SQL Server 2008 Service Pack 1 で修正されるバグの一覧

はじめに

この資料は、Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) で修正されるバグを一覧表示します。


注:
  • 文書化されていない他の修正プログラム、service pack に含まれます。
  • この一覧より多くの資料が公開されたときに更新されます。
SQL Server 2008 service pack の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

968382 SQL Server 2008 の最新の service pack の入手方法

詳細

だけでなく、この資料に記載されている修正は、SQL Server 2008 SP1 で累積的な更新プログラム 1、2 では累積的な更新プログラム、および SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム 3 に含まれている修正プログラムが含まれています。の SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

956909 SQL Server 2008 SQL Server 2008 がリリースされた後にリリースされたビルドします。


注: SQL Server 2008 累積的な更新 4 からアップグレードする場合は、すべての修正プログラムを入手するのには、SQL Server 2008 SP1 にアップグレードした後、post の SQL Server 2008 SP1 累積的な更新を適用する必要があります。

投稿-SQL の詳細についてはサーバー 2008 SP1 の累積的な更新は、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

969099関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 1 のパッケージを更新します。



さらに、展開し、サービス パックの管理を容易にするための次の大規模な投資を行いました。
  • スリップ ストリーム
    これで基本的なインストールと service pack または修正プログラムを統合できます。したがって、1 つの手順でインストールできます。
  • サービス パックの削除
    ここで、インスタンス全体をアンインストールせずにサービス パックのみをアンインストールできます。
  • ClickOnce 機能
    ClickOnce 配置テクノロジを使用して、レポート ビルダー 2.0 を展開できるようにします。

