レポートの生成処理が Perfmon.exe を Windows Server 2008 ベースのドメイン コント ローラーに関するレポートを生成するのには Active Directory の診断のテンプレートを使用して実行するとを応答を停止する可能性があります。

適用対象: Windows Server 2008 StandardWindows Server 2008 EnterpriseWindows Server 2008 Datacenter

現象


Perfmon.exe を実行するには、Windows Server 2008 ベースのドメイン コント ローラーに関するレポートを生成するのには Active Directory の診断のテンプレートを使用して、プロセスが応答を停止することがあります。

原因


この問題の原因は、信頼性とパフォーマンス モニター (Perfmon.exe) のコンソールは大量のメモリおよび CPU リソースを消費する TraceRpt.exe ツールを実行するレポートの生成処理中にします。場合は、Windows Server 2008 ベースのサーバーでは、非常にビジー状態であるし、リソースが不足して、レポートの生成プロセスが応答を停止します。

解決策


この問題を解決するには、同じサーバーの役割を持つし、十分なハードウェア リソースを持つ別のコンピューターにファイルをコピーします。ファイルを使用して、TraceRpt.exe を実行します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 信頼性およびパフォーマンス モニター (Perfmon.exe) でコンソール、データ コレクター セット] をクリックしてクリックし、、
    システムです。
  2. Active Directory の診断を右クリックし、[開始] をクリックします。ファイルの収集プロセスは、Windows Server 2008 ベースのドメイン コント ローラー上で起動します。
  3. レポートする状態レポートを生成するためのデータ収集から
    < 時刻 >では、2 つ目の Windows Server 2008 ベースのドメイン コント ローラーにファイルをコピーします。

    注: 次の場所にあるファイルをご覧ください。
    %systemdrive%\Perflogs\ADDS\日付レポートの生成が実行\ *

    注: この"の df"スイッチは、マイクロソフトの特定のカウント レポート スキーマ ファイルを指定するのには、パフォーマンス モニターで生成されます。このファイル名は report.xsl という名前は、
  4. ファイルを見つけて、2 番目の Windows Server 2008 ベースのドメイン コント ローラーで、コマンド ・ ラインで次のコマンドを実行します。
    tracerpt *.blg *.etl -df PerfmonSchemaFileName.xsl -report your_report.html -f html
  5. Windows Internet Explorer を使用すると、生成される .html ファイルを表示できます。

詳細


Windows Server 2008 のパフォーマンスと信頼性の監視のステップ バイ ステップ ガイドを確認するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。