Service pack 2 の Forefront Security Exchange Server の修正プログラム ロールアップ 1 の説明

はじめに

マイクロソフトは、Exchange Server の Service Pack 2 の Forefront Security の修正プログラム ロールアップ 1 をリリースしました。この資料には、プログラムのロールアップの入手方法およびプログラムのロールアップで修正される問題に関する情報が含まれています。



Service Pack 2 に含まれている修正プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Exchange Server のサービス パック 2 の Forefront Security の960465の説明

修正プログラムのロールアップの新機能

  • サイレント パラメーターが Exchange の Forefront サーバーのセキュリティにこれらのサービスでサポートされていますBUG #: 78662 (FSS)
    このプログラムのロールアップでは、アクティブなクラスター ノードで FSCUtility.exe で使用するための新しいサイレント パラメーターを追加します。サイレント パラメーターは、通常表示される次のコマンドを実行すると、確認のプロンプトを回避できます。
    • FSCUtility.exe /enable
    • FSCUtility.exe /disable
    サイレント パラメーターを使用する新しい構文は次のとおりです。
    • Exchange の Forefront サーバーのセキュリティを無効にすると、クラスター上の Exchange 仮想サーバー (EVS) またはクラスター化メールボックス サーバー (CMS) を自動的にオフラインの実行します。
      FSCUtility.exe /disable /silent
    • Exchange の Forefront サーバーのセキュリティを有効にすると、クラスター上の EVS と CMS に自動的にオンラインの表示。
      FSCUtility.exe /enable /silent

詳細

Exchange Server の Service Pack 2 の Forefront Security の修正プログラム ロールアップ 1 で修正される問題


に加えて、Exchange Server の Forefront Security のすべてのサービス パックおよびプログラムのロールアップに含まれる修正は、この修正プログラム ロールアップには以下の問題に対する修正が含まれています。

修正プログラムのロールアップで修正される問題の詳細

  1. AD マーカーで表示されている Exchange のバージョンの Forefront Security がクライアントに表示されているバージョンに一致しません
  2. Exchange forefront Security が大量のメモリでは、Exchange サービスの再起動が必要に消費する可能性があります。
  3. Exchange サービスの再起動が必要なメールボックス サーバーで実行中、Exchange の forefront Security が多すぎるメモリを消費する可能性があります。
  4. Forefront の EngineSync とファイルの同期は、CCR クラスター上で同時に実行できません、エラーが ProgramLog.txt ファイルに生成されるロックを実行します。
  5. リタイアしたエンジンのすべてのスキャン ジョブとその関連するスキャナーの更新を無効にした場合でも、エンジンの廃止 (退職) 通知を抑制することはできません。
  6. 多数の RPC 要求の潜在顧客の Exchange Forefront Security を実行している Exchange サーバー上のメール キューを遅くには
  7. Forefront のアーカイブ フォルダーから電子メール メッセージを配信することはできません。
  8. FSCController.exe プロセスが応答を停止可能性があります。これにより、バケット ID 671966687 を参照するワトソン博士のクラッシュが生成されます。
  9. 大量のログ出力の Forefront Security の交換可能性があります低速のメール フローとメール キュー Exchange
  10. FSCController.exe プロセスが応答を停止可能性があります。これにより、バケット ID 653246026 を参照するワトソン博士のクラッシュが生成されます。
  11. MaxUnCompressedFileSize レジストリ エントリを 0 xffffffff に設定するとファイルが「CorruptedCompressedFile」として検出されます。
  12. Exchange の forefront サーバーのセキュリティは、"日本語 (EUC)"MIME 形式でエンコードされているファイルをフィルターできません。
  13. P7S ファイルが"CorruptedCompressedFile"として検出された Exchange の Forefront サーバーのセキュリティは、デジタル署名されたメッセージをスキャンする場合
  14. インストールのルートには、「プログラム」という名前ファイルが含まれている場合、Exchange サービスの forefront サーバーのセキュリティを開始できません
  15. Exchange の forefront サーバーのセキュリティが検出が正しくない CorruptedCompressedFile ウイルスが有効な Office Word 2003 ドキュメントに含まれています。
  16. 無効になるし、Forefront Server Security Exchange の既定の設定に戻すには、既存のファイル フィルター リストの名前を変更します。
  17. パフォーマンスの向上により、Forefront Server セキュリティ Exchange 2007 のすべてのウイルスに感染したファイルをスキャンするベータ版を使用して作成された Microsoft Office ドキュメント
  18. Exchange の Forefront サーバーのセキュリティは、特定の GZip ファイルをスキャンする場合、スキャン プロセスのメモリが解放されません。
  19. Exchange の Forefront サーバーのセキュリティは、GZip ファイル内の TAR ファイルをスキャンする場合、スキャン プロセスのメモリが解放されません。
  20. Exchange の Forefront サーバーのセキュリティが別のアーカイブ (圧縮) ファイル内の Mac の Zip ファイルをスキャンする場合、スキャン プロセスのメモリが解放されません。
  21. Exchange の Forefront サーバーのセキュリティのすべてのエンジンの更新が無効になって場合は、FSS ELI タスクは作成されません。
  22. すべてエンジンに Forefront サーバーのセキュリティ更新プログラム ロール用に Exchange インストール ルートには、「プログラム」という名前ファイルが含まれている場合
  23. Exchange の Forefront サーバーのセキュリティのサイレント インストールを実行すると、フィルター リストの設定が適用されません。
  24. FSCRealtimeScanner.exe プロセスは Exchange の Forefront サーバーのセキュリティでは、大量のメモリを消費します。
  25. 多くの受信者が指定されている電子メール メッセージをスキャンするときに、FSCRealtimeScanner.exe プロセスがクラッシュします。
  26. Forefront Exchange の手動スキャンの実行中に例外が発生する"ExceedinglyNested"の検出とファイルの削除
  27. Exchange の Forefront Security の最前線の診断を生成しようとすると、表示されたら、「任意のキーを押す」にデータ収集を完了するのには
  28. エンジンの更新が失敗すると Forefront で Exchange の無効なデータベースのパスにあるため、Forefront はエラーを記録しません
  29. 受信側のサーバーが Forefront のすべての設定が失われる可能性があり、メールのスキャンを停止することがありますから Exchange のインストールの 1 つの Forefront Security Exchange のインストールを別のサーバー上の別の Forefront セキュリティ テンプレートを適用する場合
  30. スキャン エンジンの更新が失敗し、警告メッセージが ProgramLog.txt ファイルに記録されます。
注: このセクションに記載されているすべての修正プログラム適用 Forefront Security Exchange Server Service Pack 2 の特に明記しない限り、します。
  1. AD マーカーで表示される製品のバージョンの Exchange の Forefront Security をクライアントに表示されるバージョンに一致しませんBUG #: 78318 (FSS)

