修正プログラムが利用可能なない遅延 TCP 接続の機能の起動が DB2 アダプターは Host Integration Server 2009 年に DB2 のサポートを向上させる


はじめに


この修正プログラムには、DB2 アダプターなしの遅延 TCP 接続スタートアップ機能をサポートするための Microsoft Host Integration Server 2009 年が向上します。関連のレジストリ設定と共にこの修正プログラムを適用すると、サーバーがクライアント要求に応答するときの遅延を生じることがなく、TCP/IP 接続を開始することができます。

解決策


修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行うことがあります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次の service pack のリリースを待つことを勧めします。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。

必要条件

この修正プログラムを適用する前提条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターの再起動、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

レジストリの設定

次のレジストリ エントリを見つけます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Host 統合 Server\Data Integration\
TcpNoDelayサブキーを追加、 REG_SZデータ型にデータ型を設定し、 [はい]に値を設定します。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


Deley いない TCP 接続の機能の詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。