Windows Server 2008 で NTDS ライター PostSnapshot の動作は、Windows Server 2003 に対応する動作によって異なります。

適用対象: Windows Server 2008 Service Pack 2

現象


次のような状況を考えます。
  • インストールされている Active Directory に関連する役割を持つ Windows Server 2008 ベースのコンピューターでは、移動可能な VSS スナップショットを作成します。
  • VSS_VOLSNAP_ATTR_AUTORECOVER フラグが有効になっていません。
このシナリオでは、VSS スナップショットの作成が失敗する可能性があります。さらに、VSS スナップショットを使用したバックアップ操作は、この問題が発生したため失敗します。

原因


Windows Server 2008 で NTDS の VSS ライターの動作は、Windows Server 2003 での VSS ライターの NTDS の動作によって異なります。たとえば、NTDS の VSS ライターが Windows Server 2008 の PostSnapshot の中に自動バックアップを実行しようとします。

NTDS の VSS ライターは、自動バックアップ ・ ビットが有効になっている場合、自動バックアップを実行してくださいに設定されています。移動可能なスナップショットであるし、ハードウェアが自動バックアップを実行できないかどうかに、依頼者が指定されている場合でもは、このビットが VSS は、ライターにフラグを渡すと、常に設定します。このすると、スナップショットの中にそのコンポーネント (つまり、ログを再生、ロール フォワード、トランザクションのロールバック) を修正して NTDS ライターにはアクセスできません。

解決策


Windows Server 2008 の修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行うことがあります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、次回 Windows Server 2008 サービス パックこの修正プログラムが含まれているのリリースを待つことを勧めします。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。

必要条件

この修正プログラムは、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 Service Pack 2 をインストールする必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Server 2008 では、x86 バージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Eventcls.dll6.0.6001.2243419,96815-May-200912:59x86
Vssapi.dll6.0.6001.224341,078,78415-May-200913:02x86
Vsstrace.dll6.0.6001.2243469,12015-May-200913:02x86
Eventcls.dll6.0.6002.2213719,96815-May-200910:45x86
Vssapi.dll6.0.6002.221371,078,78415-May-200912:52x86
Vsstrace.dll6.0.6002.2213769,12015-May-200910:45x86
Vssvc.exe6.0.6001.224341,055,74415-May-200910:59x86
Vssvc.exe6.0.6002.221371,055,74415-May-200910:45x86
Windows Server 2008 では、x64 バージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Eventcls.dll6.0.6001.2243424,06415-May-200913:15x64
Vssapi.dll6.0.6001.224341,497,60015-May-200913:18x64
Vsstrace.dll6.0.6001.2243492,16015-May-200913:18x64
Eventcls.dll6.0.6002.2213724,06415-May-200912:49x64
Vssapi.dll6.0.6002.221371,497,60015-May-200912:52x64
Vsstrace.dll6.0.6002.2213792,16015-May-200912:52x64
Vssvc.exe6.0.6001.224341,433,08815-May-200911:24x64
Vssvc.exe6.0.6002.221371,433,08815-May-200910:59x64
Eventcls.dll6.0.6001.2243419,96815-May-200912:59x86
Vssapi.dll6.0.6001.224341,078,78415-May-200913:02x86
Vsstrace.dll6.0.6001.2243469,12015-May-200913:02x86
Eventcls.dll6.0.6002.2213719,96815-May-200910:45x86
Vssapi.dll6.0.6002.221371,078,78415-May-200912:52x86
Vsstrace.dll6.0.6002.2213769,12015-May-200910:45x86
Windows Server 2008 では、ia-64 バージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Eventcls.dll6.0.6001.2243446,08015-May-200912:49IA-64
Vssapi.dll6.0.6001.224342,622,97615-May-200912:54IA-64
Vsstrace.dll6.0.6001.22434157,69615-May-200912:54IA-64
Eventcls.dll6.0.6002.2213746,08015-May-200912:39IA-64
Vssapi.dll6.0.6002.221372,622,97615-May-200912:44IA-64
Vsstrace.dll6.0.6002.22137157,69615-May-200912:44IA-64
Vssvc.exe6.0.6001.224342,437,63215-May-200911:11IA-64
Vssvc.exe6.0.6002.221372,437,63215-May-200910:59IA-64
Eventcls.dll6.0.6001.2243419,96815-May-200912:59x86
Vssapi.dll6.0.6001.224341,078,78415-May-200913:02x86
Vsstrace.dll6.0.6001.2243469,12015-May-200913:02x86
Eventcls.dll6.0.6002.2213719,96815-May-200910:45x86
Vssapi.dll6.0.6002.221371,078,78415-May-200912:52x86
Vsstrace.dll6.0.6002.2213769,12015-May-200910:45x86

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。