情報: どのように Visual SourceSafe 選択、ビューアー ファイルへの

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:123470
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ファイル用のビューアーを選択する設定を確認するには、SourceSafe 次の順序で手順に従います。

  1. SRCSAFE.ini または SS.ini の設定を選択した拡張機能を使用します。 たとえば。
    .DOC C:\WINWORD\WINWORD.EXE %1 =
  2. SRCSAFE.INI または SS.INI エディターの設定を使用して設定 Visual SourceSafe で開いているすべてのファイルの既定のエディターします。 たとえば。
    エディター C:\WINWORD\WINWORD.EXE %1 =
  3. Windows 登録データベース、および WIN.INI ファイルを選択したファイルの拡張子のアソシエーションを確認するのに使用されます。
  4. その既定のエディターを使用します。 Visual SourceSafe がそのデフォルトを使用するには、エディター変数設定 SS.INI、SRCSAFE.INI を NULL にします。 たとえば。
    .prg =
詳細
6. Visual SourceSafe 0 でのみ、Visual SourceSafe エクスプローラーからエディターを選択できます。 これを行うには、シフト キーを押し、ファイルを右クリックし、[表示] を選択して [詳細設定] をクリックして >。 Visual SourceSafe の既定のエディター、登録されているアプリケーション、または好みのエディターを使用するオプションを選択できます。
ss3 の初期化

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:123470 - 最終更新日: 02/27/2014 10:17:12 - リビジョン: 2.0

Microsoft Visual SourceSafe 4.0 Standard Edition, Microsoft Visual SourceSafe 5.0 Standard Edition, Microsoft Visual SourceSafe 6.0 Standard Edition, Microsoft SourceSafe, Microsoft SourceSafe, Microsoft SourceSafe, Microsoft SourceSafe for Windows 3.01, Microsoft SourceSafe, Microsoft SourceSafe, Microsoft Visual SourceSafe 3.01, Microsoft Visual SourceSafe 3.02, Microsoft Visual SourceSafe 3.04, Microsoft SourceSafe, Microsoft SourceSafe, Microsoft SourceSafe, Microsoft SourceSafe, Microsoft SourceSafe, Microsoft SourceSafe

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB123470 KbMtja
フィードバック