現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

OSI モデルの 7 レイヤーの定義し、関数の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:103884
概要
ファイルを開くシステム インターコネクト (OSI) モデルには 7 層があります。 この資料で説明し、したり、'最小' (物理)、階層内で始まるを説明しますが '上位' (アプリケーション)。 レイヤーはこの方法を積み上げ。
  • アプリケーション
  • プレゼンテーション
  • セッション
  • トランスポート
  • ネットワーク
  • データ リンク
  • 物理

物理層

OSI モデルの最下位レイヤー、物理層は、生の構造化されていないビット ストリームの受信と送信に、物理メディア上関連付けられます。 物理メディアをするに電気/光学、機械、および機能インターフェイスを表し、上位レイヤーのすべての信号を伝送します。 提供します。
  • データのエンコード: デジタル信号の単純なパターンを変更する (1 および 0) は、コンピューターでより、物理メディアの特性を合わせてをビットとフレームの同期を支援するを使用します。 それを決定します。

    • どのような信号の状態をバイナリの 1 を表します
    • 受信側のステーションが、「ビット時」の開始時を認識する方法
    • 受信側のステーションがフレームを区切る方法
  • 物理メディア添付、メディアでさまざまな可能性を対応する:

    • メディアへの接続に、外部トランシーバー (MAU) を使用するでしょうか。
    • コネクタがのピンの数とは各ピン用途でしょうか。
  • 転送方法: エンコード済みのビットをベースバンド (デジタル) またはブロードバンド (アナログ) 信号によって転送されるかどうかを決定します。
  • 物理メディアの伝送: 電気または光学式信号、物理メディアに適したとしてのビットの転送を決定します。

    • どのような物理メディア オプションを使用できます。
    • 、、特定の物理メディアを使用して、指定されたシグナル状態を表すに数の 80h+18 データベースを使用します。

データ リンク層

データ リンク層は、リンクを介して事実上エラーのない伝送を想定して上位層の許可、物理層を経由したエラーのないデータ フレーム 1 つのノードからへの転送別します。 この場合に、データ リンク層用意されています。

  • リンクの確立と終了: 確立され、2 つのノード間の論理的なリンクを終了します。
  • トラフィック制御のフレーム: 送信元ノード「バックオフ」フレーム バッファーを使用しない場合を説明します。
  • シーケンスのフレーム: 送信/受信フレーム順番にします。
  • 受信確認フレーム: フレームの受信確認の提供と受け取る。 検出し、確認以外のフレームおよび処理の重複したフレームの受入を再送信することによって、物理層で発生したエラーから回復します。
  • フレームの区切り: 作成し、フレームの境界を認識します。
  • フレーム エラーのチェック: 整合性のための受信確認フレーム。
  • メディア アクセス管理: タイミングを決定ノード「は、右」、物理メディアを使用します。

Network Layer

ネットワーク層、データを考慮する物理パスがネットワークの状態、サービスの優先度およびその他の要因に基づいて決定する、サブネットの操作を制御します。 提供します。

  • ネットワーク間でフレームをルーティング ルーティング: します。
  • サブネットのトラフィック制御: ルーター (ネットワーク層の中間システム)「スロットル戻る」フレーム転送には、ルーターのバッファーがいっぱいのときに、送信側ステーションを指示できます。
  • 断片化のフレーム: 判断、下流のルーターの最大伝送単位 (MTU) サイズが、フレームのサイズより小さい、ルーター枠を転送および送信先ステーションで再アセンブリをフラグメントことができます。
  • 論理/物理アドレスのマッピング: は論理アドレス、または名、物理アドレスに変換します。
  • サブネットの使用状況アカウンティング: は課金情報を生成する、各サブネットの中間システムによって転送されるフレームを追跡するためのアカウンティング関数があります。

通信のサブネット

サブネットの中間システム内にある、ネットワーク層ソフトウェアが認識されるようにとルート データを宛先アドレスに使用できるように、ネットワーク層のソフトウェアでヘッダーを作成する必要があります。

この層は、データ伝送に関する知識し、システムの接続に使用されるテクノロジの切り替えを中間する必要がある上位の層を解放します。 管理、および、中間の通信機能 (1 つまたは複数の中間システム通信サブネット内) 経由で接続を終了を確立します。

ネットワーク層で、下の層、ノードと、直ちにその近隣ノードの間にピア プロトコルは存在しませんが、近隣ことするデータがルーティングされる、ノード、宛先ステーションしないがあります。 元と変換先のステーションは多くの中間システムで区切ることがあります。