    現象
    クリックするとForefront サーバーの [ヘルプ] メニューの交換に、記載されている製品バージョンがクライアント上で正確です。ただし、いないのは、対応する Active Directory (AD) のマーカーで表示されている製品のバージョンです。


    この違いには、機能の問題とされません。
  2. Exchange forefront Security Exchange サービスの再起動が必要になる大量のメモリを消費可能性があります。BUG #: 86218 (FSS)

    現象
    ユーザーには、低速のメール フローとメール配信の中断が発生します。

    原因
    FSCRealtimeScanner.exe と FSCTransportScanner.exe のプロセスでメモリ リークが発生が確認されました。このメモリ リークには、ユーザーがメモリ リソース不足のため lulls とメール フローの中断が発生する可能性があります。
  3. Exchange forefront Security Exchange サービスの再起動を必要とするメールボックス サーバーで実行すると、大量のメモリを消費する可能性があります。BUG #: 83690 (FSS)

    現象
    ユーザーには、低速のメール フローとメール配信の中断が発生します。

    原因
    FSCRealtimeScanner.exe プロセスでメモリ リークが発生が確認されました。このメモリ リークには、ユーザーがメモリ リソース不足のため lulls とメール フローの中断が発生する可能性があります。
  4. 現在までの EngineSync とファイルの同期は、CCR クラスターでは、ProgramLog.txt ファイルにエラーが生成されるロックを実行する上で同時に実行できません。BUG #: 51232 (FSS)

    現象
    ProgramLog ファイルには、次のエラーが含まれています。
    日付と時間: (1432-1884) は、"警告: ファイルの同期 (Thread)::CCR::FileSync::Run(): filesync.cpp:335: ロックを実行する Forefront を入手することはできません'Notifications.fdb' のレプリケーションはスキップします。



    日付/時刻: 2008 (1432-1884) は、"警告: ファイルの同期 (Thread)::CCR::FileSync::Run(): filesync.cpp:335: ロックを実行する Forefront を入手することはできません'FileScanners.fdb' のレプリケーションはスキップします。
    アプリケーション ログに次のエラーが含まれています:原因と、Forefront サーバーの Exchange クラスター連続レプリケーション (CCR) クラスター上で実行、エンジンのファイルと各ノード間でデータベース ファイルを同期する必要があります。同時に同期する場合は、ProgramLog.txt ファイルに、アプリケーション ログにエラーが生成されます。

    エンジンの同期が完了したら、ファイルの同期が発生する可能性があるために、機能の問題はありません。
  5. リタイアしたエンジンのすべてのスキャン ジョブとその関連するスキャナーの更新を無効にした場合でも、エンジン廃止 (退職) 通知を非表示にすることはできません。BUG #: 83273 (FSS)

    現象
    Exchange forefront では、エンジンの使用率に関連するスキャン ジョブの設定に関係なく無効にできないエンジンの廃止の通知を生成します。


    Exchange の特定のエンジンの deprecations の管理者に電子メール メッセージが生成されます。これらのメッセージには、Sophos の例を次のような文字列が含まれています。
    対策は、2009 年 1 月 07 日の時点では推奨されていませんし、2009 年 1 月 12 日までのみ利用可能になります。このエンジン用の更新プログラムは、2009 年 1 月 12 日後に停止します。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=152864 を参照してください。
  6. 多数の RPC 要求が Exchange の Forefront Security を実行している Exchange サーバー上のメール キューが低下します。BUG #: 75039 (FSS)

    現象
    多数の RPC 要求は、exchange Forefront Security を実行している Exchange サーバー上のリソースの消耗し、低速のメール キューにあります。
  7. Forefront のアーカイブ フォルダーから電子メール メッセージを配信することはできません。BUG #: 78265 (FSS)

    現象
    Exchange のピックアップ フォルダーにドロップすると、メッセージを配信できないメールをアーカイブします。

    原因
    この問題は、Forefront のトランスポート スキャンを初期化できない場合に発生します。メールのスキャンを実行できませんが、状態のままにする原因になります。不完全なヘッダー情報が含まれている可能性があるために、Forefront のアーカイブ フォルダーにドロップするすべてのメールは配信されません。
  8. 、FSCController.exe プロセスが応答を停止可能性があります。これは、バケット ID 671966687 を参照するワトソン博士のクラッシュが生成されますBUG #: 64231 (FSS)

    現象
    FSCController.exe プロセスが応答を停止可能性があります。これには、バケット ID 671966687 を参照するワトソン博士のクラッシュが生成されます。クラッシュには、次のスタック ダンプ出力が生成されます。
    OLE32.DLL!CStdMarshal::DisconnectCliIPIDs [marshal.cxx]

    OLE32.DLL!CStdMarshal::Disconnect [marshal.cxx]

    OLE32.DLL!CStdMarshal::HandlePendingDisconnect [marshal.cxx]

    OLE32.DLL!CStdMarshal::Finish_QueryRemoteInterfaces [marshal.cxx]

    OLE32.DLL!CStdMarshal::QueryRemoteInterfaces [marshal.cxx]

    OLE32.DLL!CStdIdentity::CInternalUnk::QueryMultipleInterfaces [stdid.cxx]

    OLE32.DLL!CStdIdentity::CInternalUnk::QueryInterface [stdid.cxx]

    RPCRT4.DLL!IUnknown_QueryInterface_Proxy [proxy.cxx]

    FSCCONTROLLER.EXE!CRealtimeProxy::DisableScanEngine [realtimeproxy.cpp]

