W95:エクスプローラ起動時に使用できるオプション スイッチ

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP130510
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要


この資料は、エクスプローラ起動時に使用できるオプション スイッチについて説明したものです。
詳細
エクスプローラでは、起動時にオプション スイッチを付けることによって、特定の状態でウィンドウを開くことができます。

書式

以下のような書式で、オプション スイッチを指定します。
     EXPLORER.EXE [/N] [/E] [, /ROOT, <オブジェクト>]                  [, /SELECT, <サブ オブジェクト>]

オプション スイッチ

エクスプローラで使用できるオプション スイッチには、以下のようなものがあります。
なお、本文中で記述するオブジェクトとは、ファイルやフォルダのことを指します。

/N

選択しているオブジェクトが保存されているフォルダ (親フォルダ) を、新しいウィンドウで開きます。開かれるウィンドは、エクスプローラで通常使われるような中央の境界線で左右に区切られているものではなく、マイ コンピュータのような 1 つの区画しか持たないものです。
また、既にそのオブジェクトの親フォルダのウィンドウが開かれている場合でも、このオプション スイッチを付けて起動すると、新しいウィンドウがもう一つ開きます。

/E

選択しているオブジェクトが保存されているフォルダ (親フォルダ) が開いた (選択された) 状態で、エクスプローラを起動します。

/ROOT,<オブジェクト>

開くウィンドウのルート オブジェクトを指定します。エクスプローラを起動した時に、ウィンドウ左側区画のフォルダ ツリーの一番上の階層にあるものが、ルート オブジェクトです。
たとえば、何もオプション スイッチを付けずにエクスプローラを起動した場合、ウィンドウの左側区画にあるフォルダ ツリーの一番上の階層には [デスクトップ] アイコンが表示されています。これが、このウィンドウのルート オブジェクトとなります。

/SELECT,<サブ オブジェクト>

エクスプローラのウィンドウを開いた時に、最初に選択された状態にしておく特定のオブジェクトを指定します。/SELECT オプションを使用すると、選択しているオブジェクトの親フォルダが開き、さらにそのオブジェクトが選択された状態で、エクスプローラが起動します。

指定例

以下にオプション スイッチの指定例を挙げます。
オプション スイッチを指定してエクスプローラを起動するには、<スタート> ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスにエクスプローラのファイル名とオプション スイッチを入力します。
  • ?特定のサーバー上のオブジェクトだけを表示するように、エクスプローラを起動するには、次のように入力します。
    <サーバー名> の部分には、目的のサーバー名を指定します。
    EXPLORER.EXE /E, /ROOT, ¥¥<サーバー名>
  • ?CALC.EXE が選択された状態で、C:¥WINDOWS フォルダを開くには、次のように入力します。
    EXPLORER.EXE /SELECT, C:¥WINDOWS¥CALC.EXE
    もし、通常のエクスプローラのウィンドウのように境界線で左右に分かれているウィンドウで開く場合には、次のように入力します。
    EXPLORER.EXE /E, /SELECT, C:¥WINDOWS¥CALC.EXE
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 130510 (最終更新日 2001-03-08) をもとに作成したものです。



4.0 parameters
プロパティ

文書番号:130510 - 最終更新日: 12/04/2015 11:24:04 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows 95, Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition, Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo 95 parameters 4.00 4.0 KB130510
フィードバック