現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SDK32: システムが起動するデバッガの選択

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP103861
概要
Win32 SDK バージョン 3.1、3.5、3.51、および 4.0 では、アプリケーションからエラーが発生した場合に、システムがデバッガを起動できるようになっています。この機能は、Windows NT の次のレジストリ キーによって制御されます。
  HKEY_LOCAL_MACHINE\             SOFTWARE\            Microsoft\           Windows NT\       CurrentVersion\              AeDebug
このキーには次のエントリが含まれます。
  Auto  Debugger
これらのエントリは Windows 95 でも利用できますが、Windows 95 では、レジストリではなく Win.ini ファイルに保存されます。このレジストリに対応するエントリは、[aedebug] セクションに含まれます。

Auto の値を "0" (ゼロ) に設定すると、システムはポップアップ ウィンドウを生成し、ユーザーが [キャンセル] を選択した場合に、Debugger 値で指定されたデバッガを起動します。Auto の値を "1" に設定すると、システムは自動的に Debugger 値で指定されたデバッガを起動します。

Windows NT のインストール後には、Debugger の値が次のように設定されます。
  DRWTSN32 -p %ld -e %ld -g
また、Auto の値は 1 に設定されます。Win32 SDK をインストールすると、Debugger の値は次のように変更されます。
  <MSTOOLS>\BIN\WINDBG -p %ld -e %ld
さらに、Auto の値は 0 に設定されます。

Microsoft Visual C++ バージョン 5 では、Debugger の値として次のエントリが作成されます。
  C:\Program Files\DevStudio\SharedIDE\BIN\msdev.exe -p %ld -e %ld
詳細
DRWTSN32 デバッガは post-mortem debugger で、Windows 3.1 のワトソン博士プログラムと同等の機能を持つものです。DRWTSN32 は、問題が発生したアプリケーションについて、そのエラー情報を含むログ ファイルを生成します。Drwtsn32.log ファイルには、次のデータが生成されます。
  • 例外情報 (例外番号と名前)。
  • システム情報 (コンピュータ名、ユーザー名、OS バージョンなど)。
  • タスク リスト。
  • スレッドごとのステート ダンプ。(レジスタ ダンプ、逆アセンブル、スタック ウオーク、シンボル テーブル)
それぞれのアプリケーション エラーは、アプリケーション イベント ログに記録されます。クラッシュごとのアプリケーション エラー データは、Drwtsn32.log という名前のログ ファイルに保存されます。既定の設定では、このファイルは Windows ディレクトリに置かれます。

注意: コマンド プロンプト (または [スタート] メニューで [ファイル名を指定して実行] をクリックして) から次のコマンドを実行すると、DRWTSN32 をレジストリに正しくインストールすることができます。
        DRWTSN32 -i
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 103861 (最終更新日 2000-03-28) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:103861 - 最終更新日: 07/11/2005 20:18:13 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Platform SDK January 2000 Edition
  • kbinfo kbtool tlsmisc KB103861
フィードバック