    FSCCONTROLLER.EXE!CSybariService::DisableScanEngines [sybariservice.cpp]

    RPCRT4.DLL!Invoke [stubless.asm]

    RPCRT4.DLL!NdrStubCall2 [srvcall.cxx]

    RPCRT4.DLL!CStdStubBuffer_Invoke [stub.cxx]

    OLE32.DLL!SyncStubInvoke [channelb.cxx]

    OLE32.DLL!StubInvoke [channelb.cxx]

    OLE32.DLL!CCtxComChnl::ContextInvoke [ctxchnl.cxx]

    OLE32.DLL!MTAInvoke [callctrl.cxx]

    OLE32.DLL!STAInvoke [callctrl.cxx]

    OLE32.DLL!AppInvoke [channelb.cxx]

    OLE32.DLL!ComInvokeWithLockAndIPID [channelb.cxx]

    OLE32.DLL!ComInvoke [channelb.cxx]

    OLE32.DLL!ThreadDispatch [chancont.cxx]

    OLE32.DLL!ThreadWndProc [chancont.cxx]

    USER32.DLL!InternalCallWinProc [callproc.asm]

    USER32.DLL!UserCallWinProcCheckWow [clmsg.c]

    USER32.DLL!DispatchMessageWorker [clmsg.c]

    USER32.DLL!DispatchMessageW [cltxt.h]

    FSCCONTROLLER.EXE!CServiceModule::Run [antigenservice.cpp]

    FSCCONTROLLER.EXE!CServiceModule::ServiceMain [antigenservice.cpp]

    ADVAPI32.DLL!ScSvcctrlThreadA [scapi.cxx]

    KERNEL32.DLL!BaseThreadInitThunk [thread.c]

    NTDLL.DLL!__RtlUserThreadStart [rtlexec.c]

    NTDLL.DLL!_RtlUserThreadStart [rtlexec.c]
  9. すぎるくらいのログ出力のでは、Forefront Security Exchange メール フローとメールのキューで生じる ExchangeBUG #: 73540 (FSS)

    現象
    ユーザーの低速のメール フローとメールのキューを Exchange で発生することがあります。

    原因
    この問題は、Forefront Security Exchange のログインの既定のレベルになったリソースを消費するときに発生します。
  10. 、FSCController.exe プロセスが応答を停止可能性があります。これは、バケット ID 653246026 を参照するワトソン博士のクラッシュが生成されますBUG #: 49254 (FSS)

    現象
    FSCController.exe がクラッシュする可能性があります。これには、バケット ID 653246026 を参照するワトソン博士のクラッシュが生成されます。クラッシュには、次のスタック ダンプ出力が生成されます。
    FSCCONTROLLER.EXE!CRealtimeProxy::Shutdown [realtimeproxy.cpp]

    FSCCONTROLLER.EXE!ShutdownStorageGroup [sybariservice.cpp]

    FSCCONTROLLER.EXE!CSybariService::ShutdownStorageGroup [sybariservice.cpp]

    FSCCONTROLLER.EXE!CSybariService::ShutdownStorageGroup [sybariservice.cpp]

    RPCRT4.DLL!Invoke [stubless.asm]

    RPCRT4.DLL!NdrStubCall2 [srvcall.cxx]

    RPCRT4.DLL!CStdStubBuffer_Invoke [stub.cxx]

    OLEAUT32.DLL!CUnivStubWrapper::Invoke [rpcwrap.cpp]

    OLE32.DLL!SyncStubInvoke [channelb.cxx]

    OLE32.DLL!StubInvoke [channelb.cxx]

    OLE32.DLL!CCtxComChnl::ContextInvoke [ctxchnl.cxx]

    OLE32.DLL!MTAInvoke [callctrl.cxx]

    OLE32.DLL!STAInvoke [callctrl.cxx]

    OLE32.DLL!AppInvoke [channelb.cxx]

    OLE32.DLL!ComInvokeWithLockAndIPID [channelb.cxx]

    OLE32.DLL!ComInvoke [channelb.cxx]

    OLE32.DLL!ThreadDispatch [chancont.cxx]

    OLE32.DLL!ThreadWndProc [chancont.cxx]

    USER32.DLL!InternalCallWinProc [callproc.asm]

    USER32.DLL!UserCallWinProcCheckWow [clmsg.c]

    USER32.DLL!DispatchMessageWorker [clmsg.c]

    USER32.DLL!DispatchMessageW [cltxt.h]

    FSCCONTROLLER.EXE!CServiceModule::Run [antigenservice.cpp]

    FSCCONTROLLER.EXE!CServiceModule::ServiceMain [antigenservice.cpp]

    ADVAPI32.DLL!ScSvcctrlThreadA [scapi.cxx]

    KERNEL32.DLL!BaseThreadInitThunk [thread.c]

    NTDLL.DLL!__RtlUserThreadStart [rtlexec.c}

    NTDLL.DLL!_RtlUserThreadStart [rtlexec.c]
  11. MaxUnCompressedFileSize レジストリ エントリを 0 xffffffff に設定すると"CorruptedCompressedFile"として検出されたファイルBUG #: 64852 (FSS)

    現象
    MaxUnCompressedFileSize レジストリ エントリの値を 0 xffffffff に設定すると Exchange の Forefront サーバーのセキュリティは、のサイズに関係なく"CorruptedCompressedFile、"としてファイルを検出します。


    設定Forefront の管理者コンソールで、[全般オプション] 領域の [壊れた圧縮ファイルを削除の設定を有効にした場合、ファイルも削除されます。
  12. Exchange の forefront サーバーのセキュリティは、"日本語 (EUC)"MIME 形式でエンコードされているファイルをフィルターできません。BUG #: 75962 (FSS)

    現象
    ファイル名が ProgramLog.txt ファイルに書き込まれると場合、文字化けが表示されは日本語で元のファイル名を表しています。

    原因
    この問題は、「日本語 (EUC)"MIME 形式でエンコードされた電子メール メッセージ内の添付ファイルを送信するときに発生します。Exchange の Forefront サーバーのセキュリティは、添付ファイルをスキャンする際に、ファイル名の拡張子を正しく識別することはできませんし、ファイルは、スキャンされていないを通過します。
  13. P7S ファイルは Exchange の Forefront サーバーのセキュリティは、デジタル署名されたメッセージをスキャンする場合「CorruptedCompressedFile」として検出されます。BUG #: 82339 (FSS)

