとに記録されています。 以下のイベント エントリは、このようなエラー イベントの 1 つの例です。

原因


この問題は、以下の条件に該当する場合に発生します。
  • Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバーに、サーバー ファームのクエリの役割がインストールされている。
  • Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (SP1) によってサーバー ファームが更新されている。
  • サーバー ファーム内で、クエリ サーバーの役割とインデックス サーバーの役割が同じサーバーにインストールされていない。
これにより、Office Server Web Services で使用される自己発行証明書が破損します。 そのため、サーバーでエラー イベント ID 6482 が 1 分ごとに発生します。

解決方法


この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. Office SharePoint Services Search サービスを停止します。 これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。cmd と入力し、[OK] をクリックします。
    2. コマンド プロンプトで net stop osearch と入力し、Enter キーを押します。
    3. exit と入力して、コマンド プロンプトを終了します。
  2. IIS 6.0 リソース キット ツールをダウンロードしてインストールします。 IIS 6.0 リソース キット ツールを入手するには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
  3. Office SharePoint 2007 がインストールされているサーバー ファーム内の各サーバーで、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。cmd と入力し、[OK] をクリックします。
    2. IIS 6.0 リソース キット ツールの場所に移動します (デフォルトの場所は C:\Program Files\IIS Resources\SelfSSL です)。
    3. コマンド プロンプトで selfssl /s:951338967 /v:1000 と入力し、Enter キーを押します。


      • 64 ビット サーバーの場合、Office Server Web Services のデフォルトの証明書 ID は 951338967 です。
      • 32 ビット サーバーの場合、Office Server Web Services のデフォルトの証明書 ID は 1720207907 です。 Office Server Web Services の証明書 ID は IIS で確認できます。
      • 1000 は、証明書の有効期間の日数です。
      • "Office Server Web Services" サイトを実行しているファーム内の各 MOSS サーバーで、selfssl コマンドを実行する必要があります。
      • SharePoint では部分的に SSL での名前解決を使用しますが、これはファーム サーバー間のバックグラウンドで行われるため、通常、ユーザーが意識する必要はありません。
  4. Office SharePoint Services Search サービスを開始します。 これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. コマンド プロンプトで net start osearch と入力し、Enter キーを押します。
    2. exit と入力して、コマンド プロンプトを終了します。
  5. 以下の .NET Framework 3.5 SP1 用の更新プログラムをダウンロードしてインストールします。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    959209 .NET Framework 3.5 Service Pack 1 用の更新プログラムについて

詳細


.NET Framework 3.0 Service Pack 1 からアップグレードした後の .NET Framework 3.5 Service Pack 1 に関する問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
958484 .NET Framework 3.5 SP1 用のアプリケーション互換性に関する更新プログラムで修正される問題の一覧

状況


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。