スクリプト ウィザードを使用して SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 でストアド プロシージャのスクリプトを生成するときの FIX: エラー メッセージ

適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 R2

マイクロソフトは、Microsoft SQL Server 2008 を配布して、または Microsoft SQL Server の 2008 R2 の修正プログラムを 1 つのダウンロード可能なファイルとして。 修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

現象


Microsoft SQL Server 2008 または Microsoft SQL Server の 2008 R2 では、データベースのストアド プロシージャのスクリプトを生成するのにスクリプト ウィザードを使用します。 ただし、次のエラー メッセージが表示されます。
このコマンドを最初に閉じる必要がありますに関連付けられている、開いている DataReader が既に存在します。 (System.Data)
この問題は、次の条件に当てはまる場合に発生します。
  • データベースでは、韓国語、中国語、日本語など 2 バイト文字照合順序を使用します。
  • ストアド プロシージャの名前には、2 バイト文字が含まれています。
  • ストアド プロシージャは、パラメーターを持ちます。

原因


スクリプト ウィザードは、Microsoft.NET Framework の機能を使用します。 この問題は、SQL Server データベース エンジンと.NET Framework は、さまざまな方法で 2 バイト文字列の比較を実行するために発生します。 この動作では、SQL Server データベース エンジン.NET Framework によって渡される 2 バイトの文字列を受け取ることが原因です。

解決方法


累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 R2

この問題に対する修正は、累積的な更新 2 で初めてリリースされました。詳細については SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2072493 SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 2
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
981356 ビルドの SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2

SQL Server 2008

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新 8 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
981702 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 8
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
970365 SQL Server 2008 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 ビルド
特定の SQL Server のサービス パックには、Microsoft SQL Server 2008 の修正プログラムが作成されます。 SQL Server 2008 Service Pack 1 のインストールには、SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムを適用する必要があります。 既定では、SQL Server のサービス パックで提供されているすべての修正プログラムは次の SQL Server のサービス パックに含まれます。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルがあります。
SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
822499Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージに新しい命名方式
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明