[MS10-031] Microsoft Visual Basic for Applications ランタイムのセキュリティ更新プログラム (2010 年 5 月 11 日) について

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS10-031 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

ホーム ユーザーの場合は、無料サポートを利用できます。米国およびカナダのお客様は、電話で 1-866-PCSAFETY にお問い合わせください。他の地域については、各地域の支社にお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、以下のマイクロソフトの世界のサポート Web サイトを参照してください。 北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトから、無条件の無償電子メール サポートまたは無条件の個人チャット サポートもご利用ください。 法人のお客様向けのセキュリティ更新プログラムのサポートについては、通常ご使用のサポート連絡先をご利用ください。

詳細

このセキュリティ更新プログラムの関連情報

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

  • 中国語版または韓国語版の Windows を実行しているコンピューター上にこのセキュリティ更新プログラムをインストールすると、更新プログラムのインストールを確認するメッセージ テキストには疑問符 (?) が含まれます。
  • 日本語版の Windows を実行しているコンピューター上にこのセキュリティ更新プログラムをインストールすると、更新プログラムのインストールを確認するメッセージ テキストには特殊文字が含まれます。
  • いずれかのバージョンの Visual Basic for Applications 6.0 がインストールされていない、つまり Vbe6.dll ファイルが存在しないコンピューター上にこのセキュリティ更新プログラムをインストールすると、エラー メッセージが表示されずに、更新ファイルがインストールされます。
  • このセキュリティ更新プログラムをインストールした後、IExpress インストーラーに基づく更新プログラムを非対話モードでインストールしようとすると、署名されていないファイルまたは無効な署名のファイルのエラーが発生することがあります。

    この問題の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

    2159784 IExpress インストーラーに基づく更新プログラムを非対話モードで適用しようとすると、署名されていないファイルまたは無効な署名のファイルのエラーが発生する

このセキュリティ更新プログラムを適用するための必要条件

このセキュリティ更新プログラムをインストールするには、次のいずれかの Service Pack がインストールされている必要があります。
  • Microsoft Visual Basic for Applications 6.3 ランタイム
  • Microsoft Visual Basic for Applications 6.4 ランタイム
  • Microsoft Visual Basic for Applications 6.5 ランタイム
また、Windows インストーラー 3.1 以降が対象のコンピューターにインストールされている必要があります。Windows インストーラー 3.1 以降のバージョンをインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかを参照してください。

再起動に関する情報

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、コンピューターを再起動する必要があります。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、次のセキュリティ更新プログラムに置き換わるものです。
921645 [MS06-047] Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) の脆弱性により、リモートでコードが実行される

アンインストール情報

このセキュリティ更新プログラムは一度インストールすると削除できません。

ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (日本語版) のファイル属性は、セキュリティ情報 MS10-031 の「ファイル情報」セクションをご覧ください。

プロパティ

文書番号:974945 - 最終更新日: 2010/06/07 - リビジョン: 1

フィードバック