INF: ODBC データベース ドライバー 2. 0 がサポートされるプラットフォーム

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:132131
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft ODBC 16 ビット データベース ドライバー パック バージョン 2. 0 は、2 つのプラットフォームでサポートされています。

  • Windows バージョン 3. 1 および 3. 11 を (Windows のワークグループ 3. 11 を含む)
  • Windows NT バージョン 3. 50 および 3. 51
Microsoft ODBC の 32 ビット データベース ドライバー パック バージョン 2. 0 は、2 つのプラットフォームでサポートされています。

  • Windows NT バージョン 3. 50 および 3. 51
  • Windows 95
詳細
Microsoft 16 ビットのデータベース ドライバーが含まれます: ドライバーが、Excel、Paradox、Btrieve、dBase、FoxPro とテキスト。 Microsoft 32 ビット データベース ドライバーが含まれます: ドライバーが、Excel、Paradox、dBase、FoxPro とテキスト。

リリース ノートと、データベース ドライバー パック 2. 0 と共に出荷された ODBCJET.HLP ファイルの情報を示す Win32s で 16 ビット ドライバーがサポートされる、その情報は正しくないただし、です。 Win32s でのみ、ODBC 2.10 のコア コンポーネント (ドライバー マネージャーおよびサンキング DLL) はサポートします。

「サポート技術情報」(Knowledge Base) 資料番号 129772、「BUG: 試行 ODBC32.DLL が失敗すると、必要なコンポーネントを読み込む」で説明したバグは、マイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) でリリースされますが ODBC SDK 2.1b、で修正されました。 16 ビットの ODBC ドライバーが Win32s でテストを入手するサード パーティ ベンダー問い合わせることができます。
2.00.2317 Win32s Windows NT

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:132131 - 最終更新日: 12/04/2015 11:35:45 - リビジョン: 1.0

Microsoft Open Database Connectivity 2.0

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbinterop kbmt KB132131 KbMtja
フィードバック