2912 の Virtual Machine Manager 2008年および 2008 R2 が、証明書の発行に失敗した場合のエラー:「要素が見つかりません (0x80070490)」


英語版 KB:971264

現象

システム センター Virtual Machine Manager 2008年を使用して新しい VM または新しい P2V などの仮想マシン間でファイル転送を含む任意のアクションを実行すると、操作は失敗し、次のエラー メッセージが生成されます。

エラー (2912)

% のサーバー名をエージェントに連絡しようとしたときに内部エラーが発生しました。
(要素の (0x80070490) が見つかりませんでした)

推奨アクション
エージェントがインストールされていて実行中であることを確認します。Ws-management サービスがインストールされているし、実行して、エージェントを再起動し、確認してください。

0x80070490 要素が見つかりません。 証明書が見つかりません。

メモ コンソールに表示される正確なエラー メッセージは本質的には汎用的なものし、2912年」や「3154 エラー コードが含まれます。ただし、メッセージは常に「要素が見つかりません」、説明に入ります。

原因

この問題を VMM サーバーから証明書が見つからないか、問題のため、ホストの証明書が不正な名前または FQDN または NetBIOS ではなく IP の使用などに影響するために発生します。

識別し、この問題を確認するには、Dbgview を使用して、トレースをキャプチャする必要があります。Dbgview ツールの入手先など、このプロセスの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

970066 トレースでは、システム センター Virtual Machine Manager を収集する方法

このエラーが発生したときに収集されたスタック トレースからスニペットを次に示します。操作は、VMM サーバーで証明書をチェックする点に注意してください。この問題の別のキーは、BitDeployer.Copy 関数です。

00006921 302.15213013 [1972] at Microsoft.VirtualManager.Engine.Deployment.FileDeploymentServerJobFactory.GetPeerCertificate(WsmanAPIWrapper clientWrapper) 
00006922 302.15213013 [1972] at Microsoft.VirtualManager.Engine.Deployment.ImageDeploymentServerJobFactory.CreateJob(WsmanAPIWrapper serverWrapper, WsmanAPIWrapper clientWrapper, DeploymentFile file, Boolean useHTTPS)
00006923 302.15213013 [1972] at Microsoft.VirtualManager.Engine.Deployment.BitDeployer.Copy()
00006924 302.15213013 [1972] at Microsoft.VirtualManager.Engine.Deployment.DeploySubtask.RunSubtask()
00006948 302.15328979 [1972] *** Carmine error was: HostAgentFail (2912); HR: 0x80070490

解決方法

この問題を解決するには、管理対象のホストを VMM サーバーから削除してその他の証明書はすべて、ホストを VMM サーバーから削除します。次に、ホストを追加し直します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. SCVMM が、コンソールから管理対象のホストを削除します。管理対象のホストを削除する手順については、次の Microsoft TechNet のトピックを参照してください。
  2. 見つけてし、ホスト コンピューターの証明書を削除します。
  3. SCVMM のサーバー上の証明書コンソールを開きます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 新しいコンソールを開くし、証明書スナップインを追加します。
    2. 詳細 コンピューター アカウントローカル コンピューター オプションです。
    3. クリック 終了日します。プロパティ ] スナップインをロードするには。
  4. いずれかの次の場所で、ホスト コンピューターの証明書を指定できます。
    • 個人証明書
    • (ホスト W2K8 または W2K8 の R2 の場合だ) の人を信頼
    • (ホスト W2K3 の場合だ)、ルート機関を信頼
  5. 各店舗での展開、 フレンドリ名 フィールド。
  6. "SCVMM_CERTIFICATE_KEY_CONTAINER"でを開始し、fqdn、IP アドレス、またはホスト サーバーの NetBIOS 名の後にわかりやすい名前を持つホスト サーバーの証明書を探します。
  7. これらの証明書を削除します。
  8. ホストでは、SCVMM を再度追加します。

    メモ 必要に応じて SCVMM の証明書を再作成します。

詳細について

SCVMM は、ペイロードを SCVMM の管理されたコンピューター間で転送するのにビットを使用します。このようなデータの転送は、VMM にホスト コンピューターが追加された時点で生成される自己署名の証明書を使用して暗号化されます。これらの証明書が壊れているか、VMM サーバーまたは管理対象のコンピューターから不足している場合は、ペイロードの展開ジョブが失敗します。再生成するのには、証明書は、証明書を削除して、ホストが追加されます。
プロパティ

文書番号:971264 - 最終更新日: 2017/02/14 - リビジョン: 1

フィードバック