ユーザーの msExchVersion 属性の値が誤ってスタンプ、ユーザーのメールを有効にする複数のユーザに有効にするコマンドレットを実行した後

適用対象: Exchange Server 2010

現象


複数のユーザに有効にするコマンドレットは、メール有効 Active Directory 内の既存のユーザーの特定の属性を追加することによって。 Microsoft Exchange では、これらの属性が必要です。 Exchange で複数のユーザに有効にするコマンドレットを実行すると、管理シェルを Microsoft Exchange Server 2010 サーバーでは、 msExchVersion属性で表示される値が誤ってスタンプです。 属性には、Exchange Server 2010 のバージョン番号の代わりに、Exchange Server 2007 のバージョン番号がスタンプされます。 注: Exchange 管理シェル内のターゲットのユーザーに対して複数のユーザに Getコマンドレットを実行する場合は、 msExchVersion属性に関する次の情報を検索します。
ExchangeVersion                        : 0.1 (8.0.535.0)
期待される結果は次のとおりです。
ExchangeVersion                        : 0.10 (14.0.100.0)

解決方法


この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
982639 Exchange Server 2010 の更新プログラムのロールアップ 4 の説明

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報


複数のユーザに有効にするコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。