[IIS]IIS FTP サービスのディレクトリの注釈のセットアップ

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP141705
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料は、IIS の FTP サービスで、ディレクトリの注釈をセットアップする方法について説明したものです。
詳細
ディレクトリ注釈ファイルを使用して、サーバー上のディレクトリの内容を FTP ユーザーに知らせるためにディレクトリに関する記述を追加することができます。ディレクトリに注釈を付けるには、
  1. ユーザーに示される情報として注釈をつけたい、と思うディレクトリに ~ftpsvc~.ckm というファイルを作成します。
  2. Windows NT のファイル マネージャでそのファイルを選び、隠しファイルにします。こうすることでディレクトリのリストには表示されないようにします。
ディレクトリの注釈はそのサイトで有効な組み込みコマンドの ckm を使用して、FTP ユーザーにより、基本的にユーザー単位で切り換えられます。これは使用される FTP クライアントによって異なります。Microsoft FTP クライアントは "literal SITE CKM" コマンドが注釈を切り換えをします。
または、レジストリで FTP Server サービスの構成を変更します。
  1. レジストリ エディタ (REGEDT32.EXE) を実行します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE サブツリーから下記のキーへ移動します。
         \SYSTEM       \CurrentControlSet         \Services           \msftpsvc             \Parameters
  3. 以下のエントリを追加します。
    AnnotateDirectoriesData type = REG_DWORD範囲 0 または 1 (デフォルトは 0)
    0, 偽 - ディレクトリの注釈がオフ1, 真 - ディレクトリの注釈がオン
    AnnotateDirectories の値はレジストリにデフォルトでは現れません。よってデフォルト値を変更したければエントリを追加しなければなりません。
  4. ディレクトリの注釈を有効にするために、この値を 1 に設定します。
  5. [OK] を選びレジストリ エディタを終了します。
  6. シャットダウン後 Windows NT を再起動します。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 141705 (最終更新日 1997-02-01) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:141705 - 最終更新日: 03/01/2014 07:17:49 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Internet Information Server 1.0
  • Microsoft Internet Information Server 2.0
  • Microsoft Internet Information Server 3.0
  • Microsoft Internet Information Server 4.0
  • kbnosurvey kbarchive kbhowto KB141705
フィードバック