Live Meeting 2007 で OpenGL を使ったアプリケーションをアプリケーション共有すると画面がフリーズしたり、正常に描画できなくなる場合がある

現象

Microsoft Office Live Meeting 2007 クライアントを使用して Live Meeting に参加中に OpenGL を使ったアプリケーションをアプリケーション共有すると、画面がフリーズしたり、正常に描画できなくなる場合があります。

原因

この問題は OpenGL と Live Meeting のアプリケーション共有との間に一部互換性の問題があるために発生します。

回避策

この問題が発生した場合には、以下の回避策を方法 1 から順番に実行してください。

方法 1 : Live Meeting クライアントの最新バージョンを適用する

最新の Live Meeting クライアントでは、アプリケーション共有に関する問題が修正されています。次のマイクロソフト Web サイトを参照して Live Meeting に参加するクライアントのアップグレードを行い現象が回避するかご確認ください。
Microsoft Office Live Meeting 2007 クライアントのダウンロード
http://office.microsoft.com/ja-jp/help/HA010173383.aspx
引き続き問題が発生する場合は、方法 2 を実行してください。

方法 2 : ハードウェア アクセラレーターを無効する

ハードウェア アクセラレーターを無効にしてください。設定方法の詳細は以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
263391 Windows でグラフィック ハードウェア アクセラレータの設定を変更する方法

方法 3 : アプリケーション共有ではなくデスクトップ共有を使用する

方法 2 でも現象を回避できない場合は、以下の手順でアプリケーション共有ではなくデスクトップ共有を実施してください。
  1. Live Meeting クライアントで会議に参加します。
  2. アプリケーションを会議の参加者に参照させるユーザーにおいて、[コンテンツ] メニューより [共有]、[デスクトップの共有] の順にクリックし、[すべて]、あるいは [選択領域] を選択してデスクトップの共有を実行します。

詳細

問題の再現手順

以下の手順で OpenGL を使ったアプリケーション共有を実施します。
  1. Live Meeting クライアントで会議に参加します。
  2. [コンテンツ] メニューより [共有]、[プログラムの共有] の順にクリックし、共有したいアプリケーションを選択します。

結果

画面がフリーズしたり、正常に描画できなくなる場合があります。
プロパティ

文書番号:963094 - 最終更新日: 2016/10/04 - リビジョン: 1

フィードバック