現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

情報: CREATE_DB、REPAIR_DB、COMPACT_DB へのアクセス

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:126606
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
ODBC ドライバー バージョン 2. 0 のデスクトップのヘルプ ファイルがドライバーを lpszAttributes パラメーターにキーワード CREATE_DB、REPAIR_DB、COMPACT_DB を受け入れるその構文でについて詳細説明しますが、されています。
詳細
CREATE_DB、REPAIR_DB、COMPACT_DB、SQLConfigDataSource lpszAttributes キーワードは、その他のキーワードと組み合わせて使用できません。 データ ソースを作成してそのデータ ソースの新しい.MDB ファイルも作成プログラムを場合は、2 段階のプロセスで行いますこのする必要があります。 SQLConfigDataSource を個別に呼び出して、新しい.MDB ファイルを作成し、SQLConfigDataSource、1 つの呼び出しで、データ ソースを作成する必要があります。

これらのキーワードの構文は:
   CREATE_DB=<path name> <sort order>   REPAIR_DB=<path name>   COMPACT_DB=<source path> <destination path> <sort order>				
< パス名 > を作成または修復.MDB ファイルに完全修飾パス名です。 <ソースのパス > は最適化は.MDB ファイルへの完全修飾パス名です。 <宛先パス > はされた、圧縮が後にファイルの完全修飾パス名前です。 <並べ替え順序 > は、次のキーワードの 1 つ。
一般的な従来のスペイン語、オランダ語、スウェーデン語/フィンランド語、ノルウェー語/デンマーク語、アイスランド語、チェコ語、ハンガリー語、ポーランド語、ロシア語、トルコ語、アラビア語、ヘブライ語、ギリシャ語
: 英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、およびイタリア語、標準の並べ替え順序ではについて説明します。

によってバージョンの Microsoft Jet エンジン、Microsoft Access ODBC ドライバーによって使用される、次のキーワードもあります利用。
CREATE_DBV2=<path name> <sort order> (to create version 2 Jet engine mdb file, Access 2, 16bit)CREATE_DBV3=<path name> <sort order> (to create version 3 Jet engine mdb file, Access 95, Access 97)CREATE_DBV4=<path name> <sort order> (to create version 4 Jet engine mdb file, Access 2000)					
これらおよびその他のキーワードの追加については、MSDN または、マイクロソフト プレスの書籍、「Microsoft Jet データベース エンジン プログラマ ガイド」 を参照してください。

: いくつかのバージョンのドキュメントが正しく CREATE_DBV2 のスペルを CREATE_DBV3 と CREATE_DBV4 の説明がないです。

CREATE_DB を持つ < パス名 > で名付けられたファイルする必要があります SQLCOnfigDataSource が呼び出される時点で存在しません。

REPAIR_DB、< パス名 > にという名前のファイルで有効な.MDB ファイルなければなりません。

COMPACT_DB、< ソースのパス > で指定されたファイルで有効な.MDB ファイルなければなりません。 <宛先パス > 場合は、ファイルが同じ場所に圧縮する < ソース パス > として同じファイルをポイントできます。 場合 < 宛先パス > < ソースのパス > よりも別のファイルの名前、< 宛先パス > 必要がある時に存在しないという名前のファイル SQLConfigDataSource が呼び出されます。

たとえば、次のコード セグメントは.MDB ファイルを作成、修復、2 番目のファイルに圧縮を同じ場所に圧縮し、データ ソース用に作成します。
   void Config_Sample(void)   {             RETCODE retcode;             int     subscrp;     extern  HWND    hWnd;      /* Main window handle. */      UCHAR szDriver[] = "Microsoft Access Driver (*.mdb)";     UCHAR *szAttributes2[] =     // Create the original .mdb file.     {"CREATE_DB=c:\\odbcsdk\\smpldata\\access\\general.mdb General\0\0",     // Issue a REPAIR_DB on the created file.     "REPAIR_DB=c:\\odbcsdk\\smpldata\\access\\general.mdb\0\0",     // Compact the file into a new location.     "COMPACT_DB=c:\\odbcsdk\\smpldata\\access\\general.mdb "       "c:\\odbcsdk\\smpldata\\access\\general2.mdb General\0\0",     // Compact the file onto itself.     "COMPACT_DB=c:\\odbcsdk\\smpldata\\access\\general.mdb "       "c:\\odbcsdk\\smpldata\\access\\general.mdb General\0\0",     // Create a datasource for the first .mdb file created.     "DSN=albacc\0FIL=MS Access\0JetIniPath=odbcddp.ini\0"     "DBQ=c:\\odbcsdk\\smpldata\\access\\general.mdb\0"     "DefaultDir=c:\\odbcsdk\\smpldata\\access\0\0"};     for (subscrp = 0;          subscrp <= ((sizeof szAttributes2 / sizeof(UCHAR *)) - 1);           subscrp++)     {       retcode = SQLConfigDataSource(hWnd,                                     ODBC_ADD_DSN,                                     szDriver,                                     szAttributes2[subscrp]);       if (retcode != TRUE)         handle_error(retcode);     }     return;   }				
2.00.2317 SQLConfigDataSource の Windows NT デスクトップのドライバーのアクセス

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:126606 - 最終更新日: 06/12/2001 22:54:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Open Database Connectivity 2.0, Microsoft ODBC 3.0, Microsoft Open Database Connectivity 3.5

  • kbinfo kbprogramming kbcode kbusage kbmt KB126606 KbMtja
フィードバック