EMS で Exchange Server 2007 サーバー上の特定のコマンドを実行するときにエラー メッセージが表示されます。

現象


次のような状況を考えます。
  • Microsoft Exchange Server 2007 を実行しているコンピューターがあります。
  • 親アドレス一覧と子アドレス一覧で作成、Exchange 管理コンソールします。
  • 親アドレス一覧の名前を変更するとします。
  • 次の 3 つのコマンドレットのいずれかを実行する:一連のメールボックスユーザーのセット、または Exchange 管理シェルでは、複数のユーザに設定します。子アドレス一覧を移動先のユーザーが属しています。
このシナリオでは、エラー メッセージが表示されます。たとえば、実行すると、次のコマンドレット。
Set-Mailbox -Identity <user> -<attribute parameter> <attribute value>
次のエラー メッセージが表示されます。

セット-メールボックス: < Exchange Server の FQDN >で、Active Directory の操作が失敗しました。このエラーは再試行可能なではないです。追加情報: 名前の参照が有効ではありません。

Active Directory ドメイン コント ローラー間でレプリケーションの遅延が考えられます。

Active directory の応答: 000020B5: AtrErr: DSID 03152392、1。

0: 000020B5: DSID 03152392、問題 1005 (CONSTRAINT_ATT_TYPE)、データは 0、Att

90284 (showInAddressBook)

行: 1 文字: 12 時

+ メールボックス設定 <<<< の Id の< ユーザー >< 属性パラメーター ><属性値 >

原因

この問題は、Exchange システム アテンダント サービスは、変更をキャプチャし、親アドレス一覧の名前を変更するときに、親アドレス一覧を更新するために発生します。ただし、子アドレス一覧は更新されません。

解決策

この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
Exchange Server 2007 Service Pack 3 用の更新プログラムのロールアップ 4 2509911の説明

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

セット-メールボックスコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。ユーザー セットのコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。セットのユーザのコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:977906 - 最終更新日: 2017/02/06 - リビジョン: 1

フィードバック