FCI 分類ジョブを実行しようとするとき、Windows Server 2008 R2 ではシャドウ コピーが削除します。


現象


Windows Server 2008 R2 を実行しているサーバー上には、ボリューム シャドウ コピー (VSS) プロバイダーからのシャドウ コピーを有効にしているボリュームが必要です。このボリュームには、ファイル分類インフラストラクチャ (FCI) 分類ジョブを実行します。ただし、分類ジョブが完了していないと、古いシャドウ コピーがシャドウ コピーの記憶域から予想よりも高速に削除されます。すべてのシャドウ ・ コピーが、ボリュームから削除される可能性があります。さらに、以下のような複数のエントリがシステム ログに記録されます。

ボリュームVolume_Letterの最も古いシャドウ コピー: Volume_Letterのボリュームのシャドウ コピーのディスク領域の使用状況を維持するのには削除されました: ユーザー定義の値を下回る。
また、以下のようなエントリは、FSRM ログに記録されます。

DDの警告/MM/YYYYhh:mm:ss AM_PM SRMSVC 12310 なし

'\\_QM_\GLOBALROOT\Device\HarddiskVolumeShadowCopy_File_Name'のシャドウ コピーは、ストレージ レポートの生成時に削除されました。 ボリューム 'Volume_Letter:' が不十分であるシャドウ コピーの記憶域を構成する場合があります。 ストレージ レポートは、このボリュームに一時的に利用できないことがあります。
さらに、FSRM のストレージ レポートを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー: RunFileQueries、0x8004532c、ボリューム シャドウ コピーを作成できませんでしたか、予期せず削除されました。

ファイル サーバー リソース マネージャーでは、'\\?\Volume{Volume_PID}\' にマウントされているボリュームのボリュームのスキャン中に予期しないエラーが発生しました ('Volume_Letter:')。確認するのにはこのエラーの根本的な原因の詳細についてを参照してください、アプリケーションとシステム イベント ログでこれらのボリュームに関連する他の FSRM、VSS または VOLSNAP エラー。シャドウ コピーによって次のように VSSADMIN コマンドを使用してこれらのボリュームを作成できるかどうかを確認するも: VSSADMIN 作成シャドウ =Volume_Letterとします。

'Task_name' タスクの名前とレポート ・ ジョブを生成するにエラーが発生しました。
このエラー メッセージが表示されたら、次のエラー メッセージがシステム ログにログに記録を確認します。
例外が発生しました = 致命的なエラー (HRESULT からの例外: 0x8000FFFF (E_UNEXPECTED))

原因


FCI 分類プロセスが分類されている各ファイルのプロパティを格納しているために、この問題が発生します。この現象は、シャドウ コピーが有効になっているボリューム上のファイルを変更します。これらの変更は、VSS プロバイダーによって追跡され、シャドウ コピーの記憶域に保存されます。プロパティがテキスト ファイルに保存されると、のみいくつかキロバイト (KB) のデータが書き込まれます。ただし、Office ファイルのプロパティが保存されると、全体の Office ファイルが書き換えられます。この現象には、はるかに高速の VSS 記憶域が不足します。

最大シャドウ コピーの記憶域サイズの割り当てがこれらすべての変更を保存するのに十分でない場合は、VSS を自動的に削除、最も古いシャドウ コピー先。ファイルのサイズの大きいブロックの場合は、このプロセスは失敗し、同時にストレージ領域からすべての古いシャドウ コピーを削除できます。これは、最初にボリュームを完全に分類を実行するときに特に当てはまります。このアクションは、そのボリューム上の変更の多くを生成する可能性があります。

解決策


この問題を解決するには、次の方法のいずれかの手順に従います。

記憶域のサイズを大ききます。

最初にボリュームの完全な分類を実行する前に、最大記憶域のサイズを増加します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンthe Start button をクリックし、[すべてのプログラム] をクリックして、[アクセサリ] をクリックし、コマンド プロンプト を右クリックします。
  2. [管理者として実行] をクリックします。

    User Access Control permission 管理者のパスワードを入力するメッセージが表示されたら、パスワードを入力します。確認のメッセージが表示されたら、[続行を] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    vssadmin リスト shadowstorage/=Volume_Letter
  4. シャドウ コピーの記憶域を最大値に注意してください。
  5. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    vssadmin shadowstorage のサイズを変更 =Volume_Letter/:/でVolume_Letterを =:/maxsize =Storage_Sizemb
    ここ、 Storage_Sizeでは、プレース ホルダーは、手順 4 でメモした値には、少なくとも 2 倍の値です。
  6. コマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。

増分の分類

最初に、クラス分けを実行すると同時に 1 つだけの名前空間を分類します。同じ分類ジョブ内のすべての名前空間を分類できません。

シャドウ コピーを無効にします。

ボリューム上のシャドウ コピーを無効にすることができます。ボリューム上のシャドウ コピーを無効にすることはお勧めしません。シャドウ コピーのより多くのストレージを割り当てることはできませんし、増分の分類方法がまだストレージ ・ エリアの割り当てを超えている場合のみこのメソッドを使用します。



ボリュームのシャドウ コピーを無効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンthe Start button [管理ツール] をポイントして、[共有と記憶域の管理] をクリックします。
  2. 詳細ペインで、[ボリューム] タブをクリックします。
  3. シャドウ ・ コピーを無効にするボリュームを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
  4. Volume_Name のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[シャドウ コピー ] タブをクリックします。
  5. 無効にする、] をクリックし、し、[はい] をクリックします。