ボックスまたはリスト ボックスにデータを追加する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:141573
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft Excel では、ドロップダウン リストを作成する 2 とおりの方法ボックス: ワークシートのデータをコントロールにリンクまたは Microsoft を実行することができますVisual Basic マクロ コントロールにデータを追加するために。
詳細

リスト ボックスまたはドロップダウン ボックス、ワークシート上のセル範囲にリンクするには

  1. カスタム ダイアログ ボックスのドロップダウン リスト ボックスを作成するか。
  2. コントロールを選択します。
  3. [書式] メニューで、オブジェクトをクリックし、[コントロール] タブをクリックします。
  4. [入力範囲] ボックスで、垂直方向のセル範囲への参照を入力してください。(たとえば、シート 1!$ $1:$、$ 10)。

    ヘッダー行に使用する場合は、その行をしない限り、含まれていませんリストまたはドロップダウン ボックスします。

Visual Basic マクロを使用して、ドロップダウンを表示したり、ボックスの一覧を表示するのには

Microsoft プログラミング例としては、明示または黙示の保証もないだけを提供します。これを含むが、商品性や特定目的への適合性の黙示的な保証に制限はありません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するこれらの例は変更されません。 ダイアログ ボックスを作成するのには:

  1. ダイアログ シートを挿入します。このシートを名前します。 Dialog1.

    注:] ダイアログ ボックスの要素の名前を名前を [名前] ボックスに (入力します。ボックスを数式バーの左端にします。
  2. リスト ボックス コントロール] ダイアログ ボックスを作成します。名] ボックスの一覧ボックス リスト ボックス4.
  3. ダイアログ ボックスで、ドロップダウン ボックスを作成します。名ボックスで ドロップダウン リスト5.
  4. モジュール シートには、次のマクロ コードを入力します。
          Sub Fill_Control()         Dim diag As Object         Dim mylist As Object         Dim mydrop As Object         Set diag = DialogSheets("Dialog1")         Set mylist = diag.ListBoxes("List Box 4")         Set mydrop = diag.DropDowns("Drop Down 5")         'Remove all items from drop-down and list box         mylist.RemoveAllItems         mydrop.RemoveAllItems         'Insert data into List Box and Drop Down         myarray = Array("Tom", "Fred", "Sam", "Wilma", "Sandy")         For x = 0 To 4            mylist.AddItem myarray(x)            mydrop.AddItem myarray(x)         Next x         'Show Dialog Box         diag.Show      End Sub						
  5. マクロを実行するには、行にカーソルを置いて、
       Sub Fill_Control()
    F5 キーを押しています。
ダイアログ シートに切り替えて実行実行ダイアログ ボタンをクリックする、ダイアログ ボックスです。各コントロールを使用すると、それに含まれることに注意してください、マクロで作成された配列のデータ。ダイアログ ボックスを終了するのにはEnter または [キャンセル] をクリックします。
関連情報
231 をページの"Visual Basic ユーザーズ ガイド"バージョン 5.0
97 98 XL98 [XL97] XL7 XL5 XL

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:141573 - 最終更新日: 12/04/2015 12:42:23 - リビジョン: 4.0

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbprogramming kbcode kbmt KB141573 KbMtja
フィードバック