    現象
    ファイルは、"CorruptedCompressedFile"として検出され、圧縮が壊れているインシデントパネルに表示されます。

    原因
    これは、メッセージにデジタル署名するときに発生します。メッセージのデジタル署名は、P7S ファイルで実行されます。このファイルはメッセージに添付します。"CorruptedCompressedFile"として検出されると、Exchange の Forefront サーバーのセキュリティは、P7S ファイルをスキャンし、


    設定Forefront の管理者コンソールで、 [全般オプション]領域の [壊れた圧縮ファイルを削除の設定を有効にした場合、ファイルも削除されます。
  14. インストールのルートには、「プログラム」という名前ファイルが含まれている場合、Exchange サービスの forefront サーバーのセキュリティを開始できませんBUG #: 84074 (FSS)

    現象
    インストール ルート (c: など) には、「プログラム」という名前のファイルが含まれている場合、Exchange の forefront サーバーのセキュリティを開始できません。

    原因
    Exchange サービスの forefront サーバーのセキュリティでは、スタートアップ時に、発生する実行可能ファイルのパスを囲む引用符は含まれません。これは、パス内のファイルを検索するシステムです。パスは、"C:\Program Files (x86) \Microsoft Forefront Security\Exchange Server\FSEMailPickup.exe です"と"C:\Program"という名前のファイルが検索など、つまり、Forefront 間違ったファイルが検索サービスを開始できません。

    回避策
    この問題が発生するいるし、すぐに解決するためにプログラムのロールアップ パッケージをインストールすることはできません、サービス レジストリの実行可能ファイルのパスを囲む引用符を追加することによって問題を回避することができます。これは、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されています。
    812486イベント ID 7000 とサービスを開始するときにエラー メッセージ「%1 は有効な Win32 アプリケーションではありません」

  15. Exchange の forefront サーバーのセキュリティは、CorruptedCompressedFile ウイルスが有効な Office Word 2003 ドキュメントに含まれているが正しく検出されることがBUG #: 79006 (FSS)

    現象
    Exchange の forefront サーバーのセキュリティが検出が正しくない CorruptedCompressedFiles ウイルスが有効な Microsoft Office Word 2003 ドキュメントに含まれています。



    電子メールの添付ファイルは削除され、インシデントパネルで、ファイルを CorruptedCompressedFile ウイルスとして削除されたことを示すインシデントが記録されます。ProgramLog.txt ファイルには、次のエントリが含まれています。
    情報: リアルタイム スキャンでウイルスが検出されました: フォルダー: ストレージ Group\file 名前のフォルダー名メッセージ: サポート案件の件名: CorruptedCompressedFile 状態: 削除
    このメッセージでは、フォルダー名reoresents で、ウイルスが発見されたフォルダーの名前のプレース ホルダーです。

    原因
    Forefront サーバーのセキュリティを使用して Word 文書を解析しようとするメソッドでは、このエラーが発生します。
  16. 無効になるし、Exchange の Forefront サーバーのセキュリティの既定の設定に戻すには、既存のファイル フィルター リストの名前を変更します。BUG #: 79109 (FSS)

    現象
    フィルター一覧の下の領域にフィルター Forefront 管理コンソールで、[] 領域の [ファイル、ファイル フィルター リストの既存のファイル フィルター リストの名前を変更する] の下のフィルタ リングが無効になります。アクション全般、および識別などのすべての構成設定は、既定値に設定されます。
  17. のパフォーマンスの向上により、Forefront Server セキュリティ Exchange 2007 のすべてのウイルスに感染したファイルをスキャンするベータ版を使用して作成された Microsoft Office ドキュメントBUG #: 79118 (FSS)

    現象
    2007 Office (OPENXML) のいくつかのドキュメントには、「隠し」サブ ファイルが含まれます。これらのドキュメントには、ドキュメントの Document.xml.rels ファイルで参照されていないファイルがあります。2007 年の「隠し」ファイルをスキャンするために使用される追加のコードで特定の非効率性が検出された Office ドキュメント。

    詳細
    この問題の修正プログラムより少ないシステム リソースを使用してファイルをより効率的にスキャン Exchange の Forefront サーバーのセキュリティを使用できます。


    注: 2007 年の最初のリリース Office には、ドキュメントの Document.xml.rels ファイルで参照されていないすべてのファイルが開きません。
  18. Exchange の Forefront サーバーのセキュリティは、特定の GZip ファイルをスキャンする場合は、スキャン プロセスのメモリが解放されません。BUG #: 84734 (FSS)

    現象
    GZip ファイルがスキャンされた後、Exchange の forefront サーバーのセキュリティはスキャン プロセスのメモリを解放しません。


    この問題が原因で、Forefront のスキャン プロセス (FSCRealtimeScanner.exe、FSCTransportScanner.exe、または FSCManualScanner.exe) に急激な増加によって消費され、サーバーでメモリ不足の状態が発生する可能性がありますメモリがあります。


    この問題が発生した場合は、ProgramLog.txt ファイルに書き込まれる次のエントリのいずれかを見つける可能性があります。
    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ =「メモリ不足」プログラムの実行を続行します」。

    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ"システムではこれ以上のスレッドを作成できます。(HRESULT からの例外: 0x800700A4)""

    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ」の値はありません予想範囲内"="。

    "診断: localizestream.cpp::LocalizeStream(): ローカル ストリーム 0x8007000e にメモリを割り当てられませんでした」



    "エラー: ReadWideCharBufferFromStream(): 5572 バイトの読み取りを実行しようとしました。読み取られた実際のバイトは、0 でした。hr = 8007000e」



    "エラー: FSCRealtimeScanner: 例外 (0xc0000005) をアドレス 0x056C3769、p [0] = 0x0、p [1] = 0x3287224f」

    "eax=0x00000000 ebx=0x32871fb7 ecx=0x07bdcfd0 edx=0x328721cd"

    "esi=0x07c8e3dc edi=0x32871fb7 ebp=0x07c6f0d0 esp=0x0102a2f8"

    "102a2f0: 00000000 00000000 00000000].


