MS10-021: Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される

Windows Vista Service Pack 1 (SP1) のサポートは 2011 年 7 月 12 日に終了します。Windows 用のセキュリティ更新プログラムを継続して入手するには、Windows Vista Service Pack 2 (SP2) を使用してください。詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。Windows の一部のバージョンのサポートは終了しました。

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS10-021 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

ホーム ユーザー向けの無料サポートをご用意しています。米国およびカナダのお客様は、電話で 1-866-PCSAFETY にお問い合わせください。他の地域のお客様は、各地域の支社にお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、マイクロソフトの世界のサポート Web サイトを参照してください。 北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスして、無制限の無料電子メール サポートまたは無制限の個別チャット サポートを受けることもできます。 法人のお客様向けのセキュリティ更新プログラムのサポートについては、通常ご使用のサポート連絡先をご利用ください。

詳細

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

  • このセキュリティ更新プログラムを、特定のサードパーティの認証プログラムがインストールされた Windows Server 2003 ベースのサーバーにインストールした後に、コンピューターが起動しないことがあります。この問題を解決するには、修正プログラム 2539164 をインストールします。 この問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    2539164 979683 (MS10 021) のセキュリティ更新プログラムをインストールした後に Windows Server 2003 が起動しません。
  • ある種の Windows XP ベースのシステムでは、このセキュリティ更新プログラムは再提供される場合があります。この問題の原因は、ある種のバイナリが署名済みではない状態であるためです。この問題を解決するには、サポート技術情報の次の資料の「方法 3: [Catroot2] フォルダーの名前を変更するには」の手順を実行します。

    822798
    プログラムや更新プログラムをインストールできない

ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (日本語版) のファイル属性は、セキュリティ情報 MS10-021 の「ファイル情報」セクションをご覧ください。
プロパティ

文書番号:979683 - 最終更新日: 2011/10/04 - リビジョン: 1

フィードバック