Microsoft Security Essentials の定義ファイルの最新版を手動でダウンロードする方法

適用対象: Windows 7 EnterpriseWindows 7 Home BasicWindows 7 Home Premium 詳細

解決方法


注: 最新の Microsoft Security Essentials ウイルスおよびスパイウェア定義を使用するには、Microsoft Security Essentials がインストールされている必要があります。

Microsoft Security Essentials のウイルスおよびスパイウェア定義更新プログラムの正しいバージョンをインストールするには、次のことを知る必要があります。
  • Windows XP、Windows Vista、または Windows 7 が、32 ビットと 64 ビットのどちらのオペレーティング環境で動作しているか。
  • 管理者として Windows にログオンしているかどうか。
Windows XP、Windows Vista、または Windows 7 の環境の種類がわからない場合や、管理者としてコンピューターにログオンしていることを確認する必要がある場合は、マイクロソフト Web サイト「環境を確認し、管理者アカウントを使用してログオンしているかどうかを確認する」にアクセスしてください。

オペレーティング環境を確認した後で、以下の手順を実行します。
  1. 使用中の Windows のバージョンに適した Microsoft Security Essentials のウイルスおよびスパイウェア定義更新プログラム ファイルをダウンロードします。
    注: 64 ビット版の Microsoft Security Essentials を実行するには、64 ビット版の Windows を搭載している必要があります。64 ビット版の Windows には x64 ベースの Windows が含まれます。
  2. [実行] をクリックして、直ちに定義更新プログラム ファイルをインストールします。または、[保存] をクリックしてコンピューターにファイルを保存します。[保存] をクリックした場合は、ファイルを保存したフォルダーを覚えておきます。
  3. 保存したファイルをインストールするには、次の手順を実行します。
    • Windows XP
      ファイルをダブルクリックし、[OK] をクリックします。
    • Windows Vista または Windows 7
      ファイルを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合は管理者のパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  4. 定義更新プログラム ファイルを実行すると、ファイル展開ダイアログ ボックスが表示されます。ダイアログ ボックスには、定義ファイルの更新版がインストールされることが示されます。ファイル展開ダイアログ ボックスが閉じた後、ウイルスおよびスパイウェアの定義が更新されたことを確認できます。これを行うには、Microsoft Security Essentials を開き、[更新] をクリックして、ウイルスおよびスパイウェアの定義の状態を確認します。

詳細


Microsoft Security Essentials の更新プログラムの問題のトラブルシューティング方法

Microsoft Security Essentials が自動的に更新されない問題を解決するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft Security Essentials の更新の問題のトラブルシューティング