    "102f720: 00000004 0042378f 8007000e」
    さらに、次のエントリは、HRLog.txt ファイルに書き込まれます可能性があります。
    "情報: F 0x8007000e、775-(primaryobject)」

    "情報: F 0x8007000e、1209-(primaryobject)」

    "情報: F 0x8007000e、1855-(primaryobject)」

    "情報: S 0x8007000e、7103-(workthread)」
    これらのエントリの多くが含まれている、「十分な記憶域がこの操作を完了する」ことを意味する 16 進数コード 0x8007000E、または"ERROR_OUTOFMEMORY"にします。
  19. Exchange の Forefront サーバーのセキュリティは、GZip ファイル内の TAR ファイルをスキャンする場合は、スキャン プロセスのメモリが解放されません。BUG #: 84735 (FSS)

    現象
    Exchange の forefront サーバーのセキュリティは、tarball ファイルをスキャンするスキャンのプロセスからのメモリを解放しません (TAR ファイルが GZip ファイル内で次のように圧縮します。 tar.gz .tgz ファイル)。


    この問題が原因で、Forefront のスキャン プロセス (FSCRealtimeScanner.exe、FSCTransportScanner.exe、または FSCManualScanner.exe) に急激な増加によって消費され、サーバーでメモリ不足の状態が発生する可能性がありますメモリがあります。


    この問題が発生した場合は、ProgramLog.txt ファイルに書き込まれる次のエントリのいずれかを見つける可能性があります。
    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ =「メモリ不足」プログラムの実行を続行します」。

    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ"システムではこれ以上のスレッドを作成できます。(HRESULT からの例外: 0x800700A4)""

    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ」の値はありません予想範囲内"="。

    "診断: localizestream.cpp::LocalizeStream(): ローカル ストリーム 0x8007000e にメモリを割り当てられませんでした」



    "エラー: ReadWideCharBufferFromStream(): 5572 バイトの読み取りを実行しようとしました。読み取られた実際のバイトは、0 でした。hr = 8007000e」



    "エラー: FSCRealtimeScanner: 例外 (0xc0000005) をアドレス 0x056C3769、p [0] = 0x0、p [1] = 0x3287224f」

    "eax=0x00000000 ebx=0x32871fb7 ecx=0x07bdcfd0 edx=0x328721cd"

    "esi=0x07c8e3dc edi=0x32871fb7 ebp=0x07c6f0d0 esp=0x0102a2f8"

    "102a2f0: 00000000 00000000 00000000].


    "102f720: 00000004 0042378f 8007000e」
    さらに、次のエントリは、HRLog.txt ファイルに書き込まれます可能性があります。
    "情報: F 0x8007000e、775-(primaryobject)」

    "情報: F 0x8007000e、1209-(primaryobject)」

    "情報: F 0x8007000e、1855-(primaryobject)」

    "情報: S 0x8007000e、7103-(workthread)」
    これらのエントリの多くには、16 進数コード 0x8007000E が含まれています。つまり「記憶領域の不足がこの操作を完了する」または"ERROR_OUTOFMEMORY"にします。
  20. Exchange の Forefront サーバーのセキュリティが別のアーカイブ (圧縮) ファイル内の Mac の Zip ファイルをスキャンする場合は、スキャン プロセスのメモリが解放されません。BUG #: 84733 (FSS)

    現象
    Exchange の forefront サーバーのセキュリティでは、別のアーカイブ (圧縮) ファイル内の Mac の Zip ファイルをスキャンするスキャン プロセスからメモリを解放しません。


    この問題が原因で、Forefront のスキャン プロセス (FSCRealtimeScanner.exe、FSCTransportScanner.exe、または FSCManualScanner.exe) に急激な増加によって消費され、サーバーでメモリ不足の状態が発生する可能性がありますメモリがあります。


    この問題が発生した場合は、ProgramLog.txt ファイルに書き込まれる次のエントリのいずれかを見つける可能性があります。
    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ =「メモリ不足」プログラムの実行を続行します」。

    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ"システムではこれ以上のスレッドを作成できます。(HRESULT からの例外: 0x800700A4)""

    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ」の値はありません予想範囲内"="。

    "診断: localizestream.cpp::LocalizeStream(): ローカル ストリーム 0x8007000e にメモリを割り当てられませんでした」



    "エラー: ReadWideCharBufferFromStream(): 5572 バイトの読み取りを実行しようとしました。読み取られた実際のバイトは、0 でした。hr = 8007000e」



    "エラー: FSCRealtimeScanner: 例外 (0xc0000005) をアドレス 0x056C3769、p [0] = 0x0、p [1] = 0x3287224f」

    "eax=0x00000000 ebx=0x32871fb7 ecx=0x07bdcfd0 edx=0x328721cd"

    "esi=0x07c8e3dc edi=0x32871fb7 ebp=0x07c6f0d0 esp=0x0102a2f8"

    "102a2f0: 00000000 00000000 00000000].

    "102f720: 00000004 0042378f 8007000e」
    さらに、次のエントリは、HRLog.txt ファイルに書き込まれます可能性があります。
    "情報: F 0x8007000e、775-(primaryobject)」

    "情報: F 0x8007000e、1209-(primaryobject)」

    "情報: F 0x8007000e、1855-(primaryobject)」

    "情報: S 0x8007000e、7103-(workthread)」
    これらのエントリの多くには、16 進数コード 0x8007000E が含まれています。つまり「記憶領域の不足がこの操作を完了する」または"ERROR_OUTOFMEMORY"にします。

    原因
    この問題は、Forefront の TNEFNavigator.dll ファイルに問題が発生します。
  21. Exchange の Forefront サーバーのセキュリティのすべてのエンジンの更新が無効になっている場合、いいえ FSS ELI タスクが作成されます。BUG #: 86841 (FSS)