この service pack で修正されるバグ


SQL Server 2008 SP1 で修正されるバグの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
技術情報資料タイトル
944390FIX: Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているクライアント コンピューターで SQL Server の名前付きインスタンスに接続するときエラー メッセージ:「指定された SQL サーバーが見つかりません」または"エラーを検索するサーバーとインスタンスを指定"
955769修正: SQL Server 2008 のインスタンスの共有メモリ プロトコルが常に有効にし、インスタンスを修復した後、インスタンスの VIA プロトコルが常に無効
956031FIX: SQL Server 2008 でテーブルの圧縮を予測するときエラー メッセージ:「サブクエリには、1 つ以上の値が返されました」
956427SQL Server 2008 Analysis Services をインストールして、SQL Server 2008 データベース エンジンをインストールしない場合、クラスター ノードを追加することはできません。
958778修正: 既定のインスタンス名正しく設定されていない SQLEXPRESS を SQL Server 2008 の Express をインストールすると、
959001修正: ログ リーダー エージェントをスキップ トランザクションによって SQL Server 2005 および SQL Server 2008 でトランザクション レプリケーションのトランザクションをレプリケートする、ログ リーダー エージェントが実行されるとき
959025FIX DBPROP_MAXROWS の行セット プロパティを持つ行セットを返すストアド プロシージャを呼び出すか、SSPROP_MAXBLOBLENGTH の行セット プロパティを指定するとエラー メッセージ:"着信の表形式データ ストリームの (TDS) プロトコル ストリームが正しくありません」
959026修正: DB2 クエリを実行するときにエラー メッセージを使用してで UR クエリ ヒントでは、SQL Server 2005 Analysis Services と SQL Server 2008 Analysis Services で:"OLE DB エラー: OLE DB または ODBC のエラー: 次の [< クエリ >"WITH"予期しないトークンが検出されました」
961126FIX: メンテナンス プランを SQL Server 2008 で実行するときエラー メッセージ:「SQL Server の実行パッケージ ユーティリティには、統合サービスをインストールするが必要です」
961271修正: いくつかのレベルが含まれる SQL Server 2008 Reporting Services レポートでいくつか項目が表示されない別のアイテムを折りたたむ
961633修正: SQL Server 2008 Reporting Services レポートが正しく表示されない Mozilla の Firefox で ReportViewer コントロールを使用して、レポートが表示されている場合
962900修正: SQL Server 2008 の外部結合操作では、クエリを実行するときにエラー メッセージ:「、NULL が列の値を NULL に設定しようとしています」
963070[FIX することはできません編集または SSIS 機能を備えていないエディションの SQL Server 2008 Enterprise Edition、Standard Edition、開発者のエディション、または評価版がインストールされている場合、BIDS で SSIS パッケージをデバッグ
963658修正: ページの圧縮は後から削除 SQL Server 2008 データ テーブル、データベースを圧縮します。
967470FIX 更新プログラム、または SQL Server 2008 で作成されたクラスター化インデックスを持たないテーブルに対する削除操作を実行するとエラー メッセージ:「オペレーティング システムは、エラー 1450 を返す」
968587修正: 集計値が正しくない SQL Server 2008 または SQL Server 2005 のレポート モデル クエリ デザイナーを使用していくつかのエンティティのグループを含むクエリをデザインするとき
968599FIX: SharePoint サーバーの全体管理でレポート サーバーの資格情報として、SQL Server 2008 レポート サービス アカウントを指定するときエラー メッセージ:"レポート サーバーの WMI に接続できないプロバイダー」
968693FIX パラメーターおよび再コンパイル オプションを使用するクエリ誤った結果を返します SQL Server 2008 で同時に複数の接続でクエリを実行する場合
968828FIX システム オブジェクトがチェックできません SQL Server 2008 で別のポリシーの評価モードを使用するときに期待どおりに
968829FIX SQL Server 2005 のインスタンスを SQL Server 2008 にアップグレードしようとするときにエラー メッセージ:"失敗したデータベース エンジン回復ハンドルに待機します。潜在的な原因は、SQL Server エラー ログをチェックするには」
968830FIX 不適切なバージョンが表示されます [インスタンスの選択] ページで、SQL Server 2008 のインスタンスをアップグレードするのには SQL Server 2008 のセットアップを使用する場合
971268'Microsoft SQL Server management studio' と 'の SQL Server プロファイラー' ライセンス エディションにアップグレードした後でも 'の評価期間は有効期限が切れています' のメッセージを報告します。
次の問題の解決方法は SQL Server 2008 SP1 に含まれます。
説明
