信頼性モニター情報は表示されませんし、Windows Server 2008 で Windows Server 2008 R2 で

適用対象: Windows Server 2008 R2 DatacenterWindows Server 2008 R2 EnterpriseWindows Server 2008 R2 Standard

現象


Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで信頼性モニターを開くと、信頼性モニターに情報は表示されません。

注:
  • この現象は、Windows Vista または Windows 7 を実行しているコンピューターでは発生しません。
  • 信頼性モニターでは、安定性インデックスを表示し、いくつかの特定のイベント情報を表示します。

原因


この現象は、スケジュールされた RacTaskのタスクを定期的に起動するトリガーが無効になっているために発生します。

信頼性モニターに表示される情報は、スケジュールされた RacTaskのタスクによって提供されます。既定では、スケジュールされた RacTaskのタスクは、オペレーティング システムをインストールした後、約 1 時間である 1 つの時間を実行します。Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 では、スケジュールされた RacTaskのタスクを初めて実行した後にスケジュールされた RacTaskのタスクを定期的に起動するトリガーが無効です。

解決策


手動でこの問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[検索] ボックスで、タスク スケジューラを入力し、[タスク スケジューラ] をクリックします。
  2. スケジュールされた RacTaskのタスクを定期的に起動するトリガーを有効にします。
    1. タスク スケジューラでは、タスク スケジューラ ライブラリを展開、マイクロソフトを展開し、 Windowsを展開します。
    2. RAC] を右クリックして、表示非表示のタスクを表示するコマンドを選択する] をクリックします。

      注: タスクの表示と非表示のコマンドが既に選択されている場合は、手順 2 c に進みます。
    3. スケジュールされた RacTaskをダブルクリックします。
    4. スケジュールされた RacTask のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[トリガー ] タブをクリックします。
    5. [トリガー ] タブには、 1 回トリガーをダブルクリックします。
    6. トリガーの編集] ダイアログ ボックスで、[有効] オプションを選択する] をクリックし、[ OK] をクリックします。
    7. スケジュールされた RacTask のプロパティ] ダイアログ ボックスで、 [ok]をクリックします。
    8. タスク スケジューラを終了します。
  3. レジストリの設定を更新します。
    1. [スタート] ボタン、[検索] ボックスにRegeditと入力、し、[ Regedit] をクリックします。
    2. レジストリ エディターでは、次のレジストリ エントリの値を1に設定します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Reliability Analysis\WMI\WMIEnable
  4. コンピューターを再起動します。

状況


これは仕様による動作です。

関連情報


Windows Vista および Windows Server 2008 では、信頼性モニターを起動する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。Windows Server 2008 R2 と Windows 7 で信頼性モニターを起動する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。