ハード エラー ポップアップが Windows NT で処理を変更するのには [howto]: 方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:128642
概要
無人環境では、ユーザーの介入を必要とする harderror ポップアップを自動的にディスパッチすることがあります。この記事では、ハード エラー ポップアップ モードを変更する必要がありますコードを提供します。
詳細
Windows NT では、アプリケーションおよびシステムのエラーをハード エラー ポップアップの thatresult の処理を変更できます。このようなエラーは、ドライブと一般保護 (GP) 違反ではディスクを含めません。

通常、ハード エラー ポップアップを表示するのには、whichrequires ユーザーの操作をディスパッチするこれらのイベントが発生します。この動作が変更されたようにすることこのようなエラーは、Windows NT イベント ログに記録されます。イベント ログ、ユーザーの介入なしにエラー islogged が必要な場合、systemprovides、ハード エラーが発生する既定のハンドラー。ユーザーは、ハード エラーの原因を特定のイベント ログを調べることができます。

レジストリ エントリ

次のレジストリ エントリは、NT の inWindows を処理するハード エラー ポップアップを制御します。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\     SYSTEM\     CurrentControlSet\     Control\     Windows\     ErrorMode				

有効なモード

ErrorMode の有効な値は、次のように。
  • モード 0

    これは、エラーをシリアル化し、応答を待機する既定の動作モードです。
  • モード 1

    エラーがシステムから付属していない場合、は、通常の動作モードです。システムからのエラーの場合、このエラーをイベント ログに記録し、ハード エラーに [ok] を返します。介入する必要はありませんし、ポップアップ ウィンドウが表示されません。
  • モード 2

    これは常に、イベント ログにエラーをログに記録し、ハード エラーに [ok] を返します。ポップアップは表示されません。
すべてのモードでシステムから発生したハード ・ エラーはシステム ログに記録されます。無人サーバーを実行するには、モード 2 を使用します。

ハード エラー ポップアップ モードを変更するサンプル コード

次の関数では、ハード エラー ポップアップ モードを変更します。Functionsucceeds、戻り値が TRUE の場合です。関数が失敗した場合は、戻り値の FALSE です。
BOOL SetGlobalErrorMode(    DWORD dwErrorMode   // specifies new ErrorMode value    ){    HKEY hKey;    LONG lRetCode;    // make sure the value passed isn't out-of-bounds    if (dwErrorMode > 2) return FALSE;    if(RegOpenKeyEx(HKEY_LOCAL_MACHINE,                    "SYSTEM\\CurrentControlSet\\Control\\Windows",                    0,                    KEY_SET_VALUE,                    &hKey) != ERROR_SUCCESS) return FALSE;    lRetCode=RegSetValueEx(hKey,                            "ErrorMode",                            0,                            REG_DWORD,                            (CONST BYTE *) &dwErrorMode,                            sizeof(DWORD) );    RegCloseKey(hKey);    if (lRetCode != ERROR_SUCCESS) return FALSE;    return TRUE;}				

ハード エラー ポップアップ モードを取得するサンプル コード

次の関数では、ハード エラー ポップアップ モードを取得します。Functionsucceeds、戻り値が TRUE の場合です。関数が失敗した場合は、戻り値の FALSE です。関数が成功した場合、dwErrorMode には、エラー popupmode が含まれています。それ以外の場合、dwErrorMode に定義されていません。
BOOL GetGlobalErrorMode(    LPDWORD dwErrorMode // Pointer to a DWORD to place popup mode    ){    HKEY hKey;    LONG lRetCode;    DWORD cbData=sizeof(DWORD);    if(RegOpenKeyEx(HKEY_LOCAL_MACHINE,                    "SYSTEM\\CurrentControlSet\\Control\\Windows",                    0,                    KEY_QUERY_VALUE,                    &hKey) != ERROR_SUCCESS) return FALSE;    lRetCode=RegQueryValueEx(hKey,                            "ErrorMode",                            0,                            NULL,                            (LPBYTE) dwErrorMode,                            &cbData );    RegCloseKey(hKey);    if (lRetCode != ERROR_SUCCESS) return FALSE;    return TRUE;}				
3.50

警告: この記事は自動翻訳されています

Proprietà

ID articolo: 128642 - Ultima revisione: 06/11/2016 19:01:00 - Revisione: 6.0

Microsoft Win32 Application Programming Interface, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server, Microsoft Windows 2000 Enterprise Edition, Microsoft Windows 2000 Standard Edition, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition

  • kbcode kberrmsg kbhowto kbkernbase kbmt KB128642 KbMtja
Feedback