情報: 一時ファイルを使用したアプリケーション パフォーマンスを向上します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:103237
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
一時ファイルを使用する場合が大幅に、アプリケーションのパフォーマンスを向上できます。
詳細
FILE_ATTRIBUTE_TEMPORARY フラグで CreateFile() を使用するにはファイルがある短い書き換えますシステム使用できます。 一時ファイルが通常ファイルとして作成します。 システムが最小限の一貫性のあるディスク構造体 (ディレクトリおよびなど) を保持するファイル システムに遅延書き込みを実行するには。 これによりの外観をファイルがディスクに書き込まれました。 ただし、メモリ マネージャーは、空きページの不適切な装置を検出、ディスクへの変更されたページの書き込みを開始を場合を除き、キャッシュ マネージャーの Lazy Writer 可能性がありますしないこのファイルのデータ ページ ディスクに書き込みます。 システムがあるメモリ不足のため、ページがの任意の時間メモリに残ったまま。 一時ファイルは通常、短い及ぶはため良い機会が、システムがディスクにページを書き込むことはありません。

さらにパフォーマンスを向上させるにアプリケーション FILE_FLAG_DELETE_ON_CLOSE として、ファイルをマークすることがあります。 これを示します、システムにファイルの最後のハンドルを閉じたときが削除されます。 システムは、通常後、このフラグが付いたファイルはありません存在するためが閉じられたファイルを適切に更新されるようにするキャッシュを削除が、システム キャッシュ削除を foregoes します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:103237 - 最終更新日: 03/01/2014 07:07:49 - リビジョン: 4.1

Microsoft Win32 Application Programming Interface

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbapi kbkernbase kbfileio kbmt KB103237 KbMtja
フィードバック