802.1 X コンピューター認証が失敗した後に、認証要求に応答がないを実行している Windows 7 または Windows Server 2008 R2

現象

初期認証の試行が失敗した後、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターは 802.1 X 認証要求に応答しません。したがって、ネットワーク接続が失われたか、ユーザーに、不適切な仮想ローカル エリア ネットワーク (VLAN) に割り当てられます。

この問題は、次の 2 つのシナリオに影響します。

シナリオ 1


1 つの DOT3SVC の認証の試行が成功した場合は、次の再認証の試行が 1 回を失敗し、ネットワーク ・ インタ フェースは、認証の失敗から回復できません。さらに、ネットワーク ・ インタ フェースが要求に応答しません、再認証 802.1 X 認証が設定されている場合。802.1 X によってネットワーク ・ インタ フェースをブロックする、最終的に切り替えます。したがって、コンピューターでは、ネットワーク接続が失われます。


注: ネットワーク ・ インタ フェースのステータスをチェックすると、認証の試行が成功したことと、ネットワーク インターフェイスが有効な IP アドレスを持っているを参照してください。

シナリオ 2


オペレーティング ・ システムをスリープ状態または休止状態から再開します。UI 要求を認証インスタンスがある場合、オペレーティング システムは、802.1 X の再認証要求に応答しません。したがって、認証の試行は、タイムアウトのため失敗します。

原因

DOT3SVC サービスは、DOT3SVC の認証が成功した場合、セッション id がハンドル自動構成値を更新します。また、セッション ハンドルの ID は 1 ずつ増加します。すべての認証の失敗イベントとミニポートまたはネットワークから取得するイベントを再認証はセッション ID が一致しませんしたがって、これらのイベントは破棄されます。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

前提条件が必要ではありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
重要 Windows 7 の修正プログラム、および Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、修正プログラムのリクエスト ページにある修正プログラムは各オペレーティング システムの下に一覧表示されています。一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージをリクエストするには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に一覧表示されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとに、[その他のファイルの Windows Server 2008 R2 と Windows 7 の情報] セクションで個別に記載されているです。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Dot3.mof該当なし6,07222-Jul-200923:04該当なし
Dot3api.dll6.1.7600.2063891,13608-Feb-201007:07x86
Dot3dlg.dll6.1.7600.2063847,10408-Feb-201007:07x86
Dot3msm.dll6.1.7600.20638115,20008-Feb-201007:07x86
Dot3svc.dll6.1.7600.20638214,01608-Feb-201007:07x86
Report.system.netdiagframework.xml該当なし29,35622-Jul-200923:04該当なし
Report.system.wired.xml該当なし19,29022-Jul-200923:04該当なし
Rules.system.netdiagframework.xml該当なし57,28622-Jul-200923:04該当なし
Rules.system.wired.xml該当なし40,90222-Jul-200923:04該当なし
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Dot3.mof該当なし6,07222-Jul-200923:23該当なし
Dot3api.dll6.1.7600.2063884,99208-Feb-201007:40x64
Dot3dlg.dll6.1.7600.2063857,85608-Feb-201007:40x64
Dot3msm.dll6.1.7600.20638103,93608-Feb-201007:40x64
Dot3svc.dll6.1.7600.20638252,41608-Feb-201007:40x64
Report.system.netdiagframework.xml該当なし29,35622-Jul-200923:23該当なし
Report.system.wired.xml該当なし19,29022-Jul-200923:23該当なし
Rules.system.netdiagframework.xml該当なし57,28622-Jul-200923:23該当なし
Rules.system.wired.xml該当なし40,90222-Jul-200923:23該当なし
Dot3.mof該当なし6,07222-Jul-200923:04該当なし
Dot3api.dll6.1.7600.2063891,13608-Feb-201007:07x86
Dot3dlg.dll6.1.7600.2063847,10408-Feb-201007:07x86
Dot3msm.dll6.1.7600.20638115,20008-Feb-201007:07x86

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

追加ファイル情報

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の追加ファイル情報

サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7 用の追加ファイル
ファイル名X86_84f53a7e2e85cae11a0da3ea049298d2_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20638_none_b9ac526796db4aa1.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ699
日付 (UTC)08-Feb-2010
時刻 (UTC)18:49
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_e21b4b3cf868fc256c5abe9310c0e168_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20638_none_f28d7f1a8f983456.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ695
日付 (UTC)08-Feb-2010
時刻 (UTC)18:49
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-dot3svc-mof_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20638_none_96f3a7c8c6dd2616.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,865
日付 (UTC)08-Feb-2010
時刻 (UTC)07:28
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-dot3svc_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20638_none_6c0515fcedca3bd3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ86,521
日付 (UTC)08-Feb-2010
時刻 (UTC)07:39
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の追加ファイル
ファイル名Amd64_1ecc3c59a0f86973296a0b8d0c742fe3_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20638_none_f39b229d8e6c66d6.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1, 048
日付 (UTC)08-Feb-2010
時刻 (UTC)18:49
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_a438e64061bdd6ebd8243fe0107c9498_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20638_none_f0bc2512c2b53038.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,040
日付 (UTC)08-Feb-2010
時刻 (UTC)18:49
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-dot3svc-mof_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20638_none_f312434c7f3a974c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,867
日付 (UTC)08-Feb-2010
時刻 (UTC)08:14
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-dot3svc_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20638_none_c823b180a627ad09.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ86,525
日付 (UTC)08-Feb-2010
時刻 (UTC)08:25
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-dot3svc-mof_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20638_none_fd66ed9eb39b5947.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,867
日付 (UTC)08-Feb-2010
時刻 (UTC)07:23
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-dot3svc_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20638_none_d2785bd2da886f04.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ79,649
日付 (UTC)08-Feb-2010
時刻 (UTC)07:22
プラットフォーム該当なし
プロパティ

文書番号:980295 - 最終更新日: 2017/02/06 - リビジョン: 1

フィードバック