コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して SQL Server 2000 および MSDE 2000 のセキュリティ更新プログラムをアンインストールすると、SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) (WMSDE) がアンインストールされる

現象

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して Microsoft SQL Server 2000 および Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) 用のセキュリティ更新プログラムをアンインストールすると、Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) (WMSDE) もアンインストールされます。

原因

この問題は、2009 年 2 月 10 日に公開された SQL Server 2000 GDR および MSDE 2000 用のセキュリティ更新プログラムをアンインストールすると発生します。このセキュリティ更新プログラムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

960082 [MS09-004] SQL Server 2000 GDR および MSDE 2000 セキュリティ更新プログラム (2009 年 2 月 10 日) について

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:967093 - 最終更新日: 2009/02/17 - リビジョン: 1

フィードバック