FIX: エラー メッセージが表示で SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 では、大規模なフルテキスト インデックスのカタログ作成を実行するとき

マイクロソフトは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2008の修正プログラムを配布します。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

現象

現象 1

Microsoft SQL Server 2008 または Microsoft SQL Server 2008 の R2 の大規模なフル テキスト インデックスの作成を実行すると、フル ・ テキストのログ ファイルにエラー メッセージが表示する場合があります。このエラー メッセージがログに記録される時間の数から 1 を引いたバッチ サイズによって異なります。などの 32 ビット コンピューターでは、バッチ サイズは 1,000、999 回、エラーが記録されます。エラー メッセージは次のようになります。
エラー ' 0x8004cb04: メモリ内のワードリストが破損しています。原因は間違ったフィルター、ワード ブレーカー、またはその他のインデックス作成コンポーネント。 'テーブルのフルテキスト インデックスのカタログ作成中に発生またはインデックス付きビュー' [smarsh]。[dbo].[ArchiveMsgs]' (テーブルまたはインデックス付きのビュー ID '160719625'、データベース ID' 7')、フルテキスト キー値 '291484087' です。しようとは、そのインデックスを再作成するのには行われます。
このエラー メッセージが表示されたら後から 1 を引いたバッチ サイズを次のエラー メッセージが表示されることも。
時間 > の < 日付 >< spid28s のフル ・ テキストの中にエラー '0x80040e28' が発生しましたがインデックスのテーブルの作成またはインデックス付きビュー ' [smarsh]。[dbo].[ArchiveMsgs]' (テーブルまたはインデックス付きのビュー ID '160719625'、データベース ID' 7')、フルテキスト キー値 '199598211' です。しようとは、そのインデックスを再作成するのには行われます。
このエラー メッセージが表示されたら後から 1 を引いたバッチ サイズを次のエラー メッセージが表示されることも。
時間 > の < 日付 >< spid26s エラー ' 0x80043630: フィルター デーモン処理 MSFTEFD がタイムアウトしました。フィルター、ワード ブレーカー、またはプロトコル ハンドラー。 のバグの可能性があります 'テーブルのフルテキスト インデックスのカタログ作成中に発生またはインデックス付きビュー' [smarsh]。[dbo].[ArchiveMsgs]' (テーブルまたはインデックス付きのビュー ID '160719625'、データベース ID' 7')、フルテキスト キー値 '14304130' です。しようとは、そのインデックスを再作成するのには行われます。
現象 2

また、FDHOST.exe プロセスが正しく動作していないことがわかります可能性があります。フルテキスト クエリを実行またはフルテキスト カタログの作成を実行しようとすると、クライアントに次のメッセージが表示されます。
30053 のメッセージ、レベル 16、状態 102、行 1
単語区切りのフル テキスト クエリ文字列のタイムアウトが発生しました。これは、ワード ブレーカーがフルテキスト クエリ文字列の処理に長い時間を要した場合、またはサーバー上で実行されるクエリの数が多い場合に発生します。軽い負荷の下でもう一度クエリを実行してください。
このカタログの SQLFT * ログを調べると、このエラー メッセージに注意してください。
エラー '0x80004005 のためがテーブルのフルテキスト インデックスのカタログ作成中に発生またはインデックス付きビュー ' [DBNAME] です。[dbo].[テーブル名]' (テーブルまたはインデックス付きのビュー ID ' 1204001724'、データベース ID 5 '')、フルテキスト キー値 '4'。しようとは、そのインデックスを再作成するのには行われます。
SQL エラー ログを調べると、このエラー メッセージに注意してください。
エラー: 30089、重大度レベル: 17、状態: 1 です。
フルテキスト フィルター デーモン ホスト (FDHost) プロセスが異常停止しました。これが正しく構成されているか、正常に機能しない言語コンポーネント、ワード ブレーカー、ステマー、フィルターなどが原因でフルテキストのインデックス作成やクエリの処理中に回復不可能なエラーがある場合に発生します。プロセスが自動的に再起動されます。

