ビルド、SQL Server 2008 の SQL Server 2008 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされました。

はじめに

この資料では、Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) がリリースされた後にリリースされた Microsoft SQL Server 2008 のビルドが一覧表示されます。

詳細

ビルド 10.00.2850.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 9 月 19 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2847.00 です。

詳細についてはこのビルドは、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2582282関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 16 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2847.00 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 7 月 18 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2821 です。

詳細についてはこのビルドは、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2555406関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 15 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2821.00 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 5 月 16 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2816 です。

詳細についてはこのビルドは、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2527187関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 14 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2816.00 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 3 月 21 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2808 です。

詳細についてはこのビルドは、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2497673関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 13 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2808 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 1 月 17 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2804 です。

詳細についてはこのビルドは、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2467236関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 12 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2804 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 11 月 15 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2799 です。

詳細についてはこのビルドは、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2413738関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 11 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2799 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 9 月 21 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2789 です。

詳細についてはこのビルドは、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2279604関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 10 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2789 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 7 月 19 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2781 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2083921関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 9 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2781

このビルドは、2010 年 6 月 10 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2775 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
412292980832修正: システム アサーション チェックが失敗しました"エラー メッセージでは、Microsoft SQL Server 2008 トランザクション SQL クエリを実行するとき

ビルド 10.00.2775 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 5 月 17 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2773 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

981702関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 8 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2773

このビルドは、2010 年 5 月 8 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2770 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
465350修正: クエリの結果行を含む空 Microsoft SQL Server 分析サービスの 2008 年にマルチ ディメンション式 (MDX) クエリを実行するとき

ビルド 10.00.2770

このビルドは、2010 年 4 月 6 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2769 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
430276DynamicHeight、DynamicWidth コントロールのプロパティをグラフ、tablix で使用されているレポート サービス 2008 の SQL Server レポート内の同じページでグラフの他の

ビルド 10.00.2769

このビルドは、2010 年 3 月 30 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2766 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
427778イメージまたは Excel ファイルにグラフが含まれるレポート サービス 2008 の SQL Server レポートをエクスポートするときに例外が発生します。

ビルド 10.00.2766 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 3 月 15 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2763 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

979065関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 7 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2763

このビルドは、2010 年 3 月 11 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2760 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
421581レポート サービス 2008 の SQL Server レポートを Word ファイルにエクスポートすると、テキスト ボックスに改行が追加されます。

ビルド 10.00.2760

このビルドは、2010 年 1 月 23 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2758 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
402420978839FIX 変更このデータベースで追跡を有効にした場合に SQL Server 2008 データベースのバックアップ操作が失敗します。

ビルド 10.00.2758

このビルドは、2010 に Febury 4 にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2757 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
399076
399071
978791FIX データベース ミラーリングのスレッドが SQL Server 2005 または SQL Server 2008 での自動フェイル オーバー ・ プロセス中に長時間応答を停止した場合のデータ損失が発生します。
399074978947解放されていない問題が原因で、データベース ・ ミラーリングの SQL Server 2005 および SQL Server 2008 のフェイル オーバー

ビルド 10.00.2757 (累積的な更新)


この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 1 月 18 日にリリースされました。



このビルドのビルド番号は 10.00.2749 です。


このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

977443関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 6 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2749

このビルドは、2009 年 12 月 8 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2748 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
380970978070FIX、メジャー。 < X >。Dim フォルダーが作成されたが予期せず、SQL Server 2008 Analysis Services のキューブを参照するのには管理者権限のないユーザー アカウントを使用する場合

ビルド 10.00.2748


このビルドは、2009 年 11 月 27 日にリリースされました。

このビルドのビルドは、10.00.2746 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
376397975991修正: DBCC CHECKFILEGROUP ステートメント チェックされませんオブジェクトをパーティション分割された SQL Server 2008 でチェックされているファイル グループ内のパーティションのいずれかが表示されない場合

ビルド 10.00.2746 (累積的な更新)


この累積的な更新プログラム パッケージは、2009 年 11 月 16 日にリリースされました。



このビルドのビルド番号は 10.00.2734 です。


このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

975977関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 5 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2740


このビルドは、2009 年 11 月 4 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2734 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
366638976761FIX: SQL Server 2008 クラスターのローリング アップグレードを実行するときエラー メッセージ:"18401、ログインに失敗しました SQLTEST\AgentService のユーザーです。理由: サーバーはスクリプト アップグレード モードです。管理者のみがこの時点で接続できます。[SQLState 42000]"

ビルド 10.00.2734 (累積的な更新)


