添付ファイルは、Exchange Server 2007 に KB 958881 の更新プログラムを適用した後に、OWA を使用してそれらを保存すると、空

現象

Microsoft Exchange Server 2007 サーバー上のBypassOwaHtmlAttachmentFilteringオプションを構成するのにはマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 958881 の記事を実行します。ただし、できませんを保存するいくつかの添付ファイル正常に Outlook Web Access (OWA) を使用しています。空では、これらの影響を受ける添付ファイルが保存されます。この問題が発生した場合は、添付ファイルを含む HTML コンテンツです。ただし、添付ファイルのファイル名の拡張子は .html や .htm

解決策

この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
Exchange Server 2007 Service Pack 3 用の更新プログラムのロールアップ 2 の2407025の説明


強制保存HTML 添付ファイルの拡張子のファイルを設定する必要がこの修正プログラムを適用し、 BypassOwaHTMLAttachmentFilteringオプションをTrueに設定すると、リストです。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Exchange 管理コンソールでは、サーバーの構成] をクリックし、クライアントのアクセス] をクリックします。
  2. [操作] ウィンドウで、[ Outlook Web Accessでは、[プロパティ] をクリックします。
  3. パブリック コンピューターのファイル アクセス] タブまたは [プライベートのコンピューターのファイル アクセス] タブのいずれかをクリックします。
  4. [ファイルへの直接アクセス、ファイルに直接アクセスを有効にする添付ファイルをダウンロードするユーザーを有効にする] チェック ボックスを選択します。
  5. ユーザーがアクセスできるようにするには添付ファイルの種類を変更するのにはファイルへの直接アクセスをユーザー設定の横にある[ユーザー設定] をクリックします。
  6. 直接ファイル アクセスの設定] ページで、[強制保存] をクリックします。[強制保存] ボックスの一覧] ページで、入力を強制するファイル拡張子を保存、1 つずつ] ダイアログ ボックスで、.xls ファイル名の拡張子を設定し、[追加] をクリックします。
  7. 設定を保存するのには 3 回[ok]をクリックします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
958881
メッセージの添付ファイル内のすべての HTML コンテンツを開くか、Outlook Web Access (OWA) を使用して添付ファイルを保存するときに、HTML のフィルターを実行します。
プロパティ

文書番号:979046 - 最終更新日: 2017/02/06 - リビジョン: 1

Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition

フィードバック