新しいトレース イベントは、SQL Server 2008 Analysis Services でのキャンセルの予期しない問題をより的確に診断するのには、SQL Server 2008 SP1 に追加されます。
パーソナル化拡張機能に関連するいくつかのトレース イベントは、Analysis Services 内の SQL Server プロファイラー トレース定義に追加されます。
MSOLAP、ADOMD.NET、分析管理オブジェクト (AMO) に基づくクライアントでは、HTTP 接続経由で Analysis Services に接続するとき、クライアントは特定の HTTP ヘッダーを送信しません。
SQL Server 2008 SP1 では、詳細については、Analysis Services のトラブルシューティングのために生成されるミニダンプ ファイルに追加されます。
Office 2007 用 SQL Server データ マイニング アドインを使用して入れ子になったテーブルが存在するタイム シリーズ モデルを参照することはできません。
アソシエーション ルール マイニング モデルでは、SQL Server 2008 標準的な分析サービスを処理するときにエラー メッセージが表示される:"メタデータ マネージャーでエラーです。エラーが発生< マイニング モデルの名前 >のマイニング モデルの読み込み中にします。
ディシジョン ツリー アルゴリズムは、Analysis Services で有効な浮動小数点数の回帰係数を含む回帰数式を返します。
クロス検証ストアド プロシージャが呼び出されたときは、特定のターゲットを使用して、起動し、確率のしきい値、真正の測定、負の値は True のメジャー、誤測定、および Analysis Services の負の値は False の測定が正しくない結果が返されます。
合計からクエリを実行するマルチ ディメンション式 (MDX) ステートメントでNON EMPTYステートメントと、 CROSSJOIN関数を使用すると誤った結果が表示されます-ベースのメジャーと、 LastNonEmptyの Analysis Services のメジャーに基づきます。
計算されるメンバーを使用する副選択の句では、Analysis Services で計算されるメンバーを含める必要があるかどうかを決定する粒度が考慮されていません。
SQL Server 2008 SP1 では、Analysis Services でのキャンセルの予期しない問題のトラブルシューティングに役立つ機能強化が行われます。
ポーリング クエリでは、日時の値を照会する場合は、Analysis Services の積極的なキャッシュ処理がクラッシュします。
後で Analysis Services のキューブ スクリプトで定義されている別のメンバーを参照する計算されるメンバーを持つディメンションを処理するとき、アクセス違反が発生します。
SQL Server 2008 では、SQL Server ブラウザー サービスがクラッシュします。
サービス パックの構成ファイルは、SQL Server 2008 で最新の状態ではありません。
Windows Vista ベースのコンピューターにインストールされている SQL Server 2008 Express の名前付きインスタンスを参照できません。
データベースのバージョンを取得する[sp_server_infoストアド プロシージャを呼び出すときに Microsoft SQL Server"Yukon"という単語は、単語ではなく「Microsoft SQL Server 2008」
SQL Server 2008 のsql_variant 型の日付型の列のフィールド終端文字を指定することにより、テーブルからデータをファイルにコピーするのには、 bcpユーティリティを使用すると、メモリ リークが発生します。
SQL Server 2008 で複数の行を挿入するのにはSQLBulkOperations関数を呼び出すと、最初の行のみが挿入され、行の残りの部分はスキップされます。
方法関数は、テーブル名の末尾の文字が SQL Server 2008 のエスケープ文字である場合にエラーを返します。
SQL Server 2008 では、 SELECTステートメントでサーバー エラーが発生し、次のステートメントは、サーバーの警告では、SQL Server のネイティブ クライアントの ODBC ドライバーは、ステートメントの成功の状態を返します。
SQLProcedureColumns関数を呼び出すには、SQL Server 2008 で、ときに、CLR 型のパラメーターに関する情報がありません。
可変長型を SQL Server 2008 ベースのアプリケーションでは、SQL の型が、テーブル値パラメーターを使用すると、SQL Server ネイティブ クライアント ODBC プロバイダーは、不適切な表形式データ ストリーム (TDS) を作成します。
せず、 SetParameterInfo関数を使用して SQL Server 2008 でテーブル値パラメーターを使用して、戻りのインターフェイスを使用するときにエラー メッセージが表示される:「着信の表形式データ ストリーム (TDS) のリモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが正しくないを」。
SQL Server 2008 ベースのアプリケーションでは、長いテキスト文字列が切り詰められます。DBTYPE_VARIANTデータ型とは、 BSTRのサブタイプとして、文字列のパラメーターが渡された場合、コメント文の先頭にある場合、この問題が発生します。
SQL Server 2008 で、ユーザー定義型のデータが非常に大きい場合、32 ビット コンピューターでデータが破損します。バインディングの長さを指定しない場合、次のインターフェイスのいずれかを使用する場合にこの問題が発生した: IRowsetChange::InsertRowIRowsetUpdate::UpdateIRowsetChange、またはIRowsetChange::SetData
