Windows メールや Outlook Express のデータを Windows Live メールに移行する方法


はじめに


この資料では、Windows メールや Outlook Express のデータを Windows Live メールに移行する方法について説明します。

Windows メールや Outlook Express のデータを Windows Live メールに移行するには、自動で移行する方法と手動で移行する方法があります。

Outlook Express 6、または Windows メールがインストールされているコンピューターに Windows Live メールをインストールする場合は、インストール時にアカウント設定、メール メッセージ、アドレス帳を自動で移行できる方法 A : Windows メールや Outlook Express のデータを自動で Windows Live メールに移行するを実行してください。

手動でデータを移行する場合は、方法 B : Windows メールや Outlook Express のデータを手動で Windows Live メールに移行するを実行してください。Windows Live メールでは、インポート機能を使うことにより、Windows メールや Outlook Express で利用していたデータを手動でも簡単に Windows Live メールに移行できます。方法 B では、以下の 3 つのデータを移行する手順を説明します。この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

方法 A : Windows メールや Outlook Express のデータを自動で Windows Live メールに移行する


Outlook Express 6、または Windows メールがすでにインストールされているコンピューターに Windows Live メールをインストールする場合は、インストール時に既存のアカウント設定、およびメール メッセージがすべて自動的に Windows Live メールにインポートされます。また、Windows アドレス帳に保存されている連絡先もすべてインストール時に Windows Live メールにインポートされます。詳細は、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。Windows Live メールのインストールやサインインする方法については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。

方法 B : Windows メールや Outlook Express のデータを手動で Windows Live メールに移行する


手順 1 : メール メッセージを移行する

  1. Windows Live メールを起動します。

    : 複数のユーザーで使用している場合は、移行するデータを使用しているユーザーでログインします。
  2. メニュー バー の [ファイル] から [インポート] をクリックし、[メッセージ] をクリックします。



    メニュー バーが表示されない場合は、[メニュー] をクリックし、[メニュー バーの表示] をクリックします。

  3. [インポート元の電子メールの形式を選択してください] ボックスの一覧から [Microsoft Outlook Express 6]、または [Windows メール] をクリックして [次へ] をクリックします。

  4. メッセージの場所が自動的に検出されます。この場所が正しくない場合、または他の場所からインポートする場合は、[参照] をクリックし新しいフォルダーを選択します。確認して [次へ] をクリックします。

  5. すべてのフォルダーをインポートする場合は [すべてのフォルダー] をクリックします。 選択されたフォルダーのみインポートする場合は [選択されたフォルダー] をクリックし、[選択されたフォルダー] ボックスの一覧でインポートするフォルダーをクリックします。複数のフォルダーを選択する場合は、コントロール キーを押しながらインポートするフォルダーをクリックします。次に [次へ] をクリックします。

  6. [完了] をクリックします。

  7. インポートされたメール メッセージは、[保存フォルダー] の下にあるフォルダー ウィンドウに表示されます。


手順 2 : 連絡先などのアドレス帳を移行する

  1. Windows Live メールを起動します。

    : 複数のユーザーで使用している場合は、移行するデータを使用しているユーザーでログインします。
  2. ウィンドウの左下にある [アドレス帳] をクリックします。
  3. メニュー バー の [ファイル] から [インポート] をクリックし、[現在の Windows ユーザーのアドレス帳] をクリックします。 メニュー バーが表示されない場合は、[ メニュー] をクリックし、[メニュー バーの表示] をクリックします。

  4. アドレス帳のインポートが実行され、完了を通知するメッセージが表示されます。 [OK] をクリックします。

  5. インポートされた連絡先がアドレス帳に表示されます。

手順 3 : メール アカウントの設定を移行する

  1. Windows メール、または Outlook Express を起動します。

    : 複数のユーザーで使用している場合は、移行するデータを使用しているユーザーでログインします。
  2. メニュー バーの [ツール] から [アカウント] をクリックします。

  3. Windows Live メールに移行したいメール アカウントをクリックし、[エクスポート] をクリックします。

  4. アカウント情報ファイル (.iaf) をエクスポートするフォルダーを指定し、[保存] をクリックします。

  5. [閉じる] をクリックします。
  6. Windows Live メールを起動します。

    : 複数のユーザーで使用している場合は、移行するデータを使用しているユーザーでログインします。
  7. メニュー バーの [ツール] から [アカウント] をクリックし、[インポート] をクリックします。
  8. アカウント情報ファイル (.iaf) を保存したフォルダを指定しアカウント情報ファイルをクリックした後、[開く] をクリックします。

  9. [閉じる] をクリックします。
  10. インポートされたアカウントがフォルダー ウィンドウに表示されます。