Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 のカーネルまたは完全メモリ ダンプ ファイルを生成する方法

重要 この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。変更する前に、レジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには

はじめに

この資料の説明を生成、収集、確認、およびカーネルおよび Windows Server 2008 ベースのシステムから完全メモリ ダンプ ファイルを分析します。

注: 理想的には、必要がありますのみこれを行う明示的に、Microsoft カスタマー サポート サービス エンジニアがこれを行うに求められたとき。すべての標準的なトラブルシューティング方法がなくなった後、カーネルまたは完全メモリ ダンプ ファイルのデバッグによって最後の手段する必要があります。

マイクロソフト製品サポート サービス (CSS) に連絡する必要がある場合、この資料入手することが問題を特定するのには CSS に必要な特定の情報です。

この手順を完了するには、管理者または Administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。お使いのコンピューターがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシーの設定からこの手順を完了を防ぐことがあります。手動のカーネルまたは完全メモリ ダンプ ファイルは、プロセスのクラッシュ時にシステム メモリの記録をキャプチャするためにいくつかの問題をトラブルシューティングするときに役立ちます。

警告: Windows がインストールされているハード ドライブの速度によっては、2 ギガバイト (GB) を超えるメモリのダンプに時間がかかる場合があります。ダンプ ファイルの作成手順を開始すると、オペレーティング システムがインストールされているパーティションに、物理 RAM の内容が配置されているページング ファイルに書き込まれます。

コンピューターを再起動するときは、ページング ファイルの内容がダンプ ファイルに書き込まれます。最良のシナリオで、別のローカル ハード ドライブ上に存在するダンプ ファイルが構成されているでも大量のデータの読み書きがハード ドライブに書き込まれます。長時間サーバに障害が発生することができます。

詳細

ページング ファイル

通常、Windows Server 2008 ベースのシステムの標準機能は、サーバーのページング ファイルのサイズを設定すると。
適切なページング ファイルのサイズを決定する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

889654 Windows Server 2003 または Windows XP の 64 ビット バージョンの適切なページ ファイル サイズを決定する方法


によってどのような種類のメモリ ダンプ ファイルを収集しようとしている、ページング ファイルの最小サイズが異なります。Windows Server 2008 では、メモリ ダンプ ファイルを次の 3 つのオプションがあります。
  • 最小メモリ ダンプ(64 KB の 32 ビットのオペレーティング システム、64 ビット ・ オペレーティング ・ システムでは 128 KB)
  • カーネル メモリ ダンプ
  • 完全メモリ ダンプ
サーバー上の完全メモリ ダンプ ファイルを有効にするには、次の手順に従います。

手順 1: ページング ファイルを作成
  1. [スタート] ボタンを右クリックしてください
    コンピューター、しをクリックし、
    プロパティです。
  2. システムの詳細設定] をクリックします
    システムページ、し、[詳細設定] タブをクリックします。
  3. [設定] をクリックします
    パフォーマンス領域です。
  4. [詳細設定] タブをクリックし、クリックしてください
    [仮想メモリの領域の変更をします。
  5. オペレーティング システムがインストールされているシステム パーティションを選択します。

    注: システム パーティションを有効にするは、オフにする] をクリックする必要がある、
    すべてのドライブのページング ファイル サイズを自動的に管理する] チェック ボックスをオフにします。
  6. 初期サイズの値を設定し、
    物理 RAM がインストールされていると、[カスタム サイズ] ボタンの下の 100 メガバイト (MB) の容量の最大サイズです。
  7. 設定] をクリックしをクリックし、
    [Ok] 3 倍します。
  8. 変更を有効にするために Windows を再起動します。

パーティションのサイズ

Windows Server 2003 または Windows の以前のバージョンでは、オペレーティング システムがインストールされているパーティションする必要があります以上の物理 RAM がインストールされていると 100 メガバイト (MB) のサイズです。

Windows Server 2008 では、有効な完全メモリ ダンプ ファイルを作成するのにはコンピューターの物理メモリを削減する必要があります。コンピューターに物理メモリの 4 GB を超える場合、またはオペレーティング システムがインストールされているパーティションにページング ファイル用の十分なディスク領域がない場合は、コンピューターの物理 RAM を削減する必要があります。ただし、これを回避する、新しい動作」では、Windows Vista と Windows Server 2008 で説明したように別のパーティションを使用してセクション。コンピューター上の物理メモリを減らすためには、次の TechNet/MSDN ベースの記事で説明したように、BCDEdit.exe ファイルで、 truncatememoryまたはremovememoryスイッチを使用します。
ブート構成データ エディターについてよく寄せられる質問
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc721886.aspx
BCD のブート オプションを参照
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa906217.aspx
注: 物理アドレス拡張 (PAE) が有効になっている Windows Server 2008 の 32 ビット バージョンでは、ページング ファイルはサイズで 4 GB (4,096 MB) を超える拡張をことができます。PAE が有効になっているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリックして、 Regeditと入力し、[ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management
  3. PhysicalAddressExtensionを右クリックし、[変更] をクリックします。
  4. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスでは、 PhysicalAddressExtensionエントリの値を確認します。PhysicalAddressExtensionエントリの値がゼロ (0) の場合は、PAE が無効です。PhysicalAddressExtensionエントリの値が 1 の場合は、PAE が有効になります。
  5. 変更を有効にするために Windows を再起動します。


Windows Vista および Windows Server 2008 での新しい動作

Windows Vista と Windows Server 2008 では、メモリ ダンプを取得するのには、ページング ファイルがありませんオペレーティング システムがインストールされている以前のバージョンの要件と同様のパーティションと同じパーティション上に存在します。

別のパーティションにページング ファイルを配置するには、という名前の新しいレジストリ エントリを作成する必要があります。
DedicatedDumpFile
DumpFileSizeという名前の新しいレジストリ エントリを使用して、メモリ ダンプを作成するためのページング ファイルのサイズを定義することもできます。
注: DedicatedDumpFile は、スパン ボリュームにダンプ ファイルを生成するのには使用できません。これは、ストライプまたは RAID 5 ボリュームです。

DedicatedDumpFileDumpFileSizeレジストリ エントリを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリックして、 Regeditと入力し、[ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl
  3. [編集] メニューのをポイントします。
    新規作成し、[文字列] をクリックします。
  4. 詳細ウィンドウで、次のように入力します。
    DedicatedDumpFile、し、ENTER キーを押します。
  5. DedicatedDumpFileを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. [値データ] ボックスで、次のように入力します。
    < ドライブ >: \ < dedicateddumpfile.sys >、し、[ OK] をクリックします。
    < ドライブ >は、ダンプ ・ ファイルの場合は、十分なディスク領域のあるドライブのプレース ホルダーと、< dedicateddumpfile.sys > は、専用のファイルと完全なパスのプレース ホルダーです。
  7. [編集] メニューのをポイントします。
    新規作成]、[ DWORD 値] をクリックします。
  8. DumpFileSizeを入力し、ENTER キーを押します。
  9. DumpFileSizeを右クリックし、をクリックしてください
    変更します。
  10. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで次のようにクリックします。
    10 進ベース] の下。
  11. [値データ] ボックスで、適切な値を入力し、し、[ OK] をクリックします。

    注: ダンプ ファイルのサイズは、メガバイト単位でです。
  12. ダンプ ファイルを右クリックし、[変更] をクリックします。
  13. [値のデータ] ボックスで、 < ドライブ >: \ < パス > \Memory.dmp、し、[ OK] をクリックします。


    注: システムがクラッシュした場合は、ファイルを使用して、専用の代わりに、Pagefile.sys ファイルを使用して、メモリ ダンプ ファイルを作成する場所の場所になります。例えば「DedicatedDump.sys」、の「.sys」拡張子以外のものを使用することが:"DedicatedDump.dmp"です。これとして使用されませんので、します。DMP ファイルを直接するときに名前を付け、システムでバグチェック、します。DMP 拡張子は、再起動後、ダンプ ファイルをコピーしようとして他のユーザーの混乱になる可能性があります。「.Sys」を使用して簡単に、ダンプの最終的な場所でありませんが、選択した任意の名前を扱うことができることを確認 (例:"DedicatedDump.Ddmp").
  14. レジストリ エディターを終了します。
  15. 変更を有効にするために Windows を再起動します。

注: Windows Vista および Windows Server 2008 で DedicatedDumpFile を使用すると、パーティションのいずれか 1 つ以上のページング ファイルが必要があります。ページング ファイルのサイズはここでは重要ではありません。Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 では、2716542 の修正プログラムをインストールすることによりこの制限から除外できます。この修正プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2716542修正プログラムがあることを有効にメモリ ダンプを作成する Windows 7 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューター ファイルのページのファイルがない場合
この制限は、Windows 8 の、Windows Server 2012 およびそれ以降のバージョンでは存在しません。

Windows Server 2008 と Windows Vista の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
950858専用のダンプ ファイルが予期せずに切り捨てられます 4 GB を Windows Server 2008 または Windows Vista を実行して、4 GB を超える物理メモリを持つコンピューターで


オペレーティング システムの物理メモリが、Windows Vista SP1 ベースのコンピューターで Windows Server 2008 ベースのページング ファイルのサイズよりも大きい場合は、カーネル メモリ ダンプ ファイルが生成されないことができます。
詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
949052カーネル メモリ ダンプ ファイル生成されないことがある Windows Server 2008 ベースおよび Windows Vista Service Pack 1 ベースのコンピューターでシステム メモリのページファイルのサイズよりも大きい場合


Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の新しい動作

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 では、メモリ ダンプを取得するのには、ページング ファイルがありませんオペレーティング システムがインストールされているパーティションと同じパーティション上に存在します。別のパーティションにページング ファイルを配置するには、DedicatedDumpFile レジストリ エントリを使用する必要はありません。

ダイナミック ディスク上のページング ファイル

ダイナミック ディスクは、他のディスク ・ ボリュームのようなブートまたはシステム ボリュームとして認識されません。したがって、以外のブート ボリュームまたはシステム ボリュームでのみ、ページング ファイルを作成する場合、オペレーティング システムがメモリ ダンプを作成するときにこれらのボリュームを認識することです。これは、結果、メモリ ダンプの生成が失敗します。

注: 上記の動作は、DedicatedDumpFile にも適用されます。

Diskpart のコマンド インタープリターで保持するコマンドを使用する、ブートに使用する既存のダイナミック ボリュームまたはシステム ボリュームを準備できます。保持する] コマンドを使用するのには以下の手順を実行します。
  1. 管理者特権でコマンド プロンプトを開きます
  2. コマンド プロンプトで、 Diskpartと入力し、キーを押します入力します
  3. Diskpart プロンプトは、ボリュームの一覧を入力し、 Enterキーを押します。
  4. ページング ファイルを作成したボリュームの数に注意してください。
  5. のボリュームを選択して #、し、 Enterキーを押します。(# は、手順 4 に記載されているボリューム数を表します)。
  6. 保持するを入力し、 Enterキーを押します。
  7. 詳細 volを入力し、 Enterキーを押します ( [はい]インストール可能とすると呼ばれるパラメーターを指定するを確認します)。

    注: インストール可能なパラメーターは、Windows Server 2008 R2 と新しいオペレーティング システムで使用可能なのみです。
  8. コンピューターを再起動します。
注: 最大で 4 つの異なるボリュームに保持するコマンドを使用できます。4 の制限に到達した後は他のボリュームにコマンドを実行する場合を保持するコマンドを以前使用されたボリュームを削除する必要があります。

保持するコマンドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

300415 Diskpart コマンド ライン ユーティリティの説明

また、次の TechNet の記事を確認してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc755127.aspx


ページング ファイルの参照の順序です。

(デフォルトでは c: ドライブ) のブート ボリューム以外のボリュームに存在するページング ファイルを使用して、ダンプ ファイルを作成しようとすると、引当を行うための十分なページング ファイルのサイズが期待どおりには、ダンプ ファイルを作成することはできません。適切なページング ファイルの参照注文できない場合があります。確認するには、必要なボリュームが実行の優先順位でページング ファイルの参照の順序は、他のボリューム上では、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリックして、 Regeditと入力し、[ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\SessionManager\MemoryManagement
  3. ページングをダブルクリックします。
  4. 予想されるボリュームのパスが最初の行かどうかを値のデータを確認します。

順序を変更する場合は、次の手順に従います。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリックして、 Regeditと入力し、[ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\SessionManager\MemoryManagement
  3. ページングを右クリックし、[変更] をクリックします。
  4. 関連するボリュームのパスをボックスの上部に移動します。
  5. レジストリ エディターを終了します。
  6. 変更を有効にする Windows を再起動します。

手順 2: 完全メモリ ダンプ ファイルを作成します。
  1. [スタート] ボタンを右クリックしてください
    コンピューター、しをクリックし、
    プロパティです。
  2. システムの詳細設定] をクリックします
    システムページ、し、[詳細設定] タブをクリックします。
  3. [デバッグ情報の書き込み] で、[設定] をクリックし、完全メモリ ダンプが選択されていることを確認します。
注: 既定では、完全メモリ ダンプは無効です。コンピューターに 2 GB を超える物理 RAM がある場合は、オプションを有効にできます。


注: 完全メモリ ダンプオプションを有効にする場合は、 CrashDumpEnabledレジストリ エントリは次のレジストリ サブキーの下の 0x1 に設定、Windows を再起動して手動で。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl
詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
[起動と回復、 885117 [カーネル メモリ ダンプ"が表示されますが、Windows 2000 または Windows Server 2003 で完全メモリ ダンプを実行

ディスク容量

メモリ ダンプ ファイルを作成するのには選択した場所に十分な空き領域が必要があります。既定では、メモリ ダンプ ファイルは %SystemRoot%\Memory.dmp ファイルに書き込まれます。% %Systemroot% ドライブに十分な空き領域がありません、する場合は、十分な空き領域のある別の場所にダンプ ファイルをリダイレクトできます。ダンプ ファイルのエクスポート先のボリューム上の空きディスク領域は、新しいダンプ ファイルを格納するのには十分ではない場合、は、ダンプ ファイルはコピーされませんし、システム イベント ログに、イベント ID 12 が記録されます。ダンプのパスは、「ダンプ ファイル」にあるレジストリ値"HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Crash コントロール"の場所で構成されます。以下は、システム イベント ログに記録されるイベント ID 12 です。



ダンプ ファイルのパスを変更するのには、
Windows Server 2008 ベースのコンピューターでは、[起動と回復のオプションは、これらの手順に従います。
  1. [スタート] ボタンを右クリックしてください
    コンピューター、しをクリックし、
    プロパティです。
  2. システムの詳細設定] をクリックします
    システムページ、し、[詳細設定] タブをクリックします。
  3. [デバッグ情報の書き込み] で、[設定] をクリックし、[ダンプ ファイル] フィールドに適切な値に置き換えます。つまり、%SystemRoot%\Memory.dmp を E:\Memory.dmp など、十分なディスク領域を持つローカル ドライブ] をポイントしてから、パスを変更できます。
  4. 変更を反映するために Windows を再起動します。
注: ネットワーク ドライブ、共有ドライブ、またはネットワーク接続ストレージ (NAS) ドライブとして使用できません先メモリ ダンプ ファイルの必要はありません利用可能なファイルのコピーを開始する前にあるためです。

Windows Server 2008 SP1 用の修正プログラム

以下の修正プログラムは、SP1 を適用した Windows Server 2008 のメモリ ダンプ ファイルを作成しようとするときに発生する問題を解決することがあります。
  • 960658 Windows Server 2008 システムはシステムは、動的なハードウェア パーティショニング (DHP) をサポートしている場合、切り捨てられたダンプ ファイルを生成することがあり、メモリがホット追加


    注:
    • この修正プログラムは、サポート技術情報の記事 950858 および 958933 に記載されている修正プログラムが置き換えられます Crashdmp.sys ファイルを更新します。
    • Ntkrnlpa.exe ファイルまたは Ntkrnlmp.exe ファイル、サポート技術情報記事 950917 に記載されている修正プログラムが置き換えられますが、この修正プログラムが更新されます。
  • 950904システムが応答を停止し、Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューターは、マスク不可能割り込みを受け取ると、ダンプ ファイルは生成されません。


    注: Ipmidrv.sys ファイルを更新するこの修正プログラムにします。
  • 953533を実行しているコンピューターが x86 PAE モードが有効になっているときに、IDE と ATA ディスク上のバージョンの Windows Vista または Windows Server 2008 が有効なダンプ ファイルを生成しません。


    注: この修正プログラムは、Dumpata.sys、Aliide.sys、Amdide.sys、Atapi.sys、Ataport.sys、Cmdide.sys、Intelide.sys、Msahci.sysm、ある、問題は、Pciide.sys、Pciidex.sys、および Viaide.sys ファイルを更新します。
  • 955635ページファイルのサイズなる可能性がありますまたは小さすぎるまたは大きすぎて使用可能な空きディスクの空き領域がないと、ページファイルのサイズはシステムによって管理する場合、Windows Server 2008 または Windows Vista を起動するとき


    注: この修正プログラム サポート技術情報資料 953341 に記載されている修正プログラムに代わる、Smss.exe ファイルを更新します。
  • 957517専用の完全メモリ ダンプ ファイルが正常に生成できません専用のダンプ ファイルを格納するボリュームに十分な空き領域がある場合


    注: この修正プログラムは、Faultrep.dll、Werfault.exe、および Werfaultsecure.exe ファイルを更新します。

手動メモリ ダンプ ファイルを生成する方法

手動のカーネルまたは完全メモリ ダンプ ファイルを生成するいくつかのメソッドがあります。NMI、キーボード (PS2 または USB)、リモート カーネル、または NotMyFault.exe ツールを使用してこれらのメソッドが含まれます。

NotMyFault ツールを使用して手動でメモリ ダンプを生成する方法

問題が発生したときにログオンすることができます、Microsoft SysInternals NotMyFault ツールを使用することができます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. NotMyFault ツールを次のマイクロソフト Web サイトからダウンロードします。
  2. [スタート] ボタンを見つけて右クリック
    コマンド プロンプト、し、[管理者として実行] をクリックします。
  3. コマンド ・ ラインでは、 NotMyFault.exe/crashを入力し、ENTER キーを押します。
注: メモリ ダンプ ファイルと"Stop D1"エラーが生成されます。

キーボードを使用して手動のメモリ ダンプ ファイルを生成する方法

  • 作成する必要が場合は、PS/2 のキーボードを使用している、
    レジストリ エントリをします
    キーボードを使用してメモリ ダンプ ファイルを生成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

    244139 Windows 機能を使用するキーボードを使用してメモリ ダンプ ファイルを生成します。

  • USB キーボードを使用する場合に、KB 971284 の修正プログラムをインストールするまでこの機能は Windows Server 2008 Service Pack 1 でサポートされません。
    修正プログラムを使用する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

    971284の修正プログラムは、修正プログラムは、Windows Server 2008 を使用して、USB キーボードでの Vista の上で ctrl キーをスクロールのサポートでのクラッシュを有効にするには

    ただし、Windows Server 2008 Service Pack 2 またはそれ以降のバージョンではサポートします。Windows Server 2008 ベースのコンピューターでこの機能を使用するのにしますレジストリ エントリを作成する必要があります。 USB キーボードを使用するコンピューターでこの機能を有効にするには、次の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターを起動します。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\kbdhid\Parameters
    3. [編集] メニューで、値の追加] をクリックし、次のレジストリ エントリを追加します。
      Name : CrashOnCtrlScroll Data Type : REG_DWORD 
      Value : 1
    4. レジストリ エディターを終了します。
    5. コンピューターを再起動します。(USB キーボードを使用するコンピューターにするはありません、コンピューターを再起動します。キーボードを取り外して、再度接続再度で十分です。その後、メモリ ダンプ ファイルを生成できます。)
    注: キーボード操作には、メモリ ダンプ ファイルと「E2 の停止」エラーを生成されます。 します
    この修正プログラムは Windows Vista と Windows Server 2008 Service Pack 2 に含まれます。

Windows ベース システムでは、NMI を使用して、完全なクラッシュ ダンプ ファイルまたはカーネル クラッシュ ダンプ ファイルを生成する方法

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
927069方法は、Windows ベース システムでは、NMI を使用して、完全なクラッシュ ダンプ ファイルまたはカーネル クラッシュ ダンプ ファイルを生成します。


注: メモリ ダンプ ファイルと"Stop 80"エラーが生成されます。

リモート デバッガーを使用して手動でメモリ ダンプを生成する方法

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
303021サーバーが応答を停止 (ハング) を停止したときにメモリ ダンプ ファイルを生成します。


WinDbg では、またはコマンドを使用することができます。このコマンドは、ターゲット コンピューターのメモリ ダンプ ファイルを作成します。または、ヌル モデム、USB、または IEEE 1394 などを使用して、メモリ ダンプ ファイルをコピーする場合は、 .dumpコマンドを使用します。

BIOS レベルのサーバー ハードウェア回復メカニズム

一部のコンピューターでは、ハードウェアの回復を実行するのには BIOS レベルで機能があります。たとえば、コンピューターでは、次の機能のいずれかのがあります。
  • 自動システム回復 (ASR) 機能は、ヒューレット ・ パッカード (HP) の一部のサーバーで使用できます。ASR が存在する場合は無効にします。ASR はダンプ プロセスを中断できます。HP サーバーでは、BIOS の設定を変更することで ASR を無効にすることができます。この機能を有効にし、BIOS がオペレーティング システムからのハートビートを検出しない場合は、通常、10 分以内、コンピューターを再起動します。
  • Dell コンピューター、同じ機能があり、Dell の特別な管理コンソール (SAC) と呼ばれますか。SAC。
  • IBM のコンピューターは、同一の機能を持っているし、RSA II (OS) 取り組むと呼ばれます。
  • 富士通、NEC、Samsung、Unisys では、およびその他のサーバー ハードウェアの製造元は、サーバー上で同様の機能があります。
注: ハードウェアにハードウェア回復機能があるかどうかがわからない場合は、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。

手動でメモリ ダンプを取得するかどうかをテスト

警告: 手動メモリ ダンプ ファイルを取得するかどうかをテストすることが重要です。ダンプ ファイルが破損しているか、切り捨てられて、問題する必要があります再度発生する正常なメモリ ダンプ ファイルを取得します。

コンピューター上の適切なダンプ ファイルを取得するかどうかをテストするには、NotMyFault を使用して、または右の CTRL キーを押しながら、スクロール ロック キーを押すと 2 回です。サーバーが再起動したら、ディスク ・ アクティビティを停止するまで待機します。ダンプ ファイルは、物理メモリと同じサイズにする必要があります。手動のメモリ ダンプ ファイルの取得に問題がある場合は、SCSI コント ローラーのファームウェアとハードウェアの製造元からドライバーを更新する必要があります。

メモリ ダンプ ファイルを生成した後ブルー スクリーン情報を取得します。

イベント ログ メッセージとバグチェック情報を記述する Windows ベースのオペレーティング システムを構成することができます。既定では、Windows Server 2008 は、イベント ログ メッセージを書き込むに設定されます。LogEvent レジストリ エントリを作成して、次のレジストリ サブキーの下に 0 を設定することによってこの機能を無効にできます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl
注: 説明とイベント ログの形式は、コンピューターがメモリ ダンプ ファイルを書き込むときに表示される形式とは異なります。ただし、情報の大部分は、同じです。イベント ログのサンプルは、次のようにします。

DumpChk.exe を使用すると、メモリ ダンプ ファイルを確認する方法

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

156280使用の Dumpchk.exe メモリ ダンプ ファイルをチェックインする方法

レジストリ キーとページング ファイルを自動化するユーティリティを入手する方法

  1. DumpConfigurator.hta を次のマイクロソフト Web サイトからダウンロードします。
  2. ダウンロード] をクリックし、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読んで同意し] をクリックします。
  3. WInPlatTools 14600.zipファイルを保存し、DumpConfigurator.hta ユーティリティを抽出します。
  4. DumpConfigurator.htaをクリックし、クリックしてください
    自動構成が完了します。

デバッグ用 Windows メモリ ダンプ ファイルを読み取る方法の作成します。

ダウンロードして、Windows のデバッグ ツールの最新バージョンをインストールするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

315263をデバッグするため、Windows の最小メモリ ダンプ ファイルを読み取る方法を作成します。


詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824344 Windows サービスをデバッグする方法


Windows のデバッグの詳細については、次の書籍を参照してください。
  • Windows の内部、5 番目のエディションことはできません。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  • マリオ ・ Hewardt とダニエル Pravat によっては、 Windows のデバッグの詳細をします。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows のデバッグ シンボルを確認する方法

詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。

311503では、Microsoft シンボル サーバーを使用して、デバッグ シンボル ファイルを入手するには

138258 Windows NT のデバッグ シンボルのセットアップ情報

148659方法を Windows NT のデバッグ シンボルを設定するには

Windows のデバッグ シンボルを確認する方法を148660

258205再配置を使用して、DrWtSn32.exe のシンボルを抽出する方法

296110 INFO: Visual Studio 製品で使用するためのデバッグ シンボルをインストールする方法

Visual Studio .NET デバッガーでシンボル サーバーを使用する方法を319037

814411の修正プログラム パッケージは含めないでくださいデバッグ シンボル ファイル


この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
プロパティ

文書番号:969028 - 最終更新日: 2017/02/06 - リビジョン: 2

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Business, Windows Vista Ultimate, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Ultimate, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1

フィードバック