この累積的な更新プログラム パッケージは、2009 年 9 月 21 日にリリースされました。



このビルドのビルド番号は 10.00.2728 です。


このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

973602関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 4 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2728


このビルドは、2009 年 9 月 6 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.00.2727 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
350151974766FIX: SQL Server 2008 で並列クエリを実行するときエラー メッセージ:「は 1 の並列の入れ子になった xacts がありますが未処理のトランザクションを使用しようとしています」

ビルド 10.00.2727


このビルドは、2009 年 8 月 14 日にリリースされました。

このビルドのビルドは、10.00.2723 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
340874972687FIX: SQL Server 2005 の Management Studio または SQL Server 2008 の Management Studio を使用して SQL Server 2000 データベースを復元するときエラー メッセージ:「要求されたダイアログを表示できません。この要求 (Microsoft.SqlServer.SmoEnum) のデータを取得できませんでした」
340872974231修正: いくつかのファイルはロールバックされません、元のファイル バージョンをスリップ ストリーム インストールを使用するときに適用される SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムをアンインストールした後

ビルド 10.00.2723 (累積的な更新)


この累積的な更新プログラム パッケージは、2009 年 7 月 20 日にリリースされました。



このビルドのビルド番号は 10.00.2721 です。


このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

971491関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 3 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2721


このビルドは、2009 年 6 月 25 日にリリースされました。


このビルドのビルド番号は 10.00.2718 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
325091971136FIX: SQL Server 2008 の varbinary(max) 列に部分的な更新を実行した後、sp_replcmds を実行して手動で、データベースを同期するときエラー メッセージ:「行セットを含まないオフセット-1 での任意の列です」。
325086971985修正: ドリルスルー アクション テーブル グループ内で、SQL Server 2008 Reporting Services のパラメーターが正しくありません値が渡されます

ビルド 10.00.2718


このビルドは、2009 年 6 月 12 日にリリースされました。


このビルドのビルド番号は 10.00.2714 です。


このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
320616FIX 連鎖のレポートのパラメーターは、カスケードのレポート パラメーターの 3 つ以上のレベルが含まれる SQL Server 2008 Reporting Services レポートに一貫性のある、します。
320925971049FIX: ビジネス インテリジェンス開発 Studio で SQL Server 2008 Reporting Services レポートを実行するときエラー メッセージ:「同じキーを持つ項目は既に追加されて」
320925970349多く動作が遅くに false を指定する SQL Server 2005 または SQL Server 2008 で、[自動終了] オプションを変更すると、サブスクリプションのクエリ通知のクエリを修正します。
320925971068修正: カスケード パラメーターを使用して、SQL Server 2008 Reporting Services レポートを SharePoint のサブスクリプションを作成するときにエラー メッセージ:「このレポートが必要です、既定またはユーザー定義の値レポート パラメーター '< パラメーター >' に」

ビルド 10.00.2714 (累積的な更新)


この累積的な更新プログラム パッケージは、2009 年 5 月 19 日にリリースされました。


このビルドのビルド番号は 10.00.2712 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

970315関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 2 のパッケージを更新します。

ビルド 10.00.2712


このビルドは、2009 年 5 月 19 日にリリースされました。


このビルドのビルド番号は 10.00.2710 です。


このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれています。
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報資料の文書番号説明
311109970507修正プログラム: テーブルに挿入を選択してステートメントを実行するときに、SQL Server 2008 でエラー メッセージ:"'< 主キー >' の主キー制約の違反です。オブジェクト '< TableName >' で重複するキーを挿入することはできません」

ビルド 10.00.2710 (累積的な更新)


この累積的な更新プログラム パッケージは、2009 年 4 月 15 日にリリースされました。



このビルドのビルド番号は 10.00.2531 です。


このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

969099関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 1 のパッケージを更新します。

10.00.2531 (SQL Server 2008 Service Pack 1) を作成します。


これは、SQL Server 2008 Service Pack 1 2009 年 4 月 7 日にリリースされたビルドです。


この service pack に含まれている修正プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

SQL Server 2008 Service Pack 1 で修正されるバグの一覧を968369

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルについては、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。

935897 「の増分サービス モデルは、SQL Server チームは、報告された問題に対する修正プログラムを提供

SQL Server 2005 および SQL Server 2008 の更新に関する情報を見つけることができます詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

957826は、SQL Server 2005 Service Pack 2 および SQL Server 2005 Service Pack 3 後リリースされたビルドの SQL Server 2008 以降後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドを SQL Server 2008 の詳細についてを見つけることができます。

SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマを Microsoft SQL Server ソフトウェアの822499

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について
プロパティ

文書番号:970365 - 最終更新日: 2017/02/06 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup

フィードバック