現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

適切な C ランタイム (CRT) ライブラリとリンクする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:140584
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
再利用可能なライブラリには、6 つの種類があります。
  • 静的単一スレッド ・ ライブラリ(デバッグまたはリリース)
  • スタティック マルチ スレッド ライブラリ (デバッグまたはリリース)
  • 動的リンク ・ ライブラリ (DLL)(Debug/Release)
メモ 各ライブラリには、デバッグ バージョンとリリース バージョンがあります。

DLL がマルチ スレッド セーフで、シングル スレッド バージョンの CRT ライブラリ用の Dll が指定されていません。場合は、再利用可能なライブラリまたはライブラリのすべてのユーザーが複数のスレッドを使用して、ライブラリがマルチ スレッド セーフ ライブラリ型である必要があります。

メモ デバッグ ライブラリおよび/MLd コンパイラのスイッチ、/MTd、/MDd のみです。Visual C++ バージョン 4.0 では、後で。

次の表は、コンパイラ スイッチを使用する必要がありますを示しています。それぞれの 6 種類の再利用可能なライブラリの (DLL のすべての型マルチ スレッド セーフである)。再利用可能なライブラリを使用して、任意のプロジェクト コンパイラを使用する必要があります。切り替えます。/ML(default) MLd、/MT、MTd、/MD または/MDd コンパイラを使用する場合スイッチ、コンパイラの既定のライブラリ名を配置 (の下に、ライブラリの列) で、オブジェクト ファイル。
Reusable Library            Switch    Library    Macro(s) Defined----------------------------------------------------------------Single Threaded             /ML       LIBC       (none)Static MultiThread          /MT       LIBCMT     _MTDynamic Link (DLL)          /MD       MSVCRT     _MT and _DLLDebug Single Threaded       /MLd      LIBCD      _DEBUGDebug Static MultiThread    /MTd      LIBCMTD    _DEBUG and _MTDebug Dynamic Link (DLL)    /MDd      MSVCRTD    _DEBUG, _MT, and _DLL				
スイッチであるを判断するのには、オブジェクトのモジュールを表示することができますが使用されます。それは、このコマンドを使用して製作されました。
   dumpbin /all <object>.obj				
RAW データ #1 というタイトルのセクションを参照してください。[右端] 列で、既定のライブラリが表示されます。
詳細
再利用可能なライブラリとそのすべてのユーザー、同じ CRT ライブラリを使用する必要があります。型で、そのため、同一のコンパイラ スイッチ。(ない定義されているマクロ各ヘッダーのスイッチを使用することができます、コンパイラの定義)適切なコンパイラ スイッチを設定するのには、再利用可能なライブラリのファイル。をこの資料のサンプル コードは、これらのマクロを使用する方法について説明します。

静的を選択できるようにするのには、ライブラリまたは DLL のユーザーには、CRT、静的と DLL の再利用可能なライブラリの型の両方を提供する必要があります。

CRT ライブラリを混在させることを選択する場合は、別の 2 つがあることに注意してください。必要がありますようには明確な独立した状態で、CRT のコピーCRT の境界を越えて行うにしてください注意してください。多くの方法があります。2 つの Crt で問題が発生します。ここでは、いくつか。
  • 2 つの独立したヒープがあります。(明示的に新しいが、割り当てることができません。malloc か -- または暗黙的に strdup、strstreambuf::str などオン)、し、CRT の解放する境界を越えてへのポインターを渡します。
  • CRT の境界を越えてファイル * またはファイル ハンドルを渡すし、期待することはできません。「標準入力低レベル IO」するには。
  • ロケールの設定し、が、その他の地域の期待することはできません。設定します。
Visual C++ 4.0 以降では、リンカーで (LNK4098) 警告があります。生成されたモジュールの CRT のコピーを 1 つ以上の結合しようとしました。ライブラリです。詳細については、ヘルプ ファイルで LNK4098 を検索します。

サンプル コード

再利用可能なライブラリのヘッダー ファイルに次のコードを使用することができます。適切なコンパイラ スイッチの一貫した使用を確認します。
// MyReusableStaticSingleThreadReleaseLibrary.h#if defined(_MT) || defined(_DEBUG)    #error The /ML compiler switch is required.#endif// MyReusableStaticMultithreadReleaseLibrary.h#if !defined(_MT) || defined(_DLL) || defined(_DEBUG)    #error The /MT compiler switch is required.#endif// MyReusableDynamicLinkReleaseLibrary.h#if !defined(_MT) || !defined(_DLL) || defined(_DEBUG)    #error The /MD compiler switch is required.#endif// MyReusableStaticSingleThreadDebugLibrary.h#if defined(_MT) || !defined(_DEBUG)    #error The /MLd compiler switch is required.#endif// MyReusableStaticMultithreadDebugLibrary.h#if !defined(_MT) || defined(_DLL) || !defined(_DEBUG)    #error The /MTd compiler switch is required.#endif// MyReusableDynamicLinkDebugLibrary.h#if !defined(_MT) || !defined(_DLL) || !defined(_DEBUG)    #error The /MDd compiler switch is required.#endif				

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:140584 - 最終更新日: 12/04/2015 12:31:23 - リビジョン: 7.0

Microsoft Visual C++ 2.1, Microsoft Visual C++ 2.2, Microsoft Visual C++ 4.0 Standard Edition, Microsoft Visual C++ .NET 2002 Standard Edition, Microsoft Visual C++ .NET 2003 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbcrt kbhowto kbmt KB140584 KbMtja
フィードバック