現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

バックアップと復元処理中にバックアップ プログラム (NTBackup.exe) で自動的にスキップされるファイル

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
概要
バックアップ プログラム (Ntbackup.exe) では、バックアップおよび復元処理中に自動的に以下の種類のファイルがスキップされます。
  • バックアップ以外のプログラムによってロックされているファイル
    および
  • バックアップ プログラムによってデフォルトでスキップされるファイル
  • Windows XP および Windows Server 2003 に同梱されているバックアップ プログラムは、デフォルトでは時刻を指定したシャドウ コピー方式を使用して、他のプログラムによってロックされているファイルのバックアップを作成します。この資料に記載されている情報は、バックアップ プログラムでボリューム シャドウ コピーのバックアップを実行できない場合や、個々のバックアップ ジョブに対して [詳細設定] ダイアログ ボックスの [ボリュームのシャドウ コピーを無効にする] オプションを選択した場合にのみ適用されます。この [ボリュームのシャドウ コピーを無効にする] オプションを選択した場合、バックアップ中に開かれている、または使用されている一部のファイルがスキップされることがあります。このオプションを選択しない (つまり、この機能を無効にしない) ことを推奨します。バックアップ プログラムは、ボリューム シャドウ コピー バックアップを実行できない場合、Windows XP より前のバックアップ方法を使用します。[ボリュームのシャドウ コピーを無効にする] オプションは、Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) 以降のバージョンには存在しません。また、SNAP コマンド ライン オプションは、Windows Server 2003 SP1 以降のバージョンでは無視されます。
  • Windows XP Home Edition のセットアップ プログラムでは、デフォルトではバックアップ ユーティリティはインストールされません。Windows XP Home Edition CD-ROM の Valueadd フォルダにあるバックアップ ユーティリティをインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    302894 Microsoft Windows XP Home Edition CD-ROM からバックアップ ユーティリティをインストールする方法
  • Windows NT 版のバックアップ プログラムは NTBackup という名前です。
詳細

バックアップ以外のアプリケーションによってロックされるファイル

Windows では、イベント ログ、レジストリ ファイルなど、オペレーティング システムによって排他的にロックされるローカル ファイルのバックアップがサポートされています。ただし、これ以外の種類のファイルのうち、別のプロセスによってロックされているファイルについては、バックアップ中にスキップされます。

別のプロセスによってロックされているファイルが見つかると、[オープン ファイルのスキップ待ち時間] ダイアログ ボックスが表示されます。内部タイマが起動され、バックアップ プログラムは、ファイルが使用可能になるまで最大 30 秒間待機します。待機中も、ロックされているファイルへのアクセスが続行されます。30 秒間の待機中に使用可能にならないファイルはスキップされ、ログが有効な場合はこのファイルの名前とスキップされたことがバックアップ ログ ファイルに書き込まれた後、次のファイルが処理されます。ダイアログ ボックスで [キャンセル] をクリックすると、次のファイルの処理に直ちに移ることができます (上記のように、スキップされたファイルがログに記録されます)。30 秒でタイムアウトする前に使用可能になったファイルはバックアップされ、その後、残りのバックアップ処理が続行されます。

ファイルにオルタネート データ ストリームがあり、ロックされている場合、バックアップ プログラムは、このストリームが使用可能になるまで 30 秒間待機します。待機中にこのストリームが使用可能にならない場合は、ファイルが破損していることを示すエントリがログに出力されます (ログが有効な場合)。

以下のレジストリ エントリを修正して、ファイルのスキップに関する処理方法を変更することができます。警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。 : 英語版 Windows NT version 3.1 Service Packs 2 (およびそれ以降) の NTBackup では、%SYSTEMROOT%\Ntbackup.ini が使用され、レジストリは使用されません。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Ntbackup\User Interface
   名前 : Skip open files   種類 : REG_SZ   デフォルト値 : 0   定義 :   0 = スキップせず、待機します。   1 = 読み取り不可能で開かれたファイルをスキップします。   2 = "Wait time" で指定した時間待機してそのファイルを開きます。				
   名前 : Wait time   種類 : REG_SZ   データ : 30   定義 :   ファイルを開く際に待機する最長時間 (秒)。デフォルトでは 30 秒。   最大値は 65535。				

バックアップ プログラムによってデフォルトでスキップされるファイル

バックアップ プログラムは、デフォルトで以下のファイルをスキップします。
  • ユーザーが読み取りアクセス許可を持っていないファイル。バックアップ プログラムでは、バックアップの権限を持つユーザーに限り、自らが所有していないファイルをコピーすることができます。Windows Server 2003 またはそれ以降で、所有していないファイルをコピーするには、ローカル コンピュータの Administrators グループか Backup Operators グループのメンバであるか、または、適切な権限が委任されている必要があります。
  • 本質的に一時的なファイル。バックアップ プログラムは、これらのファイルのバックアップも復元も行いません。これらのファイルには、Pagefile.sys、Win386.swp、386spart.par、Backup.log、Restore.log などがあります。スキップするファイルの一覧はバックアップ プログラムにハード コードされており、変更できません。
  • リモート コンピュータ上のレジストリ ファイル。Windows では、ローカルのレジストリ ファイルのみがバックアップされます。
Windows 2000 の場合、以下のフォルダにある "アクティブな" backup_user の Backup##.log ファイルはバックアップされません。
Documents and Settings\User_name\Local Settings\Application Data\Microsoft\Windows NT\NTbackup\Data

Windows Server 2003 のバックアップ プログラムによってデフォルトでスキップされるファイル

以下のファイルは、Windows Server 2003 のバックアップ プログラムではバックアップされません。
  • 実行中のバックアップ ジョブで作成されたバックアップ ファイルはバックアップできません。たとえば、バックアップ ファイルに Backup.bkf という名前を付けた場合、バックアップ処理中にこのファイルは使用中になるため、バックアップできません。
  • Pagefile.sys
  • Ea data.sf
  • $RestoredActiveFile*
  • Data*.log (Documents and Settings\User\Local Settings\Application Data\Microsoft\Windows NT\NTBackup\Data フォルダ内にあります)
  • バックアップ プログラムによって以下のフォルダ内に作成されるファイル
    Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Windows NT\NTBackup\Catalogs51
  • Ntdll.dll
  • Smss.exe
prodnt
プロパティ

文書番号:104169 - 最終更新日: 12/03/2007 06:23:00 - リビジョン: 7.3

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Media Center Edition, Microsoft Windows XP Tablet PC Edition, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition, Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition, Microsoft Windows NT Server 3.51, Microsoft Windows NT Workstation 3.51, Microsoft Windows NT Server 3.5, Microsoft Windows NT Workstation 3.5, Microsoft Windows NT Advanced Server 3.1, Microsoft Windows NT Workstation 3.1, Microsoft Windows NT Advanced Server 3.1, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition

  • KB104169
フィードバック