    現象
    FSS ELI タスクの責任では、EngineInfo.cab では、Forefront のエンジン ライセンス情報 (ELI) ファイルを更新します。[スキャナーの更新] 領域で Forefront の管理者コンソールで、[設定] の下のすべてのエンジンのエンジンの更新が許可されていない場合は、FSS ELI タスクは作成されません。たとえば、FSSMC を使用してエンジンを一元的に配布する場合は、この構成を選択できます。

    回避策
    この問題が発生するいるし、すぐに解決するためにプログラムのロールアップ パッケージをインストールすることはできません、この問題を回避するには、次の手順で。
    1. [スキャナーの更新] 領域で Forefront の管理者コンソールで [設定] の下に少なくとも 1 つのエンジン更新スケジュールを設定します。
    2. FSS ELI タスクを作成する Exchange の Forefront サーバーのセキュリティをできるようにするのには、Forefront と Exchange サービスを再起動します。
  22. すべてのエンジンの更新プログラムがインストールのルートには、「プログラム」という名前ファイルが含まれている場合、Exchange の Forefront サーバー セキュリティのロールバックBUG #: 84082 (FSS)

    現象
    Exchange の Forefront サーバーのセキュリティでのスキャン エンジンを更新しようとすると、それをロールバックします。新しいスキャン エンジンがダウンロードされますが、それを統合することはできません。新しいエンジンは、ロールバック、および Forefront は、古いエンジンに戻ります。

    次のエントリは、アプリケーション ログに、実行しようとしたエンジンの更新プログラムごとに ProgramLog.txt に書き込まれます可能性があります。次の使用例は、Microsoft のスキャン エンジンのです。
    "情報: マイクロソフトのスキャン エンジンがダウンロードされている」

    "情報: マイクロソフトのスキャン エンジンがステージングされている」。

    "エラー: (0x000000c1) %1 は有効な Win32 アプリケーションではありません。できません、Microsoft のスキャン エンジンの ScanEngineTest を起動します。

    "情報: マイクロソフトのスキャン エンジンがロールバックされました"。


    原因
    新しいスキャン エンジンをダウンロードすると、Forefront 必要があります最初テストに統合する前にします。Forefront では、ScanEngineTest.exe を使用して、これを行います。ただし、ScanEngineTest.exe のパスは、Forefront のエンジンの更新プログラムのコードでは、引用符で囲まれていません。これは、パス内のファイルを検索するシステムです。たとえば、検索をという名前のファイル"C:\Program"パスは"C:\Program Files (x86) \Microsoft Forefront Security\Exchange Server\ScanEngineTest.exe、"をときにファイルが存在する場合。つまり、Forefront が間違ったファイルを検索し、スキャン エンジンのテストを完了することはできません。エンジンし、ロールバックされます。
  23. Exchange Forefront Server セキュリティのサイレント インストールを実行すると、フィルターの一覧の設定が適用されません。BUG #: 86660 (FSS)

    現象
    サイレント ・ インストールとして Exchange セットアップ プログラムの Forefront サーバーのセキュリティを実行する場合は、Template.fdb ファイルを指定するのにには、 -tパラメーターを使用します。Template.fdb ファイルには、カスタム フィルターの一覧が含まれている場合、新しいインストールではこれらと表示されます。エラーもなくインストールが完了したにもかかわらず、この問題が発生します。

    原因
    この問題は、Forefront の管理者コンソールが最初に開かれるまでに、FilterLists.fdb ファイルが作成されないために発生します。そのため、読み込むことができません、カスタム フィルターの一覧を FilterLists.fdb ファイルにサイレント インストール中に FilterLists.fdb ファイルがその時点で存在しないため。
  24. 「FSCRealtimeScanner.exe プロセスは、Exchange の Forefront サーバーのセキュリティでの大量のメモリを消費BUG #: 85010 (FSS)

    現象
    FSCRealtimeScanner.exe プロセスが大量のメモリを消費する 2 つの問題もあります。これらの問題が発生するメモリに急激な増加を FSCRealtimeScanner.exe プロセスによって消費され、サーバーでメモリ不足の状態が発生する可能性があります。


    注: Exchange の Forefront サーバーのセキュリティは、通常トランスポート レベルでのほとんどのメールをスキャンするため、このメモリの状態をスポットしが長時間にわたって Forefront サービスを再起動していない場合にのみ明らかに、数週間とすることが困難があります。


    これらの問題が発生した場合は、ProgramLog.txt ファイルに書き込まれる次のエントリのいずれかを見つけることがあります。
    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ =「メモリ不足」プログラムの実行を続行します」。

    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ"システムではこれ以上のスレッドを作成できます。(HRESULT からの例外: 0x800700A4)""

    "エラー: ForefrontAgent のスキャンのメソッド内で例外が発生しました。例外メッセージ」の値はありません予想範囲内"="。

    "診断: localizestream.cpp::LocalizeStream(): ローカル ストリーム 0x8007000e にメモリを割り当てられませんでした」



    "エラー: ReadWideCharBufferFromStream(): 5572 バイトの読み取りを実行しようとしました。読み取られた実際のバイトは、0 でした。hr = 8007000e」



    "エラー: FSCRealtimeScanner: 例外 (0xc0000005) をアドレス 0x056C3769、p [0] = 0x0、p [1] = 0x3287224f」

    "eax=0x00000000 ebx=0x32871fb7 ecx=0x07bdcfd0 edx=0x328721cd"

    "esi=0x07c8e3dc edi=0x32871fb7 ebp=0x07c6f0d0 esp=0x0102a2f8"

    "102a2f0: 00000000 00000000 00000000].


