Windows Server 2003 x64 edition に Forefront Security for Exchange Server または Forefront Security for Sharepoint Server をインストール後、パフォーマンス モニタでカウンタを追加すると、パフォーマンス オブジェクトなどの名前が数字で表示される場合がある

現象

Microsoft Windows Server 2003 x64 edition に Microsoft Forefront Security for Exchange Server または Microsoft Forefront Security for Sharepoint Server  をインストール後、パフォーマンス モニタでカウンタを追加すると、一部のパフォーマンス オブジェクトおよびカウンタの名前が数字に置き換わり識別できなくなり、すべてのパフォーマンス カウンタが使用できなくなります。

原因

パフォーマンス カウンタ文字列は、%windir%\System32 フォルダにあるレジストリ ハイブのファイルに保存されます。システムで使用されるレジストリ ハイブのファイルは perfc011.datperfh011.dat ですが、Forefront Security for Exchange Server を インストール時に、prfc0411.dat および prfh0411.dat ファイルがオペレーティング システムによって生成される場合があります。オペレーティング システムは、prfc0411.dat および prfh0411.dat ファイルが存在すると、これらのファイルをレジストリ ハイブと見做し、実際には保存されていないパフォーマンス オブジェクト名とカウンタ名を読み取るために、この現象が発生します。

回避策

この現象を回避するには、%windir%\System32 フォルダに、prfc0411.dat および prfh0411.dat ファイルが有る場合は削除してください。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:968303 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック