削除プログラムの追加と変更] オプションを使用して Center Operations Manager 2007 のシステムの設定、エージェントを手動で変更するときにエラー メッセージ: マイクロソフトの ESENT のキーが必要」という


現象


エージェントの追加と削除プログラムで、[変更] オプションを使用して Microsoft システム センター操作マネージャー 2007 の設定を手動で変更しようとするとします。 ただし、ユーザー アカウント制御 (UAC) が有効になっているコンピューターで次のエラー メッセージが表示されます。
Microsoft ESENT のキーが必要

原因


アプリケーションは、管理者がアプリケーションの初回インストール時に UAC のメッセージを受け取る場合が承認された管理者として扱われます。 管理者の資格情報を持たないユーザーは、管理者の資格情報の入力を求められず、このようなアプリケーションの保守操作を実行できなければなりません。 ただし、UAC プロンプトされませんが、システムは、管理者と管理者の資格情報を持たないユーザーの間で区別できないために生成されました。 したがって、ユーザーの管理者だけが実行できる変更または修復の動作の変更を実行する場合は、ユーザーがブロックされているため、UAC プロンプトがありませんが生成されます。

回避策


この問題を回避するには、システム センターのオペレーション マネージャー 2007 SP1 で管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。
msiexec/I {768DB8BD-CB3A-43F4-9A4C-BA2921D27AD3}
この問題を回避するには、システム センターの Operations Manager 2007 R2 で管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。
msiexec/I {25097770-2B1F-49F6-AB9D-1C708B96262A}

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。