    "102f720: 00000004 0042378f 8007000e」
    さらに、次のエントリは、HRLog.txt ファイルに書き込まれます可能性があります。
    "情報: F 0x8007000e、775-(primaryobject)」

    "情報: F 0x8007000e、1209-(primaryobject)」

    "情報: F 0x8007000e、1855-(primaryobject)」

    "情報: S 0x8007000e、7103-(workthread)」
    これらのエントリの多くには、16 進数コード 0x8007000E が含まれています。つまり「記憶領域の不足がこの操作を完了する」または"ERROR_OUTOFMEMORY"にします。

    原因
    この問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
    • Forefront は、電子メールの受信者の情報を Active Directory のクエリします。
    • メールボックスの情報は、FSCRealtimeScanner.exe プロセスから Exchange VSAPI で渡されているが。


    回避策
    メモリの問題は、Active Directory のクエリに使用可能な回避策です。すぐに解決するためにプログラムのロールアップ パッケージをインストールできない場合、この回避策を適用する可能性があります。

    重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイルを指定して実行] をクリックして、「regedit」と入力してから [ OK] をクリックします。
    2. 見つけて、レジストリで次キーをクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432NODE\Microsoft\Forefront Security\Exchange サーバー
    3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
    4. OptimizeADQueryを入力し、ENTER キーを押します。
    5. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
    6. 1」と入力し、[ OK] をクリックします。
    7. レジストリ エディターを終了します。
    8. FSCController サービスを停止します。FSCController サービスとすべての Exchange サービスを再起動し、します。
  25. 多くの受信者が指定されている電子メール メッセージをスキャンするときに、FSCRealtimeScanner.exe プロセスがクラッシュします。BUG #: 83058 (FSS)

    現象
    Exchange Service Pack 2 の Forefront Security を適用すると、リアルタイム スキャンの実行を処理するときのクラッシュに発生します。

    原因
    この問題は、Exchange Server SP2 の Forefront Security には、差し込み印刷の宛先の 1 つのクエリにすべての legacyExchangeDNs を処理する大規模な LDAP クエリを作成するパフォーマンスの最適化が含まれているために発生します。次のようなメッセージでは、受信者ごとにサブ クエリを作成することによってこれが行われます。
    (legacyExchangeDN =/o =ORGNAME/OU = 最初の管理グループと cn = 受信者と cn =受信者)
    このクエリは、88 文字の長さです。ただし、LDAP クエリを格納する変数には、のみ 10,241 文字を格納できます。サブクエリが多くある場合 LDAP クエリの長さの合計は 10,241 文字を超えることができます。この文字の制限を超えた場合、FSCRealtimeScanner.exe プロセスがクラッシュします。
  26. Forefront の Exchange の手動スキャンの原因"ExceedinglyNested"の検出とファイルの削除中に例外BUG #: 81273 (FSS)

    現象
    Exchange サーバーでの手動スキャンを実行中に Exchange の Forefront Security 誤って検出し、Office ドキュメントや電子メール メッセージとして"ExceedinglyNested"にします。Exchange のこれらのファイルを検疫して、電子メール メッセージの本文が削除テキストに置き換えられます。

    原因
    ときに、手動スキャンでは、実行中に異常な状態の例外がスローされた場所に Exchange の Forefront Security を入力した場合、可能性がありますドキュメントのスキャンを続行するのには、この問題が発生します。 これらの例外が発生した場合、カウンターは、追跡が無効になる、非常に入れ子になったファイルに原因があります。 これらの無効なカウンターと、「ExceedinglyNested。」であると通常のファイルを正しく検出するため Exchange の Forefront Security
  27. 「任意のキーを押して」するように求められます Exchange の Forefront Security の最前線の診断を生成しようとすると、データ収集を完了するのにはBUG #: 86845 (FSS)

    現象
    「任意のキーを押して」するように求められます Exchange の Forefront Security の最前線の診断を生成しようとすると、データの収集を完了します。したがって、データ収集を完了するのには管理者が必要です。
  28. Forefront がエラーを記録しないため、無効なデータベースのパスでは、Exchange の Forefront でエンジンの更新が失敗したときBUG #: 86840 (FSS)

    現象
    無効なデータベース パスが Exchange のレジストリ設定の最前線に存在する場合は、エンジンの更新は完了できません。ただし、簡潔なエラーは記録されません。


    Forefront Security の Exchange サービス パック 2 の修正プログラム ロールアップ 1 をインストールした後、無効なデータベース パスが存在することにより、エンジンの更新が失敗した場合、アプリケーション ログに次のエラーが記録されます。
  29. Exchange のインストールを別のサーバー上の他の Forefront Security Exchange インストールの 1 つの Forefront Security テンプレートを適用すると、受信側のサーバーが Forefront のすべての設定が失われる可能性があり。、メールのスキャンを停止することがあります。BUG #: 86835 (FSS)

    現象
    他の Forefront Security Exchange のインストールを別のサーバー上の Exchange のインストールの 1 つの Forefront Security からテンプレートを適用しようとすると、RPC の問題が発生する可能性があります。テンプレートが適用される前に、受信側のサーバー上の Exchange の設定は、Forefront Security を削除可能性があります。特定の RPC とネットワークの問題が発生したため、新しいテンプレートは適用されず、Forefront をスキャンできませんのままにしておくことができます。

    原因
    Exchange Forefront がテンプレートを適用する順序は、新しいテンプレートの適用後に、Exchange サーバーの受信側の既存のデータベース構成の削除を開始するので、この問題が発生します。ネットワークの問題が発生すると、既存のデータベース構成が削除された後に、新しいテンプレートを適用すると干渉する可能性があります。
  30. スキャン エンジンの更新が失敗し、警告メッセージが ProgramLog.txt ファイルに記録されます。BUG #: 83788 (FSS)

    現象
    Exchange 外部スキャン エンジン ベンダー リリースのサブディレクトリ内にパッケージ化されているファイルが組み込まれたスキャン エンジンの更新をリリースする、スキャン エンジンの Forefront Security のいずれか、スキャン エンジンの更新が失敗します。さらに、次のような警告メッセージが ProgramLog.txt ファイルに記録されます。
    警告: スキャナーのインストール中には、障害を同期オブザーバーによって報告されました。アクション = 0x00000001。C:\Forefront インストール ディレクトリ\EngineName\Bin\bases/stt/


    原因
    この問題は、Exchange Server の更新プログラム パッケージ内の 1 つまたは複数のサブディレクトリが含まれているスキャン エンジンを更新できないために発生します。

修正プログラム ロールアップの情報

ダウンロード情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

修正プログラムのロールアップをインストールする方法

  1. サービス パックやロールアップ実行可能ファイルをダブルクリックしてインストーラーを実行します。



    注: インストーラーを実行するときに Exchange および Exchange サービスの Forefront Security を停止すると、メールの流れを一時的に停止します。
  2. インストールが完了すると、Exchange および Exchange サービスの再起動します (自動的にインストール中に)、Exchange の Forefront Security が正しく動作していることを確認します。



