COM ポートの設定のコントロール パネルとコマンド プロンプト

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:112841
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
コントロール パネルの [ポート] オプションで、COM ポートの設定に効果があるありません。COM ポートの設定でコマンド プロンプト ウィンドウを使用するにします。
詳細
モードです。COM ポートに直接照会します。既定の設定を次に示します。

   Status for Device COM1:   -----------------------    Baud:            1200    Parity:          Even    Data Bits:       7    Stop Bits:       1    Timeout:         OFF    XON/XOFF:        OFF    CTS handshaking: OFF    DSR handshaking: OFF    DSR sensitivity: OFF    DTR circuit:     ON    RTS circuit:     ON				


アプリケーションは、COM ポートのモードをリセットします。たとえば、起動場合は、ターミナルとリセットに、14400 ボー、7 データビット、奇数パリティに COM1 を終了します。コンピューターをシャット ダウンするまで、新しい設定は有効です。ダウンします。再起動すると、既定の設定も有効になります。は、その一方で、コントロール パネルの設定をレジストリに影響を与えます。は、適切に記述されたアプリケーションは、レジストリを問い合わせることができます。値は、コントロール パネルの設定を使用します。既定の設定では、コントロール パネルの [ポート] は次のとおりです。

   Settings for COM1:   -------------------   Baud Rate:     9600   Data Bits:     8   Parity:        None   Stop Bits:     1   Flow Control:  None				
エラー 3.1 3.5 4.0

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:112841 - 最終更新日: 12/04/2015 10:04:09 - リビジョン: 2.0

  • kbnosurvey kbarchive kbhardware kbmt KB112841 KbMtja
フィードバック