デザイナーを使用して、継承された Visual Basic Windows フォーム ユーザー コントロールを再度開くと、エラー メッセージ


現象


Microsoft Visual Studio 2010 では、次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft Visual Basic プロジェクトでの Windows フォーム ユーザー コントロールを継承しています。
  • デザイナーでユーザー コントロールのプロパティを変更するのにには、Visual Studio 2010 IDE を使用します。
  • デザイナーでユーザー コントロールを再び開くしようとするとします。
このシナリオでは、デザイナーが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
メソッドまたは操作は実装されていません。
さらに、デザイナー ウィンドウで、次のコール スタックが表示されます。
at Microsoft.VisualStudio.Shell.Design.VsTargetFrameworkPropertyInfo.GetValue(Object obj, BindingFlags invokeAttr, Binder binder, Object[] index, CultureInfo culture)at Microsoft.VisualStudio.Shell.Design.PropertyInfoWrapper.GetValue(Object obj, BindingFlags invokeAttr, Binder binder, Object[] index, CultureInfo culture)
at System.Reflection.PropertyInfo.GetValue(Object obj, Object[] index)
at System.ComponentModel.Design.Serialization.CodeDomSerializerBase.DeserializePropertyReferenceExpression(IDesignerSerializationManager manager, CodePropertyReferenceExpression propertyReferenceEx, Boolean reportError)
at System.ComponentModel.Design.Serialization.CodeDomSerializerBase.DeserializeExpression(IDesignerSerializationManager manager, String name, CodeExpression expression)
at System.ComponentModel.Design.Serialization.CodeDomSerializerBase.DeserializePropertyAssignStatement(IDesignerSerializationManager manager, CodeAssignStatement statement, CodePropertyReferenceExpression propertyReferenceEx, Boolean reportError)
at System.ComponentModel.Design.Serialization.CodeDomSerializerBase.DeserializeAssignStatement(IDesignerSerializationManager manager, CodeAssignStatement statement)
at System.ComponentModel.Design.Serialization.CodeDomSerializerBase.DeserializeStatement(IDesignerSerializationManager manager, CodeStatement statement)

解決策


修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行うことがあります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。

必要条件

Visual Studio 2010 がこの修正プログラムを適用するためにインストールする必要があります。

再起動の必要性


Visual Studio のインスタンスが使用されていない場合にこの修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報


この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報


修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するを使用して、
タイム ゾーン
タブで、
日付と時刻
コントロール パネル内の項目。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Msvbide.dll10.0.30319.3675,496,65614-Oct-201005:04x86
Vbdebug.dll10.0.30319.3672,890,57614-Oct-201005:04x86
Vbdebug.dll10.0.30319.3673,856,72014-Oct-201005:04x64
Vbdebug.dll10.0.30319.3677,735,63214-Oct-201005:04IA-64

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。