MFC のデータベースでテーブルを作成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

110508
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft Foundation クラス (MFC) バージョン 2. 5 およびそれ以降、開くデータベース コネクティビティ (ODBC) API (アプリケーション プログラミング インターフェイス) を使用してアクセスし、操作データです。 テーブルを作成、する前に ODBC データへのアクセスを許可するようデータ ソースを構成する必要があります。 データ ソースをさまざまな場所での一連のデータをさまざまなデータベース (たとえば、FoxPro、アクセス、SQL Server、およびなど) に配置できますのです (たとえば、ローカルまたはネットワーク)。 データ ソースが構成されているという、データに接続するデータ ソースの名前を指定するだけ、プログラマ必要があります。 データ ソースのテーブルを作成、CDatabase::ExecuteSQL() 関数を使用しでは、CREATE TABLE の SQL ステートメントを使用している文字列を引き渡してください。

プログラムによって、データ ソースの構成については、次のアーティクル サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
110507スライド上の ODBC データ ソースを構成する方法
注: この資料内の情報は、'プログラミング MFC 百科事典で' Visual C++ 4. 0 と共に出荷に複製されます。 "SQLConfigDataSource"を検索して、「」を選択する資料を参照 '「」のよく寄せられる質問: プログラムで ODBC データ ソースの設定'。
詳細
アイコンとしてコントロール パネルであるは通常、ODBC アドミニストレーター プログラム ラベル"ODBC"では、データ ソースを作成するには、通常使用されます。

FoxPro データ ソースなどの多くのデータ ソースはデータベースのディレクトリを指定します。 つまり、ディレクトリが、データ ソースれ、別のファイルに各テーブルが含まれます (dBASE や FoxPro の場合に各テーブルは.DBF ファイル)。 Access と SQL Server のデータ ソースなどの他のデータ ソースはデータ ソースを確立できるまで存在ものが必要です。 たとえば、SQL Server ODBC ドライバーを使用する場合もちろんください、SQL Server の確立します。 Microsoft Access ODBC ドライバーは、データ ソースを作成、できます前に.MDB ファイルが存在する必要があります。 ODBC アドミニストレーター プログラムを通じてアクセス ODBC データ ソースを作成するとき 2 つの選択肢が提供されます;.MDB ファイル選択か.MDB ファイルを作成することができます。 アプリケーションから.MDB ファイルを作成するプログラムによる方法はありません。 したがって、アプリケーションでは、Access データ ソース (.MDB ファイル) に、データを配置することが必要と、ほとんどの場合は場合を使用したり、コピーが必要になったときに空.MDB ファイルがあります。

データ ソースを確立したら、テーブルの作成簡単に実行できます、CDatabase::ExecuteSQL() 関数と、CREATE TABLE の SQL ステートメントを使用しています。 たとえば場合 myDB と呼ばれるデータベース オブジェクトがある、使用できます、次の MFC コード テーブルを作成する:
   myDB.ExecuteSQL("CREATE TABLE OFFICES (OfficeID TEXT(10)"                   ", OfficeName TEXT(10))")				
上記のコードは、「オフィス」機能のデータ ソースに myDB に接続と呼ばれるテーブルを作成、テーブルには"OfficeID"と"OfficeName"の 2 つのフィールドが含まれます。

注: CREATE TABLE の SQL ステートメントで指定されたフィールドの種類がに応じて異なります ODBC ドライバーを使用しています。 たとえば、Btrieve ODBC ドライバーが、上記の CREATE TABLE ステートメントのように"TEXT"型の代わりに「文字列」を必要します。 MSQUERY プログラムは、データ ソースの使用可能なフィールド種類を検出する方法です。 [MSQUERY、ファイルの選択、Table_Definition を選択、データ ソースからテーブルを選択して確認の種類を「種類」コンボ ボックスに表示されます。
関連情報
データ ソースの詳細についてでオンライン書籍には、「データベース クラスできません」参照してください。
2. 50 2.51 2.52 3. 00 3. 10

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:110508 - 最終更新日: 01/23/2014 00:54:29 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft Foundation Class Library 4.2
  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbdatabase kbprogramming kbmt KB110508 KbMtja
フィードバック