トランスポート層

トランスポート層により、メッセージが配信されるエラーのない、順序、および損失または duplications がありません。 これは、解放それらとのピア間のデータの転送の問題から上位レイヤー プロトコル。

規模と複雑さ、トランスポート プロトコルのネットワーク層から入手できる、サービスの種類によって異なります。 仮想回線の機能と信頼性の高いネットワーク レイヤー、最小限のトランスポート層が必要です。 ネットワーク層が信頼性の低いまたはのみデータグラムを処理する、する場合は、トランスポート プロトコル広範なエラーの検出と回復含めてください。

トランスポート層は提供します。
  • セグメントのメッセージ: 使用できる、上には、(セッション) レイヤーからのメッセージより小さい単位いない既に小さな十分な) 場合、メッセージを分割およびネットワーク層の下に小さな単位を渡します。 ターゲット ステーションにトランスポート層、再び同じメッセージにまとめます。
  • 受信確認のメッセージ: 受信確認で信頼性の高いエンド ツー エンドのメッセージ配信を提供します。
  • トラフィック制御のメッセージ:「バックオフ」利用可能なメッセージ バッファーがない場合に、送信側ステーションに通知します。
  • セッションの多重: いくつかのメッセージ ストリーム、または 1 つの論理リンクにセッションを multiplexes し、セッションに属しているメッセージの追跡 (セッション層を参照)。
通常、トランスポート層比較的大きなメッセージを受け入れることができますが、厳密なメッセージ サイズの制限、ネットワークで imposed (または下位) レイヤーが。 したがって、トランスポート層は小さな単位、またはフレームを前に各フレームのヘッダーを付けますにメッセージを分割する必要があります。

トランスポート レイヤー ヘッダー情報必要メッセージの開始とメッセージの境界を認識する一方、トランスポート層を有効に、メッセージの終了フラグなどのコントロールの情報がありますから。 また、下位層は、シーケンスを維持しない場合は、トランスポート ヘッダー シーケンス情報を取得するの部分を戻す一緒に正しい順序上の層に受信したメッセージを渡す前に、受信側のトランスポート層を有効を含める必要があります。

エンド ツー エンドのレイヤー

下の「サブネット」とは異なり、トランスポート層と上位層の横のノードが true「ソース先」直ちに間をプロトコルは層や、エンド ツー エンドのレイヤーはしないに関係、基になる通信機能の詳細。 トランスポート層ソフトウェア (とその上のソフトウェア) ソース ステーション実行でターゲット ステーション上のようなソフトウェアとの対話にメッセージのヘッダーとコントロール メッセージを使用しています。

セッション層

セッション層により異なるステーションで実行されるプロセスの間でセッションを確立をできます。 提供します。

  • セッションの確立、保守および終了: 確立しを使用して、セッションと呼ばれる、接続を終了する異なるコンピューター上の 2 つのアプリケーション プロセスを許可します。
  • セッションのサポート: セキュリティ、名前の認識、ログというを実行する、ネットワーク経由で通信するこれらのプロセスを許可する機能を実行します。

プレゼンテーション層

プレゼンテーション層では、アプリケーション レイヤーに表示されるデータによって書式設定します。 ネットワークの変換として表示できます。 このレイヤー可能性があります、送信局に一般的な形式に、アプリケーション層によって使用される形式からデータを変換し、形式を受信側のステーションでアプリケーション層に一般的な形式を変換します。

プレゼンテーション層は提供します。

  • 文字コード変換: EBCDIC に ASCII たとえば。
  • データの変換: ビット順、CR-CR または LF、整数、浮動点という。
  • データの圧縮: によりネットワーク上で転送するビット数が減少します。
  • データの暗号化: セキュリティを確保するためにデータを暗号化します。 たとえば、パスワード暗号化します。

Application Layer



アプリケーション層はネットワーク サービスへのユーザーおよびアプリケーション プロセスは、ウィンドウを果たします。 このレイヤーには、さまざまな一般的に必要な機能が含まれます。

  • リソースの共有とデバイスのリダイレクト
  • リモート ファイルへのアクセス
  • リモート プリンターへのアクセス
  • プロセス間通信
  • ネットワーク管理
  • ディレクトリ サービス
  • 電子 (メール) などのメッセージング
  • ネットワークの仮想端末

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:103884 - 最終更新日: 02/27/2002 08:36:00 - リビジョン: 1.0

  • kbinfo kbmt KB103884 KbMtja
フィードバック