AD RMS または RMS で保護されたドキュメントに対する Office 2003 の更新プログラム パッケージ (2009 年 12 月 11 日) について

はじめに

マイクロソフトは、Microsoft Office 2003 の更新プログラムをリリースしました。この更新プログラムをインストールすると、Office 2003 に最新の修正が適用されます。また、この更新プログラムにより、安定性とパフォーマンスも強化されます。

詳細

この更新プログラム パッケージで修正される問題

現象

2009 年 12 月 11 日から、Office 2003 を使用するユーザーは、Active Directory Rights Management Service (AD RMS) または Rights Management Services (RMS) で保護された Office 2003 ドキュメントを開くことができません。またユーザーは、AD RMS/RMS で保護された Office 2003 ドキュメントを保存することもできません。

Office 2003 を使用して AD RMS/RMS で保護されたドキュメントを開こうとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
"予期しないエラーが発生しました。後でもう一度試すか、システム管理者に問い合わせてください"
対象: この現象は、AD RMS/RMS と共に使用される Office 2003 製品に影響します。これには、Word 2003、Excel 2003、PowerPoint 2003、および Outlook 2003 が含まれます。この現象は 2007 Microsoft Office system には影響しません。

原因

IRM 機能を有効にするために Office 2003 により使用される定義ファイル内のライセンス情報の有効期限は 2009 年 12 月 10 日に設定されています。この問題は、有効期限が更新されなかったために発生します。

回避策

この問題を回避するには、2007 Microsoft Office system を使用してドキュメントを開きます。

更新プログラム情報

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、Microsoft Update Web サイトから入手できます。下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

ダウンロード Office2003-kb978551-fullfile-enu.exe パッケージ

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新プログラムがインストール済みかどうかを確認する方法

この更新プログラムには、次の表に記載されているバージョンのファイルが含まれています。
File nameFile versionFile sizeDateTime
Exlprtid.xmlNot Applicable79,66011-Dec-200920:50
Olkprtid.xmlNot Applicable79,69211-Dec-200920:50
Pptprtid.xmlNot Applicable79,71611-Dec-200920:50
Wrdprtid.xmlNot Applicable79,67611-Dec-200920:51

関連情報

Office 製品チームは、準備できしだい、次の Web サイトで追加情報を提供します。

プロパティ

文書番号:978551 - 最終更新日: 2009/12/21 - リビジョン: 1

フィードバック