イベント Id 12290 および 16387 は、Windows Server 2008 ベースのコンピューターでシステム状態のバックアップが失敗したときにログに記録されます。

適用対象: Windows Server 2008 DatacenterWindows Server 2008 Datacenter without Hyper-VWindows Server 2008 Enterprise

現象


Windows Server 2008 ベースのコンピューターでシステム状態の自動システム回復 (ASR) バックアップを実行しようとすると、バックアップが失敗し、アプリケーション ログに以下のようなエラー メッセージがログに記録。

原因


この問題は、コンピューター上のアクティブな EISA パーティションが隠しパーティションである場合に発生します。Windows Server 2008 で ASR ライターでは、アクティブなパーティションを非表示をサポートしていません。隠し EISA パーティションは、製造元の初期ボックス エクスペリエンス (OOBE) のプログラムを最初に完了せず、またはディスクをオフにするにはディスク ユーティリティを使用せず、新しいオペレーティング システムのインストールが新しいコンピューターに完了すると、アクティブとしてマーク可能性があります。



Windows をインストールする前にコンピューターの製造元の OOBE プログラムが実行された場合、この問題は新しいコンピューターでは発生しません。このシナリオでは、OOBE プログラムが完了したら、隠しパーティションは、非アクティブとマークします。Windows をインストールすることができ、バックアップが正常に完了しました。

解決策


この問題を解決するには、以下の手順を実行します。



  1. [スタート] ボタン[管理ツール] をポイントし、コンピューターの管理ディスクの管理] をクリックします。
  2. 既存の Windows Server 2008 のインストールを含むボリュームをクリックします。通常、これは、C ドライブ
  3. ボリュームを右クリックし、パーティションをアクティブとしてマーク] をクリックします。

  4. [はい]操作を確認する] をクリックします。



    注: このシナリオでは、Windows の既存のインストールは、残りの手順が完了するまで開始できません。

  5. コンピューターの管理を閉じます。

  6. Windows Server 2008 のインストール DVD を DVD ドライブに挿入し、コンピューターを再起動します。
  7. 次のオプションを選択し、し、[次へ] をクリックします。
    • インストール言語
    • 時刻と通貨の形式
    • キーボード レイアウト

  8. [コンピューターの修復] をクリックします。
  9. システム回復オプション] ダイアログ ボックスで、修復するオペレーティング システムをクリックし、[次へ] をクリックします。
  10. 回復ツールの選択] の [コマンド プロンプト] をクリックします。
  11. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    コピー c:\windows\boot\PCAT\bootmgr c:\bootmgr
  12. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Attrib + h + s c:\bootmgr
  13. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Bootrec/fixboot
  14. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Bootrec/rebuildbcd
  15. インストールをブート一覧に追加するのにはダイアログ ボックスが表示されたら、Y キーを押します。

  16. コンピューターを再起動します。

  17. 完全なシステム状態の ASR バックアップを再度実行してください。バックアップが成功したことを確認します。

詳細


オペレーティング ・ システムが非アクティブな EISA パーティションと同じディスク上にあるパーティションにインストールされている場合は、EISA パーティションと同じドライブ上にあるパーティションをアクティブとしてマークする必要があります。 EISA パーティションと同じドライブ上の他のパーティションが存在しない場合は、パーティションを作成し、アクティブとしてマークする必要があります。