[XFOR] インターネット ユーザーに対してWINMAIL.DATの送信を回避する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP138053
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
Exchange クライアントからインターネットへメールを送信する際、WINMAIL.DAT という名前の添付ファイルがメッセージの最後に追加されることがあります。この添付ファイルには送信されるメッセージに関する Microsoft Exchange リッチ テキスト情報であり、Exchange クライアント以外の受信者には、メール メッセージ不要な情報です。
この資料では、Microsoft Exchange Internet Mail Connector (以下、IMC) を使用している場合に、インターネット ユーザーに WINMAIL.DAT 添付ファイルを送信しないための方法について記述しています。
詳細
下記のいずれかの方法を用いて、リッチ テキスト情報 (WINMAIL.DAT ファイル) を送信しないように設定することが出来ます。

[カスタム受信者] での設定

管理ツール プログラムを使用してカスタム 受信者を作成する際、[カスタム 受信者] プロパティダイアログ ボックスの [詳細] プロパティ ページから [メッセージでのリッチ テキストの使用を許可] をオフにします。

[個人用アドレス帳 (PAB)] での設定

PAB の中の [インターネット アドレス] プロパティ ページで [この受信者には、Microsoft Exchange リッチ テキスト形式で送信] をオフにすることにより、リッチ テキスト情報を送信しないように設定することが出来ます。
PAB の中のエントリのプロパティを見るには、目的のエントリを選択し、[ファイル] メニューから [プロパティ] を選択します。

[IMC] での設定

管理者は、下記の手順にしたがってリッチ テキスト情報を送信するか否かを設定することが出来ます。
  1. IMC のプロパティを表示します。
  2. [インターネット] タブを選択します。
  3. [相互運用性] をクリックします。
    [Microsoft Exchange リッチ テキストを送信する] ボックスでは、リッチ テキスト情報の送信を制御しています。次の3つの値から選択します。
    • 値が [ユーザー] に設定されている場合、リッチ テキスト情報は、受信者プロパティで設定した内容に依存します。
    • 値が [常に] に設定されている場合、受信者プロパティに関係なくリッチ テキスト情報は常に送信されます。
    • 値が [しない] に設定されている場合、リッチ テキスト情報は送信されることはありません。
※これらの設定は、ドメイン単位で行うことも可能です。手順 a、b の後に [電子メール ドメイン] をクリックしてください。その後は手順 c と同じです。

注意受信者のアドレスにどんなオプションが選択されていても、IMC の設定が、リッチ テキスト情報を送信するかしないかを決定します。IMC が、リッチ テキスト情報を送信することがないように設定されている場合、たとえ受信者アドレスのプロパティで [この受信者には、Microsoft Exchange リッチ テキスト形式で送信] をオンにしていたとしても、リッチ テキスト情報は送信されません。
IMC が個々のドメインに別々の設定をしている場合は、それらのドメインに対する設定 が、そのドメインの中のユーザ宛のすべてのメッセージに関して優先されます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 138053 (最終更新日 1997-07-03) をもとに作成したものです。


rtf internet mail .dat
プロパティ

文書番号:138053 - 最終更新日: 08/17/2005 20:36:08 - リビジョン: 4.1

Microsoft Exchange Client 5.5, Microsoft Exchange Client 4.0

  • kbhowto KB138053
フィードバック