Windows Vista のポリシーの基本設定クライアント側拡張機能の修正プログラム ロールアップをグループ化します。

概要

この資料は、Windows Vista のグループ ポリシー設定 (GPP) クライアント側の拡張機能の修正プログラム ロールアップ パッケージで修正されるバグを一覧表示します。

この修正プログラム ロールアップ パッケージで修正される問題

Windows vista の場合はこの修正プログラム ロールアップ パッケージでは、Windows vista の場合、マイクロソフト サポート技術情報の以下の資料に記載されている以前のすべての修正プログラムが置き換えられます。
974266のグループ ポリシーの基本設定クライアント側拡張機能の修正プログラム ロールアップ

943729については、Windows Server 2008 の新しいグループ ポリシーの基本設定について


次の問題は、この修正プログラム ロールアップ パッケージで修正されます。これらの問題は、以前の Microsoft サポート技術情報資料に記載されていない記載されていた。
  • ターゲット ・ パスでは、分散ファイル システム (DFS) とは、GPP フォルダーを作成することはできません。
  • 項目レベルのセキュリティ グループを対象とするコンピューター オブジェクトの入れ子になったグループを認識しません。
  • レジストリの値と一致する GPP の項目レベルのターゲット設定を構成するとき、照合に失敗します。
  • GPP のデータ ソース名 (DSN) では、DSN 接続の情報] の [ユーザー名が指定されている場合、パスワードが必要です。この修正プログラム ロールアップを適用した後は、DSN 接続の情報] の [空のパスワードを使用できます。
  • 読み取り専用ドメイン コント ローラー (RODC) を持つ Active Directory サイトにログオンするときに大幅な遅延が発生します。実装するとアイテム レベルのフィルタ リングのライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) GPP を使用して、この問題が発生します。
  • GPP できません配置するプリンターで、プリンターの所有者以外に「システム」または「管理者」にします。
  • ターミナル サービスで GPP の項目レベルのターゲット設定を構成する項目レベルのターゲット設定に失敗します。
  • GPP のクライアントでその項目レベルのターゲット設定が処理されるたびにメモリ リークが発生します。
Windows Server 2008 の関連の問題に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
Windows Server 2008 の2414013グループ ポリシーの基本設定クライアント側拡張機能の修正プログラム ロールアップ

詳細

重要 GPP のクライアント側の拡張子を登録解除このプログラムのロールアップ パッケージをアンインストールします。これは、GPP の処理を中断します。したがって、この修正プログラムを適用する前に、修正プログラムをアンインストールする必要はないことを確認してください。マイクロソフトでは、この問題を解決するソフトウェア更新プログラムをリリースする場合、この資料は追加情報を更新します。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行うことがあります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のリリースを待つことを勧めします。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。

必要条件

このパッケージの修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。
  • Windows Vista Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
Windows Vista Service Pack を入手する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

935791 Windows Vista service pack の入手方法

レジストリ情報

レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラム ロールアップ パッケージを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows Vista のファイル情報メモ
重要 Windows Vista の修正プログラムと Windows Server 2008 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれています。ただし、「Windows Vista」 のみが修正プログラムの要求ページに一覧表示されます。 1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページで、"Windows Vista"の下に記載されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次表に記載されているファイルのバージョン番号を調べると確認できます。
    バージョン製品SR_Levelサービス区分
    6.0.600
    1.
    18xxx
    Windows Vista の場合SP1,SP2GDR
  • GDR サービス ブランチには、広範囲にわたる非常に重要な問題に対処する、幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとに、個別に記載されている「Windows Vista のその他のファイル情報」です。MUM ファイルと MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要ですが。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされている x86 ベース バージョンの Windows Vista のすべての
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Gpprefcl.dll6.0.6001.18340653,65617-Dec-200917:58x86
Polprocl.mof該当なし28,27417-Dec-200917:56該当なし
Polprocl.mfl該当なし67,65817-Dec-200918:06該当なし
サポートされているすべてのバージョンの Windows Vista (x64 ベース)
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Gpprefcl.dll6.0.6001.18340852,82417-Dec-200917:58x64
Gpprefcl.dll6.0.6001.18340653,65617-Dec-200917:58x86
Polprocl.mof該当なし28,27417-Dec-200917:56該当なし
Polprocl.mfl該当なし67,65817-Dec-200918:30該当なし

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

追加ファイル情報

Windows Vista 用の追加ファイル情報

すべてサポートされている x86 ベースのバージョンの Windows Vista 用の追加ファイル
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ24,514
日付 (UTC)17-Dec-2009
時刻 (UTC)18:09
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_grouppolicy-preferences-cse-deployment_31bf3856ad364e35_6.0.6001.18340_none_8db975be226a25e2.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,384
日付 (UTC)17-Dec-2009
時刻 (UTC)18:04
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-g..icy-policymaker-mof_31bf3856ad364e35_6.0.6001.18340_none_ba21fb477d11ef8e.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ4,700
日付 (UTC)17-Dec-2009
時刻 (UTC)18:04
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-g..ppolicy-policymaker_31bf3856ad364e35_6.0.6001.18340_none_371dfaf5491c5b1b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ101,531
日付 (UTC)17-Dec-2009
時刻 (UTC)18:04
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべてのバージョンの Windows Vista (x64 ベース) の追加ファイル
ファイル名Amd64_grouppolicy-preferences-cse-deployment_31bf3856ad364e35_6.0.6001.18340_none_e9d81141dac79718.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,746
日付 (UTC)17-Dec-2009
時刻 (UTC)18:32
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-g..icy-policymaker-mof_31bf3856ad364e35_6.0.6001.18340_none_164096cb356f60c4.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ4,997
日付 (UTC)17-Dec-2009
時刻 (UTC)18:32
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-g..ppolicy-policymaker_31bf3856ad364e35_6.0.6001.18340_none_933c96790179cc51.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ101,535
日付 (UTC)17-Dec-2009
時刻 (UTC)18:32
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ24,668
日付 (UTC)17-Dec-2009
時刻 (UTC)18:37
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-g..ppolicy-policymaker_31bf3856ad364e35_6.0.6001.18340_none_9d9140cb35da8e4c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ67,110
日付 (UTC)17-Dec-2009
時刻 (UTC)18:04
プラットフォーム該当なし
プロパティ

文書番号:977983 - 最終更新日: 2017/02/06 - リビジョン: 1

Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition

フィードバック