    注: FFSMC の展開ジョブを使用して Exchange service pack またはロールアップの forefront Security をインストールすることもできます。詳細については、Forefront Server セキュリティの管理コンソール ユーザー ガイドの「展開ジョブ」を参照してください。この例では、インストーラーをサイレント モードで実行し、入力の必要はありません。実行可能ファイルをダブルクリックしてインストーラーを実行するときと同じプロセスの残りの部分のままです。

必要条件

Exchange Service Pack 2 の antigen 9

ファイル情報

この修正プログラム ロールアップには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれていない可能性があります。この修正プログラム ロールアップには、この資料に記載されている問題を修正するに必要なファイルのみが含まれています。

この修正プログラム ロールアップの英語 (米国) バージョンは、修正プログラムのロールアップをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルが記載されている世界協定時刻 (UTC) で次の表にします。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換します。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Adonavigator.dll10.2.945.0421,23212-Jan-201001:34x86
Adonavigator64.dll10.2.945.0716,14412-Jan-201001:41x64
Adonavsvc.exe10.2.945.0154,99212-Jan-201001:41x64
Aexmladapter.dll10.2.945.0379,24812-Jan-201001:34x86
Custominstall.dll10.2.945.0922,99212-Jan-201001:34x86
Customuninstall.dll10.2.945.0342,38412-Jan-201001:34x86
Eventstrings-en_us.dll10.2.945.0118,64012-Jan-201001:34x86
Eventstrings.dll10.2.945.0118,64012-Jan-201001:34x86
Extractfiles.exe10.2.945.0338,28812-Jan-201001:34x86
Filterengine.dll10.2.945.0332,65612-Jan-201001:34x86
Fscadmarksvc.exe10.2.945.089,08811-Jan-201023:35x86
Fscappscanner.dll10.2.945.0334,70412-Jan-201001:34x86
Fsccodec.dll10.2.945.0194,92812-Jan-201001:34x86
Fsccommon.dll10.2.945.018,28812-Jan-201001:34x86
Fsccontroller.exe10.2.945.01,607,02412-Jan-201001:34x86
Fsccontrollerps.dll10.2.945.085,36012-Jan-201001:34x86
Fscdiag.exe10.2.945.0487,79212-Jan-201001:34x86
Fscexec.exe10.2.945.057,20012-Jan-201001:34x86
Fscmanualscanner.exe10.2.945.0899,44012-Jan-201001:34x86
Fscmonitor.exe10.2.945.0265,07212-Jan-201001:34x86
Fscmonitorps.dll10.2.945.051,05612-Jan-201001:34x86
Fscrealtimescanner.exe10.2.945.0882,54412-Jan-201001:34x86
Fscstarter.exe10.2.945.0249,20012-Jan-201001:34x86
Fscstatsserv.exe10.2.945.0270,70412-Jan-201001:34x86
Fsctransportscanner.exe10.2.945.0903,53612-Jan-201001:34x86
Fscutility.exe10.2.945.0494,44812-Jan-201001:34x86
Fseccrservice.exe10.2.945.0825,71212-Jan-201001:34x86
Fseimc.exe10.2.945.0324,46412-Jan-201001:34x86
Fsemailpickup.exe10.2.945.092,01612-Jan-201001:34x86
Fsevsapi.dll10.2.945.0616,81612-Jan-201001:41x64
Fsevsapiex.dll10.2.945.076,65612-Jan-201001:41x64
Fssaclient.exe10.2.945.01,221,48812-Jan-201001:34x86
Getenginefiles.exe10.2.945.0643,95212-Jan-201001:34x86
Gziparchive.dll10.2.945.0267,12012-Jan-201001:34x86
Installservice.exe10.2.945.049,00812-Jan-201001:34x86
Installtask.exe10.2.945.0226,67212-Jan-201001:34x86
Launcher.exe10.2.945.0400,24012-Jan-201001:41x64
Macbinnavigator.dll10.2.945.0241,52012-Jan-201001:34x86
Mimenavigator.dll10.2.945.0322,92812-Jan-201001:34x86
Multimapper.dll10.2.945.0672,62412-Jan-201001:34x86
Openxmlnavigator.dll10.2.945.092,52812-Jan-201001:34x86
Perfmonitorsetup.exe10.2.945.0294,76812-Jan-201001:34x86
Programlogmsg.dll10.2.945.0111,47212-Jan-201001:34x86
Rarnavigator.dll10.2.945.0333,68012-Jan-201001:34x86
Remotinglayer.dll10.2.945.082,28812-Jan-201001:34x86
Remotinglayer64.dll10.2.945.0115,56812-Jan-201001:41x64
Scanengines.dll10.2.945.0562,03212-Jan-201001:34x86
Scanenginetest.exe10.2.945.0359,79212-Jan-201001:34x86
Semsetup.exe10.2.945.0292,20812-Jan-201001:34x86
Sfxcab.exe10.2.945.039,42409-Feb-201019:52x86
Smimenavigator.dll10.2.945.0238,44812-Jan-201001:34x86
Statisticsmanager.dll10.2.945.0537,45612-Jan-201001:34x86
Structstgnavigator.dll10.2.945.0300,40012-Jan-201001:34x86
Tararchive.dll10.2.945.0249,20012-Jan-201001:34x86
Tnefnavigator.dll10.2.945.0308,08012-Jan-201001:34x86
Uuencodenavigator.dll10.2.945.0256,88012-Jan-201001:34x86
Version.exe10.2.945.0309,61612-Jan-201001:34x86
Ziparchive.dll10.2.945.0304,49612-Jan-201001:34x86
Fscperfmonitor.dll10.2.945.0315,76012-Jan-201001:34x86
Fscperfmonitor.dll10.2.945.0544,62412-Jan-201001:41x64
Custom64.dll該当なし99,84002-Feb-201017:46x64
Updspapi.dll6.3.16.0463,72010-Oct-200816:42x64


この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
プロパティ

文書番号:978297 - 最終更新日: 2017/02/06 - リビジョン: 2

フィードバック