ビデオを PowerPoint 2010 スライド切り替えのサウンドはエクスポートされません。

現象

Microsoft PowerPoint 2010 プレゼンテーションをビデオとしてエクスポートすると、プレゼンテーションで使用されている遷移サウンドはエクスポートされません。ビデオを表示すると、スライドの画面切り替え遷移サウンドなくなったがあります。

回避策

この問題を回避するには、遷移のサウンドを削除し、[スライドに直接サウンドを追加します。サウンドは、スライドにわたってを再生し、次のスライドにスライド切り替えだけ前に開始されるように設定できます。

メモこの回避策は次のスライドに進むには、プレゼンテーション スライド切り替えのタイミングを使用する場合にのみ有効です。
  1. プレゼンテーションを PowerPoint 2010 で開きます。
  2. スライド切り替えのサウンドを検索します。効果] タブで、[サウンドを [いいえ]Lotus 1-2-3 のサウンド を設定します。
  3. 切り替えスライド の下で、自動的に切り替え] ボックスに時間がスライドに注意してください。
  4. [挿入] タブの [メディア クリップ] で、[サウンドサウンド ファイル または クリップ オーガナイザーからサウンド] をクリックします。
  5. スライドの切り替えで再生するサウンドを挿入します。
  6. メッセージが表示されたら、[自動] をクリックします。
  7. [サウンド ツール] の [オプション] タブをクリックします。
  8. サウンド オプション] で、スライド ショーを実行中にオブジェクトを隠す] チェック ボックスをオンにします。
  9. [アニメーション] タブの [アニメーション] で [アニメーション の設定] をクリックします。
  10. ウィンドウ領域で、[アニメーションの設定] ボックスの一覧で、アニメーションが表示されているサウンド ファイルをマウスの右ボタンでクリックし、[タイミング] をクリックします。
  11. [スタート] ドロップダウン リストは、直前の動作の後 に設定します。
  12. 延期期間] フィールドに、期間-1 秒間、スライドに等しい値を入力します。手順 3 での所要時間、スライドに注意します。たとえば、40 秒後、スライドを進む場合は、39 秒に 遅延 値を設定します。
  13. [OK] をクリックします。
  14. 移行音が各スライドの切り替えの手順 2 ~ 13 を繰り返します。

状況

マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:982690 - 最終更新日: 2011/09/12 - リビジョン: 1

フィードバック