マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: Microsoft Video ActiveX コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される

はじめに

マイクロソフトでは、この問題に関して、IT 担当者向けのマイクロソフト セキュリティ アドバイザリをリリースしました。セキュリティ アドバイザリには、この問題に関連する追加のセキュリティ関連の情報が含まれています。セキュリティ アドバイザリを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

解決方法

マイクロソフトでは、この脆弱性に関する一般からの報告について調査を完了しました。この問題を解決するため、セキュリティ情報 MS09-032 を発行しました。入手可能なセキュリティ更新プログラムのダウンロード リンクなど、この問題の詳細情報については、セキュリティ更新情報 MS09-032 を確認してください。修正される脆弱性は、Microsoft Video ActiveX コントロールの脆弱性 - CVE-2008-0015 です。

この問題を解決するセキュリティ更新プログラムのリリースを入手する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

973346 [MS09-032] ActiveX の Kill Bits の累積的なセキュリティ更新プログラム
セキュリティ情報 MS09-032 の詳細については、次のマイクロソフト Web ページにアクセスしてください。






Video ActiveX コントロールの脆弱性の詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。

プロパティ

文書番号:972890 - 最終更新日: 2009/07/21 - リビジョン: 1

フィードバック