C のファイル名を指定して実行時の Low-Level の I/O 関数への速度に新しいフラグを使用します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

131324
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
低レベルのファイルの開かれている関数、32 ビット版の Visual C++ の C ランタイム ライブラリには、いくつかその他の Win32 固有のファイル システム機能を活用するためにフラグを受け入れます。 これらのフラグは、16 ビット バージョンの Visual C++ で使用できません。

低レベルのファイル オープン関数は: _open、_wopen、_sopen、_wsopen とします。 新しいフラグ (など) をビットごとの OR 演算子と組み合わせておよび、ファイルのオープン関数に、'oflag' 引数として渡すできます。

ファイル オープン関数は、Win32 関数の指定したオプションで実際にファイルを開くには、' CreateFile' を呼び出します。 次の表は CreateFile に渡されている同等のフラグにこれらの新しい C ファイル名を指定して実行時フラグを関連します。
C Run-time Flag     CreateFile Flag_O_SHORT_LIVED      FILE_ATTRIBUTE_TEMPORARY_O_TEMPORARY        FILE_FLAG_DELETE_ON_CLOSE_O_RANDOM           FILE_FLAG_RANDOM_ACCESS_O_SEQUENTIAL       FILE_FLAG_SEQUENTIAL_SCAN				
詳細
これらのフラグを使用できますファイルによっては、I/O パフォーマンスを向上させる。 たとえば、読みたいし、順番に、ファイルから大規模なファイルのさまざまな部分にジャンプする必要はありませんファイルを開くときに、_O_SEQUENTIAL フラグを使用して、アプリケーションのパフォーマンスが向上する可能性が最も高い。 これは、FILE_FLAG_SEQUENTIAL_SCAN フラグ CreateFile の変換されます。

詳細については、次の情報源を参照してください。

「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base: これら資料の読み取り
98756FILE_FLAG_SEQUENTIAL_SCAN を使用して増加のパフォーマンス
103237一時ファイルを使用してアプリケーションのパフォーマンスの向上は
ビジュアル C++ 帳オンライン: 読み取り _open/_wopen、
   _sopen/_wsopen functions.  Search on "_open" and "_sopen."				
Visual C++ のランタイム ライブラリ リファレンス、第 2 部、ファイル名を指定して実行時の参照: _open/_wopen と _sopen/_wsopen の説明を読み取る。

Win32 プログラマーズ リファレンス、ボリューム 3、関数リファレンス: 読み取り WIN32 API CreateFile の説明。
kbinf 1.00 2. 00 2.10 4. 00 の開いている sopen オプションを高速短縮します。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:131324 - 最終更新日: 01/09/2015 05:18:22 - リビジョン: 2.0

  • The C Run-Time (CRT)
  • kbnosurvey kbarchive kbcrt kbmt KB131324 KbMtja
フィードバック