IRowsetChangeインターフェイスおよびインターフェイスIRowsetUpdate正しく処理されないISequentialStream::Read実装実装は、SQL Server 2008 でデータ ストリームの末尾にS_FALSEの値を返す場合。
SQL Server ネイティブ クライアントをインストールすると、インストーラーは、SQL Server 2008 での不正なレジストリ サブキーにバージョン情報を設定します。
SQL Server 2008 で SQL Server Management Studio を使用して SQL Server 2008 より前のあるインスタンスに接続すると、かっこの一致する-と-の強調表示機能は働きません。
SQL Server 2008 で、オブジェクト エクスプ ローラーで管理者以外のログインを使用してデータベースを展開しようとすると、例外が発生します。
SQL Server 2008 のオブジェクトごとに 1 つのファイルを生成する SQL Server スクリプト生成ウィザードを使用する場合、別のファイルにし、テーブルのスクリプト ファイルではなく既定の制約がスクリプト化します。
SQL Server 2008 で SMO またはコピーのデータ ウィザードを使用してトリガーを含むテーブルのデータを転送するとき、操作が失敗します。
データを転送する転送クラスに SQL Server 管理オブジェクト (SMO) で SQL Server 2008 を使用する場合、接続が破棄されることの使用後。
SQL Server では、エラーが発生した時点までのログのみを追加する代わりに、Windows エラー報告のレポートにすべての Windows インストーラーのログを追加します。
SQL Server 2008 SP1 では、エラー SqlSupport.msi ファイルをインストールするときに発生する可能性のあるエラーの報告が向上します。
無効な提出書類は、SQL Server 2008 をアンインストールするときに、提出書類が上書きされるため、Windows エラー報告と報告されます。
外部の例外のための Windows エラー報告のレポートでは、SQL Server 2008 で HRESULT メッセージは含まれません。
SQL Server 2008 SP1 は、Windows エラー報告を向上ローカライズされた文字列を削除することによってします。
SQL Server 2008 SP1 は、Windows エラー報告を向上パラメーター名とプラットフォームの指定を削除することによってします。
SQL Server 2008 SP1 では、ハッシュの前後には、パラメーターの値をログに記録するバケット パラメーターを Windows エラー報告のログ出力が向上します。
SQL Server 2008 のインストール ファイルは、セットアップ操作はユーザーによってキャンセルされる場合でもセットアップ操作は、Windows エラー報告を報告します。
SQL Server エージェントは、SQL Server 2008 の統合サービス パッケージのジョブのデータ ソースコントロールで、無効なコマンド行を表示します。
SQL Server エージェントは、SQL Server エージェント プロキシ アカウントで Microsoft ActiveX スクリプトの実行に失敗したときを報告しようとするときにクラッシュします。
ポリシーの管理では、SQL Server 2008 内の列挙型を含む条件を作成するときに無効な構文エラー メッセージが表示されます。
SQL Server 2008 SP1 では、WMI クエリ言語 (WQL) の実行をサポートするためにポリシーの管理の条件の評価関数に関数(文字列、文字列) を連結し、 (文字列、char 型、char 型) をエスケープ関数を追加します。
SQL Server 2008 のリモート サーバーに対してポリシーを実行する場合、ポリシーは、リモート サーバーからのサブスクリプション テーブルではなくローカル サブスクリプション テーブルを使用します。
SQL Server Management Studio の [オブジェクト エクスプ ローラーは任意の 1 つのレベルで表示される項目が 2,500 に制限はありません。
ループ内で実行される非常に簡単なクエリは、SQL Server 2008 で利用状況モニターの [リソースの待機] ボックスの一覧でわかりにくい CPU の待機状態を示しています。
時間のかかるクエリは可能性があります SQL Server 2008 で実行を完了するまで、利用状況モニターで、コストの高いクエリ] ボックスの一覧では表示されません。
AUTO_CLOSEオプションがONに設定されているオフラインのデータベースのスクリプトを作成するのには SQL Server スクリプト生成ウィザードを使用する場合は、データベースの照合順序が照会されます。
SQL Server 2008 で、オフラインのデータベースがある場合は、データ ウィザードのスクリプト エラーが発生しました。
一部のショートカット キーは、SQL Server Management Studio ではありません。
フィルター ルックアップ リストは、SQL Server 2008 Reporting Services では、Teradata データ ソースを使用すると、モデル デザイナーでは設定されません。
グラフ、ゲージ、および画像がぼやけて表示されるビジネス インテリジェンス開発 Studio、またはレポート ビルダー 2.0 のプレビュー モードで表示するとします。
コンマ区切り値 (CSV) 形式でレポートをエクスポートすると、Reporting Services には動的グループのある Tablix データ領域の行が省略されます。
テーブル グループの見出しには、レンダリングすると、レポート、PDF、印刷プレビュー、またはイメージの行が 1 ページに完全に適合しない場合は繰り返さないでください。
テキスト ボックスをページに分割されるが、Reporting Services でのすべてのコンテンツを正常に表示されません。
Reporting Services のエディションごとのメモリの調整動作は正しく適用されません。
