製品の有効期限が正常にアクティブにしない 2007 Microsoft Office サーバーのサービス パック 2 をインストールすると、

ソース:マイクロソフトのサポート

現象

2007 Microsoft Office サーバーのサービス パック 2 のパッケージをインストールすると、製品の有効期限の日付が正しくアクティブ化されます。その結果、この資料の冒頭に記載されている製品のいずれかの期限が切れます Service Pack 2 を展開すると後から 180 日の試用版のインストールを実行した場合と同様です。有効期限の有効化は、有効期限の日付を渡すまで、これらの製品の正規関数を影響しません。有効期限の日付は、Service Pack 2 を展開した後、180 日間を通過します。製品が終了すると、データ、構成、またはアプリケーション コードの有効期限は影響しません。ただし、Office サーバー製品は使用できませんをエンド ・ ユーザー。

さらに、エンタープライズ クライアント アクセス ライセンス、または同様の製品では、Office SharePoint Server の試用版は、[変換] ページに表示されます。

次は Microsoft Office の Project Server 2007 に表示されます。

「試用版は有効期限が切れています」

Project Server 2007 の Microsoft Office のユーザーが次のページのエラーが表示されます。

「予期しないエラー」


原因

この問題は、2007 Microsoft Office サーバーのサービス パック 2 のインストールをアクティブにしない製品の有効期限の日付正しくために発生します。

解決策

この問題を解決するには、以下の更新プログラムのいずれかをインストールします。これらの更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから利用できます。

注: これらの更新プログラムの 1 つは、SharePoint サーバー ファームの一部であるすべての SharePoint サーバーに展開する必要があります。

2007 用の更新プログラム Microsoft Office のサーバー (KB971620)、32 ビット版

Download 2007 用の更新プログラムをダウンロードする Microsoft Office のサーバー (KB971620)、32 ビット版パッケージのようになりました。

2007 用の更新プログラム Microsoft Office のサーバー (KB971620)、64 ビット版

Download 2007 用の更新プログラムをダウンロードする Microsoft Office のサーバー (KB971620)、64 ビット版パッケージのようになりました。

これらの更新プログラムのいずれかをインストールした後、サービス パックを再展開する必要はありません。この更新プログラムを展開する方法の詳細については、サーバーの更新プログラムを展開する方法について Microsoft TechNet の記事を参照してください。Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。



Office SharePoint Server 2007 累積的な更新 Server 修正プログラム パッケージ (MOSS サーバー パッケージ) 2009 年 6 月以降後にリリースされたは、ここで説明されている更新プログラムが含まれます。


手動でこの問題を解決するのには、[ライセンスの種類の変換] ページで、プロダクト キーを入力します。これを行うには、以下の手順を実行します。

注:Project Server 2007 の Microsoft Office の統合された環境のかどうかは、修正プログラムが必要になるではなく、次の手動の手順
  1. [スタート] ボタンすべてのプログラム] をポイントし、 [管理ツール] をポイントし、し、[ SharePoint 3.0 サーバーの全体管理] をクリックします。
  2. [操作] タブをクリックします。
  3. ライセンスの種類を変換] をクリックします。
  4. プロダクト キーのテキスト] ボックスに、製品の識別番号を入力し、し、[ OK] をクリックします。
しばらくした後、ファーム内のすべてのコンピューターで、ライセンス同期プログラム ジョブが実行されます。タイマー ジョブからのライセンスのすべてのコンピューターを更新した後、適切なライセンスがライセンスの種類の変換] ページに反映されます。

プロダクト キーがない場合は、ボリューム ライセンス サービス センターにログインして取得できます。


注: この製品は、プロダクト キーを使用していないために、手動でのソリューションはマイクロソフト検索サーバー 2008 Express の動作しません。
ライセンス タイプの変換] ページでは、不要になった試用モードでは、示されている場合、更新プログラムが正常にインストールされました。

詳細

Q:「解決方法」セクション手順を実行しようとする私は通知プロダクト キー無効です。

A:複数の Sku がインストールされている場合は、最も包括的な製品のプロダクト キーを提供する必要があります。順序付きリストの次のように最上位に表示されている製品のプロダクト キーを使用します。
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007
  • Search Server 2008、Server 2008 Express の検索、または検索のための Microsoft Office SharePoint Server 2007
  • Microsoft Office Project Server 2007
Windows SharePoint Services 3.0 には影響しません。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されている マイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:971620 - 最終更新日: 2017/02/06 - リビジョン: 2

フィードバック