原因

この問題は、Sqlservr.exe プロセスおよび Fdhost.exe プロセス間の通信に不具合が発生したために発生します。Fdhost.exe プロセスには、バッチが Sqlservr.exe プロセスから送信されるがある場合は、共有メモリ Sqlservr.exe からを Fdhost.exe で、送信共有メモリ (OSM) がドキュメントの次の列に収まるように十分な領域です。このような場合は、Sqlservr.exe プロセス メッセージを送信、Fdhost.exe プロセスを通知するために既存のすべてのデータ、OSM にします。Fdhost.exe プロセスがデータを処理している、Fdhost.exe から Sqlservr.exe を共有メモリには、受信共有メモリ (ISM) が満杯になる可能性があります。この状況では、Fdhost.exe プロセスは、Sqlservr.exe プロセスを「巻き戻し」メッセージを送信します。このメッセージは、Sqlservr.exe プロセスが最初の列から最後のドキュメントを再送信を要求します。ただし、Sqlservr.exe プロセスは、ドキュメントを再送信するのには起動時に、1 列ではなく 2 列目から開始します。これにより、「現象」に記載されているエラー メッセージ原因です。

解決策

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 R2 Service Pack 2

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 の入手方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2754552関数形式は、SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 の 3 のパッケージを更新します。
注: ビルドは累積的であるためは、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
2730301 SQL Server 2008 R2 の「SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 のリリース バージョンの累積的な更新 4 で初めてリリースされました。取得する方法の詳細については、SQL Server 2008 の場合は、この累積的な更新プログラム パッケージは、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
963036関数形式は、SQL Server 2008 の 4 のパッケージを更新します。
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
956909 SQL Server 2008 SQL Server 2008 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 Service Pack 1

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新 1 で初めてリリースされました。取得する方法の詳細については、SQL Server 2008 の場合は、この累積的な更新プログラム パッケージは、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
969099関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 1 のパッケージを更新します。
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
970365 SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

回避策

この問題を回避するには、ISM サイズを大ききます。これを行うには、 sp_fulltext_serviceストアド プロシージャを使用して、ISM_Size 変数を構成します。

現在の値を表示するには。
sp_fulltext_service 'ism_size'

値を 16 に変更します。
sp_fulltext_service 'ism_size',@value=16

注: : この変更を反映するために SQL Server サービスを再起動する必要があります。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この問題は、母集団を完了するを防止できません。 フルテキスト インデックスには、組み込みの再試行ロジック、成功するまで、障害のあるエントリを再試行し続けることがあります。したがって、エラー メッセージを安全に無視できます。だけ既知潜在的な負の副作用では、カタログの作成を完了するのに通常より長くかかる場合がありますエラーの報告のため、フル ・ テキストのログの増加が大幅に向上します。

ソース コード内の再試行ロジックは、インデックスに破損している可能性を示すエラー メッセージがあっても破損なしの最終的な正常に作成します。


現象 2 、上記のフル ・ テキストにしている場合は、検索クエリ] または [カタログの作成は行われません、FDHOST コンポーネントではない関数を適切な状態で、この累積的な更新プログラムを適用する必要があるためです。

SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージ 4 の詳細について

についてどのようなファイルが変更されると、このマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新パッケージを適用するすべての前提条件に関する情報をマイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックしてください。
963036関数形式は、SQL Server 2008 の 4 のパッケージを更新します。

SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 の詳細について

についてどのようなファイルが変更されると、このマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新パッケージを適用するすべての前提条件に関する情報をマイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックしてください。
969099関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 1 のパッケージを更新します。

関連情報

後は、利用可能な SQL Server 2008 のリリース ビルドの一覧については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

956909 SQL Server 2008 SQL Server 2008 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

SQL Server の増分サービス モデルについては、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。

935897 「の増分サービス モデルは、SQL Server チームは、報告された問題に対する修正プログラムを提供

SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマを Microsoft SQL Server ソフトウェアの822499

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:963659 - 最終更新日: 2017/02/05 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard

フィードバック