SQL Server 2008 の新規インストールでは、レポートのコードで SyncLock ステートメントを含む SQL Server 2005 Reporting Services レポートを表示できません。
SQL Server 2005 のビューアー コントロールに SQL Server 2008 Reporting Services レポートを表示するビューアー コントロールは、ページが正しくない数を示します。
Sp_configureストアド プロシージャを使用して、SQL Server 2008 でアクセス キャッシュのクォータを確認する] オプションを構成するのには、クォータの設定は適用されません。
HAS_PERMS_BY_NAMEの組み込み関数は、列名に SQL Server 2008 での引用符が含まれている場合に動作しません。
Db_owner固定データベース ロールのメンバーでできない場合は、SQL Server 2008 でユーザー定義データ型に列のデータ型を変更できません。
Sqlserver.exe ファイルの場所から異なる場所にリソース データベース ファイルを移動した後、SQL Server 2008 を再起動できません。
Sys.dm_exec_query_statsビューは、SQL Server 2008 で並列クエリ プランに誤った CPU 時間を報告します。
起動するトリガーの一覧では、メモリ リークが発生します。たとえば、テーブル スイッチのパーティションを変更するステートメントで 2 つのトリガーが発生した場合は、メモリ リークが発生の最初のトリガー オブジェクトに発生します。
無効な結果が返されるは、クエリを実行すると、 varbinary 型のデータ型、同じSELECTステートメントを SQL Server 2008 でユーザー定義型 (UDT) に変換します。
ストアド プロシージャを呼び出すときに誤った結果が返されるテーブル値パラメーターを SQL Server 2008 で 2 つ以上のパラメーターに渡された同じテーブル変数を持ちます。
動的管理ビューは、データベースが削除または SQL Server 2008 では、再作成するとき、データベースにまたがるクエリに対して誤った結果を返すことがあります。
クエリの指紋と計画の指紋は、クエリの SQL Server 2008 で一時テーブル上で安定しているではありません。
変更データ キャプチャが SQL Server 2008 のINSERTステートメントの後に削除するステートメントとUPDATEステートメントを正しく報告します。
これが SQL Server 2008 の特定のスキーマに含まれるトリガーに対して発行される場合は、トリガーの変更ステートメントはレプリケートされません。
した後に追加するアーティクルを追加すると、SQL Server 2008 でトランザクション レプリケーションで文書を検証すると、アーティクルに列フィルターは検証されません。
情報] ダイアログ ボックス [レプリケーション モニターで SQL Server 2008 のリリース バージョンでは、背景イメージとして"Katmai"のコード名を使用します。
Ssbdiagnoseユーティリティを使用して、SQL Server 2008 の場合、エラー メッセージと警告メッセージはローカライズされません。
SQL Server WMI プロバイダーは、SQL Server 2008 のクラスターの名前付きインスタンスに読み込むことができません。
タイミングの値を SQL Server 2008 のユーティリティまたは CPU 周波数を変更するテクノロジを使用するときに正しいことがあります。
監査ログインのトレース イベントは、システム データベースと SQL Server 2008 でユーザー データベースを常に適切なデータベースの ID を提供します。ただし、データベース名は、システムのデータベースに対してのみ提供されます。データベース名は、ユーザー データベースの NULL です。
有効にするか、SQL Server 2008 の Windows イベント ログにシステム メッセージを無効にするのには、 sp_altermessageストアド プロシージャを使うことはできません。
SQL Server 2008 で、[ module_address ] 列でフィルターを使用して、 sys.dm_xe_packagesビューをクエリすると、不適切な結果が表示されます。
SQL Server 2008 では、ように進行が遅いと、バッファー プールのサイズが非常に小さい場合は、701 のエラーを返すことがあります。
大量のメモリを持つコンピューターでメッセージ報告される正しく SQL Server 2008 エラー ログに記録します。メッセージは、プロセスがページアウトされたページ アウトされない場合を示しています。
Sys.dm_os_sys_infoビューの [ sqlserver_start_time ] 列で報告されている開始時刻は、現在の時間 (ミリ秒単位) を取得することでし、[SQL Server 2008 でサーバーが起動されてからの秒数を減算することによって計算されます。
スケジューラに関するすべての情報は、SQL Server 2008 でのデバッグに使用するダンプ ・ ファイルに収集されます。
SQLIOSimユーティリティを使用して、SQL Server 2008 で、 SQLIOSimユーティリティ スタンプ ファイルを選択した場合、または停止を指定した場合"StampFiles = TRUE"構成ファイルにします。
オプティマイザーは、SQL Server 2008 で空間インデックスを使用するクエリの不適切な実行プランを生成します。

関連情報

詳細については、現在の SQL Server のバージョンとエディションを確認する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

321185 SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
プロパティ

文書番号:968369 - 最終更新日: 2017/02/06 - リビジョン: 2

フィードバック