Windows アイデンティティ基盤の説明

はじめに

Windows アイデンティティ基盤 (WIF) は、Microsoft.NET Framework の開発者は、.NET Framework アプリケーションで高度なユーザー機能を有効にするを容易に新しい拡張機能です。相互運用可能な標準のプロトコルに基づき、Windows アイデンティティ基盤とクレーム ベースの id モデル使用できますシングル サインオン (SSO)、パーソナル化、フェデレーション、強力な認証、id の委任、およびその他の識別機能の設置を実行している ASP.NET と Windows Communication Foundation (WCF) アプリケーションやクラウドを有効にします。

システム要件

Windows アイデンティティ基盤では、次のオペレーティング システムのいずれかがインストールされている必要があります。

  • Windows 7 の (32 ビットまたは 64 ビット)
  • Windows Server 2008 R2 (64-ビット)
  • (32 ビットまたは 64 ビット) の Service Pack 2 と Windows Server 2008
  • (32 ビットまたは 64 ビット) の Service Pack 2 と Windows Vista
  • Windows Server 2003 (32 ビットまたは 64 ビット) のサービス パック 2
  • (32 ビットまたは 64 ビット) の Windows Server 2003 R2
Windows アイデンティティ基盤には、インストールするのには、次が必要です。

  • Service Pack 1 および Microsoft.NET Framework 3.5

サポートされている言語

Windows アイデンティティ基盤は、以下の言語でサポートされています。

  • 英語
  • オランダ語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • スペイン語

ダウンロード情報

以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

パッケージ名サポートされているオペレーティング ・ システムプラットフォームダウンロード ファイルのサイズ
Windows6.1-KB974405-x64.msuWindows 7 および Windows Server 2008 R2x64965 KB
Windows6.1-KB974405-x86.msuWindows 7 の場合x86858 KB
Windows6.0-KB974405-x64.msuWindows Vista SP2 および Windows Server 2008 SP2x64969 KB
Windows6.0-KB974405-x86.msuWindows Vista SP2 および Windows Server 2008 SP2x86861 KB
Windows5.2-KB974405-x64.exeWindows Server 2003 SP2x641.2 MB
Windows5.2-KB974405-x86.exeWindows Server 2003 SP2x861.2 MB

Windows Vista SP2、Windows Server 2008 SP2、Windows 7 および Windows Server 2008 R2

Download Windows Vista SP2、Windows Server 2008 SP2、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のパッケージの Windows アイデンティティ基盤のパッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2009 年 11 月 16 日

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

Windows Server 2003 SP2

Download Windows Server 2003 SP2 パッケージの Windows アイデンティティ基盤のパッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2009 年 12 月 18 日

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

詳細

技術的な詳細とホワイト ペーパーの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Windows オペレーティング システムのアップグレード情報

Windows アイデンティティ基盤の Windows Server 2008 または Windows Server 2003 がインストールされている場合は、Windows アイデンティティ基盤は自動的にアンインストールされます、Windows オペレーティング システムを Windows Server 2008 R2 にアップグレードする場合。Windows オペレーティング システムをアップグレードした後、Windows Server 2008 R2 の Windows アイデンティティ基盤のインストール パッケージをインストールする必要が。

Windows アイデンティティ基盤の Windows Server 2003 にインストールされている場合は、Windows アイデンティティ基盤に残りますアップグレードされたオペレーティング システム、Windows オペレーティング システムを Windows Server 2008 にアップグレードするとします。Windows アイデンティティ基盤は、Windows オペレーティング システムをアップグレードして Windows アイデンティティ基盤の Windows Server 2008 を再インストールする前にアンインストールすることをお勧めします。Windows Server 2003 上の Windows アイデンティティ基盤をサイレント モードでアンインストールするのには、次のコマンドを使用できます。
%windir%\\$NtUninstallKB974405$\\spuninst\\spuninst.exe /quiet 
このコマンドを実行するときにエラーが発生した場合は、コントロール パネルのプログラムと機能を使用して Windows アイデンティティ基盤をアンインストールすることをお勧めします。

プライバシー ステートメント情報

Windows アイデンティティ基盤は、次の Windows Server のプライバシーに関する声明で覆われています。

技術上の改定

次の表は、この資料に重要な技術上の改定をします。

日付リビジョン
2009 年 11 月 18 日初版の発行日
2009 年 12 月 18 日Windows Server 2003 のサポートを追加します。
プロパティ

文書番号:974405 - 最終更新日: 2017/02/06 - リビジョン: 1

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Enterprise N, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Home Premium N, Windows 7 Professional, Windows 7 Professional N, Windows 7 Starter, Windows 7 Starter N, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Ultimate N, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Web Server 2008, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Web Server 2008 R2, Windows Vista Service Pack 2, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Business N, Windows Vista Business N 64-bit Edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Basic N, Windows Vista Home Basic N 64-bit Edition, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Starter, Windows Vista Ultimate, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2, Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition

フィードバック